Amazonユーザー要注意!クレジットカードの情報を騙し取るフィッシング詐欺

Amazonユーザー要注意!クレジットカードの情報を騙し取るフィッシング詐欺 
クレカキング

日を追って巧妙になるフィッシグメールの手口の中で、Amazonを名乗る偽メールが送信されているようです。 特にクレジットカードの番号の入力を求める内容なので注意が必要! どんなメールなのかも確認してみましょう。

Amazonを語る巧妙な手口。色合いなどがほぼ同じ

11月8日にフィッシング対策協議会で発表されたフィッシング詐欺のメールの内容が、Amazonの見た目にそっくりなので、要注意。
Amazonを語る巧妙な手口のフィッシング詐欺メールが多く見受けられるようです。

Amazonフィッシング詐欺
Amazonフィッシング詐欺

引用:フィッシング対策協議会

内容を見ると日本語がかなり変な感じです。
ですが、HTML対応しているメール受信環境で見てみると、雰囲気はAmazonそっくりですね。

『アカウント検証』という内容だけ見て、なんとなく押してしまうと、フィッシングサイトに誘導されてしまいます。

しかも、フィッシングサイトの方は日本語がほとんど間違っていないので、かなり不安になりそうです。

フィッシング詐欺は海外のものが多いが日本のものもあるので注意

フィッシング詐欺は海外の悪意のある人間がクレジットカードやその他の情報を盗み出そうとして、メールを送ってくるので要注意。
『日本語がおかしいものがフィッシング詐欺の可能性が高い』
と言うのは知っている人も多いはず。
ですが、日本の中にも悪い人がいて、日本語がおかしくないフィッシング詐欺メールが時々見られます。

日本語の文面だけで判断するのではなく、本当にそれがちゃんとした経由のメールなのかどうかも確認しましょう。

フィッシング詐欺に引っかかると、カードが勝手に使われる

クレジットカードの情報を盗み取ろうとするフィッシング詐欺の厄介な所は、勝手にカードを使われることです。
特にクレジットカードの中では、フィッシング詐欺に対する補償が無いものもあるので要注意が必要です。

Amazonかどうか分からなければ、メールアドレスやURLをチェック

メールアドレスやURLをチェックして、本当にAmazonから来たメールなのかをチェックしてみましょう。

Amazonのメールアドレスで使われているドメイン

  • amazon.co.jp
  • amazon.jp
  • amazon.com
  • marketplace.amazon.co.jp
  • m.marketplace.amazon.co.jp
  • gc.email.amazon.co.jp
  • gc.amazon.co.jp
  • payments.amazon.co.jp

引用:Amazon

メールアドレスを確認する時に、この8つのドメイン以外から来ていた場合は注意が必要。

特に気をつけたいのは『表示名』がこれになっている偽造メール。
一見Amazonから来たように見えるが、転送を行なうときなどに表示されるアドレスが全く違う物が出てくるパターンや、Amazonを装う差出人名になっている事があります。

わからない場合は、転送を作成して、
『差出人:偽物の名前<本当のアドレス>』
で確認が出来るので、これでチェックをしてみましょう。

フィッシング詐欺が不安ならオンラインプロテクションがあるクレジットカードを使うようにする

こちらの記事でも書きましたが、不安であればオンラインプロテクションのあるクレジットカードを使う事で、補償などを受けることが出来ます。
オンラインプロテクションがないクレジットカードは、フィッシング詐欺の補償対象外になる事があるので、普段からネットショッピングで使うカードは、一度保証内容などを確認したほうがいいかもしれません。

オンラインプロテクション付きのクレジットカードに申込ならここから

「ニュース」の関連記事
「ニュース・その他」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧