楽天Pay登場!クレジットカードの決済がスムーズ!Apple Payと比較してみた

楽天Pay登場!クレジットカードの決済がスムーズ!Apple Payと比較してみた 
クレカキング

Apple Payに続き、楽天もクレジットカードの決済を簡単におこなえるサービスの提供をはじめました。 楽天Payの魅力と、使い方について概要を説明します。

楽天PayとApple Payの違い

楽天PayとApple Payの大きな違いは、決済端末に『Felica』を使っているかどうか。
Felicaは電子マネーを支払う時に、電子マネーでタッチする場所の情報端末とのやり取りの方式です。
また、Apple PayはiPhoneでしか使えないので、Androidで使える楽天Payのほうが多くのユーザーが使える支払い方式ですね。

やはり、楽天PayとApple Payを比較した場合、根本的に支払い方式が違うのが何より大きな違いです。

Apple Payの場合の支払方式

Apple Payの場合『Felica』を使っているという点がかなり大きいですね。
電子マネーのiDやQUICPayを使って、クレジットカードでの支払が出来るので、おサイフケータイと同じように使うことが出来ます。

また、Felicaを使った支払い方式なので、お店にFelica端末が必要になります。
そのため、端末が無い店舗ではApple Payの利用ができないということになるのです。

コンビニなどでは、Felicaがほとんど対応しているので、便利に使いやすいですね。

楽天Payの場合の支払い方式

カメラでQRコードを読み込んだり、セルフペイで自分でお店を選んで入力をしる方法が取られます。
そのため、支払の際にお店側が端末を用意せずに、スマートフォンで支払が可能になります。

楽天Payの場合、支払の方式で端末を使わないため、飲食店などの支払が席で支払う場合などに役に立ちそうです。
Apple Payと違い、楽天Payの場合はコンビニの支払などに使えないので、その点は大きな違いになるのではないでしょうか。

また、楽天Payの特徴として『楽天Payとクレジットカードと2重でポイントが貯まる』という点があります。
Apple Payには無い大きな魅力ですね。

iPhoneならApple Payと楽天Payの両方使いがオススメ

iPhone7から対応し始めたApple Payを使うのであれば、楽天Payと両方を使うのがオススメです。
コンビニなどで、手間を減らせるApple Payはやはり魅力的。
それに対して、楽天Payは対応店で使えばクレジットカードのポイントと楽天ポイントが2重で貯まるので、かなりお得に使うことが出来ます。

楽天Pay払いの場合、普通のクレジットカードを使うよりも還元率が高くなるので、この点は譲れないと思います。

ちょっとした所ではApple Pay、飲食店やある程度大きな買い物は楽天Pay、で覚えておけばカードも財布も無しで生活出来るかもしれません。

AndroidユーザーはiDと楽天Payの使い分けがオススメ

Androidユーザーであれば、おサイフケータイの機能でiDと楽天Payの使い分けがオススメです。
こちらもApple Pay同様に、コンビニなどの支払はiDで行って、飲食店などの支払は楽天Payで行なうのが便利でお得!

楽天Payは今までのスマホやケータイを使った支払に、新たな一面が追加された物なので、今後の躍進に大いに期待ができそうです。

楽天Payならやっぱり楽天カード

「ニュース」の関連記事
「ニュース・その他」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧