クレジットカードのブラックリストに載ってしまう原因と対処方法

クレジットカードのブラックリストとは?載ってしまう原因は? 
クレカキング

クレジットカードの「ブラックリスト」に入ってしまう原因、入ってしまうとどうなってしまうのかが気になるという方は少なからずいるのではないでしょうか。そこで今回は、このブラックリストにスポットを当てて詳しく解説していきますので、参考にしてみて下さい。

クレジットカードでよく聞くブラックリストって何?

クレジットカードを利用する上で返済遅延などの問題を起こしてしまった場合に、よく「ブラックリスト入りする」といった言葉が用いられますが、ちょっとの返済遅延程度ではブラックリスト入りする事はありません。

クレジットカードの返済履歴、借入残高といった利用状況は、各金融機関が利用者の個人情報などを共有する事ができるネットワーク「信用情報機関」に登録されています。
ブラックリストとは、この信用情報機関に
「この人にお金貸したらヤバいよ」
というようなネガティブな情報が登録されてしまう事を言い、このネガティブな情報の事を「遅延情報」「異動情報」と呼びます。

これらの情報は各金融機関で共有されている為、A社のクレジットカードでブラックリスト入りするような問題を起こしてしまった場合は、他社のB社、C社でもクレジットカードの審査が通らなくなってしまいます。

ブラックリスト入りしてしまう原因

クレジットカードで問題を起こし、信用情報機関に異動情報が登録されたとしても、その事実は利用者本人に通知されません。
その為、過去に返済遅延を起こしている人は「実はもうブラックリスト入りしているのではないか?」と不安に感じる人も少なくはないかと思います。

個人情報機関に情報開示請求を行うといった手段もあるのですが、まずはブラックリスト入りしてしまう原因について把握しておくのが良いでしょう。

1.債務整理。これはもう当たり前

債務整理というのは簡単に言うと法的手段を使って債務(借金)を少なくする事を言い、主に任意整理、個人再生、自己破産などが挙げられます。
これらの行為は債務者が返済困難に陥った場合に行う行為である為、当然ながら「この人は返済できなかった人」というような情報が登録されます。

クレジットカードはお金を一時的にカード会社が負担するものなので、返済をしてくれない人には貸してくれないのは当たり前ですね。

なお、過払い金請求に関しては信用情報機関に登録されませんので、ブラックリスト入りする事はありません。

2.返済遅延。回数や期間が長いとブラックリストかも?

ある程度の返済遅延でブラックリスト入りするという事はありませんが、余りに長すぎる返済遅延を起こしてしまった場合は注意が必要です。
各金融機関によって異動情報となる返済期間は異なりますが、「3か月間の返済遅延」で信用情報に滞納・異動情報が登録されてしまいます。

クレジットカードの審査の際に、返済遅延が繰り返し行われていたり、滞納情報や異動情報と言われる内容があると、ブラックリストに入っている、という判断になるのです。
基本的に数年のうちに1、2回の遅延であればあまり影響が無いと言われていますが、無いのに越したことはありません。

3.代位弁済。ちゃんと自分で返せない人判定が

クレジットカードには基本的に利用者が返済不能に陥ってしまった場合、代わりに返済を行ってくれる保証会社というものが付いています。
この保証会社が利用者の代わりに返済する事を代位弁済と言い、これも「この人は他の人に返済してもらった」というような異動情報が信用情報機関に登録されます。

ブラックリストを解消する方法はあるのか?

一度信用情報機関に異動情報が登録、いわゆるブラックリスト入りしてしまった場合、それを解消する方法は「他の返済をきちんと行って、待つ」以外に存在しません。

クレジットカードの情報は「CIC」と呼ばれる信用情報機関に登録されており、このCICでは異動情報の保有期間を5年としています。
その為、異動情報が登録されたとしても5年経てばその情報は削除され、ブラックリストは解消されます。

最近では「ブラックリストでも借りられる」といった金融機関が存在していますが、それらは「闇金」と呼ばれる違法貸金業者です。

クレジットカードの審査は絶対に通らない?

クレジットカードの審査に絶対に通らない事はありません。
過去に遅延などを起こしたとしても、今現在がちゃんと出来ていることがわかれば、カードを発行してくれる所もあるのです。

過去に何か金融事故を起こした人がクレジットカードを作る場合は、最低1年以上毎月の返済がちゃんと行われている事を確認する必要がありそうです。
CICに情報開示の請求を行って、問題がなさそうでしたらカードの入会申込みをしてみてはいかがですか?

ブラックリストに入っていない事が分かってから申込むクレカもご案内

「ブラックリスト」の関連記事
「トラブルの対処」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧