18歳でクレジットカードを作る際にも親の同意が不要になる可能性アリ

18歳でクレジットカードを作る際にも親の同意が不要になる可能性アリ 
クレカキング

現在クレジットカードを作ることが出来る年齢が18歳になり、ネットショッピングが流通している現在、クレジットカードは大変重宝されています。 さらに、今後18歳以上の場合、親の同意書が不要になる可能性も出てきました。

成人年齢の民法改正でクレジットカードの最低年齢が変わる

数年に渡って協議されている課題の『成人年齢』が、クレジットカードを作る際に『保護者の同意書』が不要になる可能性がある理由です。
現在、20歳以上の成人男女であれば、親の同意書を不要で作ることが出来ます。
ですが、現状成人年齢よりも低い男女は、同意書が必要なので、働きに出ている人など、クレジットカードに初めて申込をする際に面倒が多いですよね。

今後成人年齢引き下げに伴って、クレジットカードに申込をする際に親の同意書が不要になる可能性がある事について、深く掘り下げてみます。

現在、高校生を除く18歳以上であればクレジットカードを作成可能

成人年齢の引き下げが検討されている現在ですが、改正される前にもカードを作ることは可能です。

上記にも書いた通り『保護者の同意書』が必要なので、少しばかり手間。
また、クレジットカードの審査の際に、保護者の同意書を提出して、ほとんどの場合で同意書に署名した人の所へ電話確認が行われます。
同じ家に済む家族なので、署名や印鑑だけでは本当に保護者が書いたか判断が出来ない為ですね。

このあたりが面倒に感じるのであれば、20歳になるのを待ってから申込をするのが良いでしょう。

20歳未満だと親の同意書いる理由

簡単にいえば、20歳未満の未成年者の場合『民法』によって、責任を追うことが出来る内容を制限されているためです。
未成年者は、『制限行為能力者制度』と言われる基準によって守られます。

  1. 判断能力が不十分な者のために適切な取引が行われるようにして、その者の財産の減少を防止する
  2. 取引の相手方の警戒・予防を容易にすることよって取引の安全を図る

何か責任を負う必要がある行為をする場合、それを制限する代わりに、責任逃れが可能になってしまう法律です。

もしも保護者の同意書無しでクレジットカードの契約が結べたら、支払をしなくても逃れられる可能性があるのです。
カード会社からしてみたら、そんな相手にカードを発行する理由は無い。となってしまうため、審査の際にふるいにかけるということですね。

親への同意の取り方は?

クレジットカード側が親の同意を得ているかを確認する方法として、親へ直接の電話確認が行われます。
親の署名(サイン)のみというところもまれにありますが、基本的には電話確認が主流です。
クレジットカード会社が親に直接電話をして承諾を得られなければ、仮審査に通過してもクレジットカードに入会することができません。

親になりすましてカードを作ることはできる?

親がクレジットカード入会に反対している場合、知り合いなどに頼み、親になりすましてカードを作ろうとする方がいます。
しかしクレジットカード会社側は何人もの確認を行なっている実績があり、必ずといっていいほどウソは見破られるでしょう。
他人を利用して親へのなりすましがバレた場合には、クレジットカード会社にその情報が記録されることになります。
そして、2度と同じクレジットカード会社の審査には通過できなくなってしまいます。
必ず親の同意を得てから、クレジットカードの申し込みをしましょう。

成人年齢が下がると危険性も高いと指摘もある

 施行に際して想定される支障についての設問では、「高額商品の購入で若者の多重債務が増大する危険性が高い」(仙台弁護士会)といった指摘が多く、借金やクレジット決済を規制・禁止すべきだとの声も上がった。 

引用:YAHOOニュース

18歳から、自分の判断だけで申し込みが可能になった場合、多重債務などの危険性が高い、と言うのは間違いないと思います。
実際クレジットカードの限度額として、学生専用カードは10万円が限度であるなど、低めに設定されているのですが、複数枚持つことが出来てしまうと、この限度額も虚しく多重債務者として今後の人生を台無しにしてしまう危険性も。

メリットに対してデメリットがあるのは、仕方ありません。

18歳からが成人になればクレジットカードは一人で申込可能になるかも

成人年齢が引き下げられれば、上記で書いた民法上の扱いも変わる事が考えられます。
それにともなって、クレジットカードの申込で『保護者の同意書』が不要になるのではないでしょうか。

一部のカードでもともと申込が出来ない事はおそらく変わらない

現在18歳から申し込みができるクレジットカードが増えていますが、20歳以上からとしている所や、25歳から、30歳から。など、申込可能な年齢が決まっているクレジットカードも少なくありません。
特にゴールドカードやプラチナカードは、最低年齢が高く設定されているものも多いので、このあたりは申込可能年齢は変わることが無いと考えれます。

高校生は成人年齢が18歳になってもおそらく申込不可

18歳から成人となったとしても、クレジットカードに申し込みが出来ないのは変わらないでしょう。
成人年齢が変わったとしても、高校生は責任能力が低いという考え方は変わらないと思われますので、この点はあまり期待しない方がいいかもしれません。

同意書が必要なら、ちゃんと親を説得しよう

同意書が必要で、クレジットカードに申し込めない。
というのであれば、ちゃんと親を説得しなければいけません。

何か合った時に、責任をとってもらうものなので、勝手に申込をして、審査の際の電話でバレてしまった。
だと、同じクレジットカードに20歳を超えてから申し込みをする際に、情報が残っていて審査落ちということも考えられます。※

※クレジットカードで審査落ちした理由は、各会社ごとに保存されています。

ちゃんと、何にいくら使う、どうして必要なのか。という点を伝えて、保護者に同意をもらって、正式な手続きで申込をしましょう!

18歳以上の人にオススメのクレジットカード

「学生」の関連記事
「職種別クレジットカード情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧