現金の方がクレジットカードより支出が少ない研究結果!実際どっちがいいのか

現金の方がクレジットカードより支出が少ない研究結果!実際どっちがいいのか 
クレカキング

クレジットカードと現金で支払うのがどちらがいいのか、と言うのは長年色々な意見が言われている分野ですね。 ある研究結果を元に、実際にクレジットカードと現金で支払うののどちらがいいのかをまとめてみました。

ポイントと支出を減らすのはどちらを優先?

クレジットカードを使う時に、気になるのは『還元率』と『ポイント』ですよね。
ですが、クレジットカードと上手に付き合っていくのであれば『支出を減らす』事をメインに考えて置いたほうが良いです。

クレジットカードより現金払いのほうが無駄遣いが少ない

ニューヨーク・タイムズの記事にもなっていましたが、現金払いのほうが無駄遣いを減らせるという結果が出ています。
日本と多少経済状況や、生活様式が違うので全く同じ結果にはなりませんが、参考程度に見ていきましょう。

  1. 20ドル(およそ2000円)以下の買い物は、現金で支払う。
  2. リボ払いを使った場合は20%の金利がかかる。

というルールで行った所、一人あたり50セント(およそ50円)ほど支払いの量が低くなった、という研究結果が出ています。
リボ払いに関しては、日本の貸金業法でも20%が上限金利なので、参考になると思います。

「支払い時にお財布からお金がなくなったという感覚は、現金のほうが高い」
という研究結果を語っています。

参考:The New York Times

ポイントより支出を減らしたほうがいい理由

ポイント還元率にこだわりすぎて、支払いをクレジットカードだけにしていると『支払い』の額がかさばってしまうことは少なくありません。
研究結果にもある通り『支払ってお金がなくなった感覚』は現金のほうが強い、と言うのはなんとなく理解できますよね。

支出の金額を、意識的に減らしていくので、現金払いは一つの手段だと考えられます。

クレジットカードをやめて、ずっと現金主義のほうがいいの?

極論にはなりますが、現金払いだけにするのも、問題・不安が残りますよね。
かと言って、クレジットカードを持っていたら支払いが増えそうで怖い。

そこで、現金払いと同じように、クレジットカードでも『お金がなくなった感覚』を得られる方法を推奨します。

クレジットカードが無いことでのデメリット

クレジットカードがないことでのデメリットは、やはりネットショッピングなどが多く関わってきます。
また、旅行などの『保証』があるお金は、クレジットカード以外にほとんどありませんので、保証の面でも現金は危険だと考えられます。

実際に今の日本では、クレジットカードがなくても生活は出来ますが、今後どうなるか分かりません。
海外で取り入れられているクレジットスコアが、日本で導入された場合はクレジットカードを持っていない人はかなり不利になると思います。
利用して、滞納をしない。と言うのは色々な面で強い信用情報になるので、完全に断捨離をするのはオススメ出来ません。

クレジットカードの支払の感覚は帳簿で覚える

クレジットカード払いをした時の支出を、全部手で書いていきましょう。
自動で支出額を計算してくれるアプリなどもありますが、できれば自分の手入力を毎回行なう方が良いです。

自動でチェックをツケてくれるアプリの場合、Web明細票と同じ様な効果で、後々見て『使いすぎちゃったなぁ』と思う事が多いそうです。
それに対して、毎回チェックをつけるのは『面倒だけど、いくら使ったか分かる』というのが、現金払いと同じような効果を得らることが期待出来ます。

カンタンな家計簿アプリなどもあるので、使うたびにちょと入力をする、というふうにすれば、ポイントも溜めて、使いすぎも防止出来るので一石二鳥です。

iPhone:おこずかい帳
Google Play:かわいい♪おこづかい帳

利用制限のあるカード作る

もう一つの手段として、限度額を低く設定したカードを作るのも一つの手です。
利用限度額を下げることは、審査が不要なので、結構カンタンに出来ます。

ポイント還元率のいいカードを1枚作って、それをメインに使っていくのも一つの手でしょう。
当たり前ですが、利用限度額までしか使えないので、使いすぎ防止に役立ちます。

ただし、注意点も。
1度下げた限度額を、引き上げるのが必要な時は、再度審査が必要になります。
何かしらの要因で審査基準が満たされない場合は、今まで使えたはずの枠がなくなってしまうので、緊急時に困ってしまう可能性があります。
なので、できれば今あるカードの限度額を下げるのではなく、新しくカードを作っておく方をオススメします。

カードの数が5枚を超えている人の場合は、1枚の限度額を下げるのでもいいかもしれません。

結論。クレジットカードは使い方を工夫するのが一番

今回のニューヨーク・タイムズの記事でもありましたが、使用する金額に制限を掛けたり、実際にカードを使った時に『いくら使った』という把握をすることが、無駄遣い防止につながります。

どうしても無駄遣いが止められない、という人は『カードの利用額の制限』をかけることも検討してみましょう。

『お金を使った感覚』をちゃんと持って、自分の負担にならないようにカードと付き合っていくのが大切ですね。

高額キャッシュバックのクレジットカード

「基礎知識」の関連記事
「ニュース・その他」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧