クレジットカードのポイント還元率が下がる?下がった場合どうすればいいのか

クレジットカードのポイント還元率が下がる?下がった場合どうすればいいのか 
クレカキング

クレジットカードを使う時に気になるのは、ポイント還元率。 ポイント還元率が良いカードの場合、メインで使うカードになりやすいですが、そのカードのポイント還元率が下がる可能性があるかもしれません。 そんな時はどうすればいいのかなどをまとめてみました。

クレジットカードのポイント還元率は上がり下がりが以外と多い

クレジットカードのポイント還元率の上がり下がりは、思っている以上に多くあります。
利用者にとってポイント還元率が上がることは嬉しい事ですが、下がるとなったらそのカードを使い続けるのが良いのか悩んでしまいますよね。

還元率が改悪されたときにチェックしておきたい項目

還元率が改悪された場合、チェックしておきたい項目がいくつかあります。
クレジットカードのポイントの還元率が改悪される場合、お得感を減らさないためにポイントからの換金率や、商品が豪華になる傾向があるようです。

なのでチェックしておきたいのは以下の点。

  • 還元率が変わった際の換金率
  • ポイントで交換できる商品
  • 所持している他のクレジットカードの還元率の差

amazonギフト券や、EdyやiDと言った現金と同じ扱いになるポイントへの還元率が、クレジットカードのポイント還元率が低くなった時に変わるかどうかは注目しておきたいところです。
また、ポイントで交換できる商品が変わるなど、物品商品にも注目しておきましょう。
ある程度期間が過ぎてしまうと、商品のラインナップがもとに戻ることもあるので、今溜まっているポイントを交換するかを判断するのが良いでしょう。

逆に、ポイントが消滅しないクレジットカードであれば、カード会社の収益が立て直して、商品や還元率が更に良くなった時などを狙うのも、一つの選択肢ですね。
比較的大きなカード会社であれば待つのも良いかもしれません。

別のカードとの還元率の違いをみてみる

他のクレジットカードとの還元率の違いを見てみるのも大切ですね。
今使っているメインカードのポイント還元率が改悪してしまった場合、他に持っているカードの還元率も見直しておきたいですね。

新たにクレジットカードを作るのも選択肢の一つです。
新たにカードを作る場合、高還元率のカードを選びたいですね。
ただし、一つのカード会社が還元率を落とした時に、続いて還元率が落ちる事も考えられますので、少し見極めてから申込をした方がいいかもしれません。

還元率が変わりづらいクレジットカードはあるの?

還元率が変わりづらいのは、銀行などの金融機関が作っているクレジットカードが良いかもしれません。
金融機関も景気に左右されますが、信販系のカード会社よりも安定している印象です。

三井住友VISAや、三菱UFJニコスなど、大手の銀行が運営するクレジットカードなどを選んでみましょう。
また、セゾンカードなどの『永久不滅ポイント』などのポイント有効期間が長いカードもオススメ。
還元率がいい間に使って、悪くなってからは一旦とっておく事も可能なので、メインカードの乗り換えもスムーズですね。

ライフスタイルなどに合わせてカードを選んで見てくださいね。

ポイント還元率で選ぶクレジットカード

「ポイント」の関連記事
「お得な活用法」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧