クレジットカードの不正利用防止のシステムが始まる!?社内経費横領もバレる!?

クレジットカードの不正利用防止のシステムが始まる!?社内経費横領もバレる!? 
クレカキング

クレジットカードの不正利用防止のシステムが各国で生まれてきています。 ネットショッピングの不正利用防止や、社内経費でのクレジットカードの不正利用防止のシステムも開発されるなど、様々な所で役立ち始めています。 今後クレジットカードの利用についてはどのように変化していくのでしょうか。

クレジットカードの不正利用の被害を防止!

決済サービスプロバイダのゼウスは、かっこが提供するクレジットカード不正検知サービス「Fraud Finder(フロードファインダー)」を2016年11月1日より提供開始すると発表した。

引用:payment navi

最近では、このようなサービスが開始されて、不正利用を防止出来るようになってきています。
利用者が安心して使うことが出来るように、こういったサービスが注目されています。
ネットショッピングも徐々に安全性が高くなっていきますね。

今後ネットショッピングなどで、多くの場面で不正利用の防止が期待されています。

詐欺グループの犯罪防止に使われるので、一般の人には利益しかない

フロードファインダーの内容や、その他不正利用防止サービスを見ていくと、対象としているのは不正利用の犯罪集団が、大きな問題になっています。
通常の使い方をしている一般の利用者には、使い方に変化はありません。

こういったサービスが生まれる背景には『スキミング』や『偽造カード』の存在があります。
不正な注文が行われて、料金未納のまま商品が発送されるなどの防止につながります。

一般の人にとっては、不正利用による損害がなくなるので、いつも使っているネットショップが割引などのサービスを広げてくれる可能性があるなど、利点しかありませんね。

クレジットカードを使った会社経費の不正利用もバレる時代がくる

今後不正利用に関しては、社内経費の不正利用も分かるようになってくるそうです。
会社用のクレジットカードの利用で、経費にすることが出来ますが、それを私用と混合して使う人も多いため、今後の不正利用防止サービスへの期待がされているのです。

機械学習は、明らかな利点を提供する。仕事をあっという間に完了するというだけでなく、ファイナスチームをもっと重要な時間に振り向ける時間を生み出すことができる、そして威圧的なボットに対面すれば、人びとは使い古された「おっと、そのレシートは先週の日曜のランチの分がうっかり紛れ込んだんだ」といった言い訳を使うこともなくなるだろう。

引用:TC

クレジットカードを使って会社のお金を横領しているような人は、今後このようなサービスが増えていくことによって、見つかるようになる可能性が高いですね。
現状色々な企業が、こういったシステムの開発を行っているので、数年のうちに実現すると言われています。

こういった金融詐欺が減っていくことに寄って、私達のクレジットカードの安全性が更に高くなって、現金いらずの社会が訪れるかもしれません。
不正利用がなくなれば、カード会社などからポイント還元などの形で、一般の人へ見返りもある可能性があるので、期待しておきたいところですね。

不正利用に強いオンライプロテクションのクレジットカード

「ニュース」の関連記事
「ニュース・その他」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧