デビットカードがスパイに使われる!?最強の諜報ツールという研究者がいた

デビットカードがスパイに使われる!?最強の諜報ツールという研究者がいた 
クレカキング

昔、デビットカードとそっくりなシステムで諜報ツールとして使われると掲示した研究者がいたそうです。 実際にデビットカードやクレジットカードは、スパイ活動などとどのような関連性や、危険性があるのかをまとめてみました。 あなたのデビットカード・クレジットカードは大丈夫……?

デビットカードが最強の諜報ツールなのはなぜ?

この考案は1971年、「KGB(ソ連国家保安委員会/1991年のソ連連邦崩壊まで活動後、ロシア連邦保安庁に権限を移行)の依頼によって、国民に気づかれることなく動向を監視するシステムを開発する」という仮定に基づき、研究者から回答を募るという試みから飛びだした。
当時の背景を考えれば、盗聴器や盗撮器などが回答として寄せられて当然だったにも関わらず、研究グループがたどり着いた究極の監視法は、現代のデビットカードとそっくりの電子決済システムだった。

ZUU online

デビットカードはここ10年ほどで急激に広まった決済方式です。
プリペイドカードとクレジットカードの中間に位置していて、口座から即時決済を行なうカードで、審査が無いのが特徴。

デビットカードが最強の諜報ツールとして研究者が言ったのは『いつ・どこで・何に・いくら使ったか』という点を正確に、なおかつ即座に判断出来るためです。
国家レベルでこの情報を管理する場合、かなり正確な景気動向を見ることが出来ますね。
おそらくこの研究者の意図としては、政治や、他国との取引に使われる情報になるのではないでしょうか。

デビットカードにかぎらず電子決済が諜報ツールになる

クレジットカードやデビットカードの『個人情報』と結びつけがなされた電子決済は、同じように情報を抜き取られるだけで『最強の諜報ツール』の出来上がります。
大まかな統計データや、そのデータに近い人が他に何を買っているのか、という情報まで、様々な幅広い情報を監視出来るツールだと考えられます。

実際にクレジットカードやデビットカードは持たないほうがいいの?

クレジットカードやデビットカードを持たないほうが良いのかと言われれば
答えは『NO』
むしろ持っていたほうが、良い事のほうが多いです。

現代社会で、今後ネットショッピングなどが更に発展してくと考えたら、クレジットカードやデビットカードは必須アイテムになります。
しかも、クレジットカードやデビットカード以外にも、先程の諜報ツールという意味合いでは『amazon』などの大手企業が似たような事をすでにしているので、深く気にする必要はない。
というのが筆者の考えです。

amazonなどの大手通販サイトは独自ですでにデータ収集済み

デビットカードやクレジットカードの危険性について考えてみましたが、よくよく考えてみるとこれはすでに行われています。

今回取り上げたamazonに関しては
『あなたにオススメ』『この商品をチェックした人が興味がある商品』
などが、自動的に表示されるようになっているので『いつ・どこで・何に・いくら使ったか』という情報の『どこで』がamazonで、という点以外で完結しています。

とは言え、安全性は大丈夫なの?

近年クレジットカードに限らず、IT関連の技術はどんどん進化を続けています。
それと同時に、スパイウェアやハッキング技術なども進化を続けており、一般ユーザーや、販売店が手に追える領域を大きく超えていることがほとんどです。

各ブランドが、ちゃんと対策をしていってくれているので、基本的には安全だと考えて良いでしょう。
もしもデータ流出などが合った場合、クレジットカードやデビットカードの保証を受けられる可能性もあります。

私達が気をつけることは、パソコンにウイルスソフトを入れたり、迷惑メールなど怪しいメールの添付ファイルを開かない、怪しいサイトにアクセスしないなどが重要になります。

国家レベルで動いていたらどうしようもない

少し飛躍した話にはなりますが、このような情報を国家レベルで買い集めているのであれば、どうしようもありません。
しかも、それが公になっていないのであれば、なおさらです。

どうしようもないのであれば、割り切って使うほうが精神的な不安もないのでいいと思います。

デビットカードやクレジットカードではなく、現金なら安全なのか

この点に関しては間違いなくデビットカード、クレジットカードのほうが安全性の高い通貨だと考えられます。
色々な情報を見られる危険性もあることながら、デビットカード、クレジットカードの場合は『保険・保証』が大きな利点。

現金取引を行った場合は何かあった後、監視カメラの映像などが鮮明でなければ、口論で言った言ってないの泥仕合になる事もままあります。

それに比べて保証があるカードであれば、その点はカード会社が代行してくれるので私たちに負担がありませんし、日常トラブルの危険性を大いに回避することが出来ます。

大きな陰謀を恐れて使わないよりも、一人ひとりが出来る対策をしておいたほうが安全で、快適な暮らしが出来ると思います。

「ニュース」の関連記事
「ニュース・その他」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧