高校生でも作れるカードは何?クレジットカードとデビットカード?

高校生でも作れるカードは何?クレジットカードとデビットカード? 
クレカキング

高校生がカードを作って使うのであれば、何がいいのでしょうか? クレジットカードとデビットカードの違いや、実際に使った際に何が使えて使えないかなどもまとめてみました。 高校生がカードを初めて持つならこれを見て選ぼう!

高校生で初めてのカードならデビットカードを使おう!

高校生でカードを作るのであればデビットカードがオススメ!
銀行の口座を作って、カードを申し込みをすることでデビットカードを利用することが出来ます。

デビットカードを提供しているのは大手の都市銀行が多いので、ネットから申込が出来ます!

クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカードとデビットカードのそもそもの違いを知っていますか?

クレジットカード
その場で支払わず、カード会社に毎月まとめて支払い
デビットカード
その場で銀行口座から支払い

クレジットカードとデビットカードの大きな違いは、その場で支払うのと、後払い、という支払い方法が大きく違います。

デビットカードは国際ブランドの『Visa』や『MasterCard』が付いているキャッシュカードというイメージが分かりやすいかもしれませんね。
ネットショッピングなどでも普通に使う事が出来ます。

そもそも高校生はクレジットカードを申し込めるの?

結論から言えば、高校生は基本的にクレジットカードに申込が出来ません。
理由は『ほとんどのクレジットカードの申込年齢が18歳以上』だからです。
18歳となっているカードの条件の説明には『高校生不可』となっているものも少なくありません。

『返済能力が無い』というのが理由。
高校生は、まだ責任能力が大人と比べて成熟していない、と判断されるからです。
また、収入源がアルバイトなど少ない金額であることも理由だと考えられます。

裏技?高校生でもクレジットカードを持てる方法がある

高校生でもクレジットカードを申込をする方法があります。
それは『家族カードを作ってもらう』事。
家族カードは、父親や母親の名義で作られているクレジットカードの情報を、別のカードにも分け与えるようなシステムです。
支払いは親御さんが行なうため、返済能力が無いと判断される高校生でも作ることが出来ます。

ただし、海外留学などの特別な理由が無いと通らないカードも多いので、100%作れるわけではありません。
どうしてもカードが欲しいのであれば、デビットカードを作りましょう。

親バレしたらヤバイ?デビットカードをちゃんと理解してもらおう

デビットカードを作る時に親にバレるのは、本来問題がありません。
ネットショッピングなど使いやすい上に、クレジットカードの様な使いすぎの危険性が無いので、キャッシュカードに国際ブランド(VISAやMasterCard)が付いただけ、と考えれば、高校生が持っていても不思議では無いのです。

デビットカードはここ数年で急速に発達してきた文化なので、親御さん世代ではクレジットカードと混同して『借金が危ない』と思っている人も少なくありません。
口座に先にお金を入れて、それを使うのでテレフォンカードやプリペイドカードの進化版、と考えるのが親御さん世代には分かりやすいかもしれません。
デビットカードを作る場合は、親御さんにちゃんと説明してから口座を作りにいきましょう。

クレジットカードなら借金の心配が無い

デビットカードとクレジットカードの大きな違いは支払いのタイミングで、クレジットカードの場合は一度『カード会社が建て替える』状態です。
そのため、クレジットカードの場合は『借金』という状態になるため、親御さんなどが心配するのです。

ですが、デビットカードに関してはその場で支払いがされるので『借金の心配がない』のです。
ただし、銀行口座にお金がなかったら支払いが出来ないので、ちゃんと口座に貯金をしておくことが大切になります。

初めてカードを持つのにデビットカードをおすすめする理由

初めてカードを使うのであれば、金銭管理の練習にもなります。
繰り返しになりますが、クレジットカードの場合は『借金』の可能性がありますが、デビットカードであれば借金の心配がありません。
口座に入れた分だけ使えるようになるので、ちゃんと今いくら使ったか、ということを把握出来るようになります。

言葉で説明が難しい場合は、このページを親御さんに見せて、理解してもらう方がいいかもしれませんね。
高校生でもネットショッピングがやりたい、というのが今の御時世なので、デビットカードを持っておいて損は無いでしょう。

「学生」の関連記事
「職種別クレジットカード情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧