個人事業主がクレジットカードの審査を受けると不利に働くって本当?

個人事業主がクレジットカードの審査を受けると無職より不利と言われる理由 
クレカキング

個人事業主がクレジットカードの審査を受けるのは不利だと言われたことはありませんか? 実際はそんなことはありません。では、審査を受ける時に個人事業主が不利にならない方法はどうするのがいいのでしょうか。 申込をする前に、内容を確認してみましょう。

個人事業主はクレジットカードの審査に通りやすいのか

結論から言えば、個人事業主は
『開業後から何年経ったか』『安定した収入があるか』『別の仕事をしているか』
によって、審査に通りやすいかが決まります。

開業後何年経ったかはかなり重要

個人事業主がクレジットカードの審査を受ける際は『個人事業主として何年経ったか』と言うのは、一つの審査基準として重要な点です。
会社員の場合は、会社が潰れるなどの心配がない限り、就職して半年~1年程度が最低基準として言われていますが、個人事業主の場合は1年半~2年は欲しいところです。

特に個人事業主の場合、確定申告などを行わなければ収入を証明する書類が少なく、行ったとしても初年度の税金対策などの問題で判断が難しい事が多いです。
次の内容にも関わってきますが、安定した収入が見込めない場合、クレジットカードの申込は少し時間を置いてからのほうが良さそうです。

安定した収入があれば個人事業主でも審査に通りやすい

個人事業主がクレジットカードを作りづらいと言われる理由として『安定した収入が見込めない』というのが一番大きいです。
特にフリーランスの仕事をして個人事業主になった人など、収入が途切れる可能性がある状態だとカード会社もクレジットカードの貸し倒れを恐れて発行をしません。

また、安定した収入の確認が難しい場合は、これが上記の期間で判断されます。
期間が長い間仕事ができていれば、その分安定してお金が入っているということなので、クレジットカードの審査に有利に働くのです。

別の仕事をしているかは収入の安定性が出るかどうか

個人事業主の人の中には、会社員をやりながら個人事業主としてやっている人も少なくありません。
その場合、普通のクレジットカードの場合は、問題なく会社員として審査を受けて通る可能性が高いです。
アルバイトなどを同時に行っている人も同じです。

法人カードの場合は、カード会社によって基準が異なります。
安定した収入があるという観点から見れば審査に有利ですし、事業の利益が安定していないのでは?と考えれば審査に不利ですよね。
審査基準は公開されていないので、こればかりは申し込んでみないとわかりません。

他の借入経験も影響。個人事業主で不利になる可能性は?

個人事業主の場合、経費管理のための借入や、普通のキャッシングを行なうなど、色々な借入形態が行なえます。
その為、その借入もクレジットカードの審査に影響してきます。

無理な借入はクレジットカードの審査に影響する

事業資金として色々なところからお金を借りている状態でクレジットカードに申込をすると、クレジットカードの審査にも影響します。
個人事業主としての借入、利用者個人の借入の両方の観点から審査がされます。

利益と借入の額など、総合的に判断してクレジットカードが発行されます。
そのため、新たに事業資金として追加の融資を受ける前に、クレジットカードを作っておいたほうが無難だと考えられます。

日本政策金融公庫(国金)はCICに加入しているので、こちらからの借入も審査の対象になりますので注意をしましょう。

普通のクレジットカードの審査基準は個人事業主が特別なわけではない

普段使う用のクレジットカードの審査基準は個人事業主が特別厳しいわけではありません。
個人事業主が不利と言われるのは『収入の安定性』が特に証明しづらい所にあります。

これが証明できる状態であれば、審査に通る可能性は十分にありますので、申込をしてみるのが良いでしょう。
法人カードの場合は、少し審査基準が異なるので、法人成りした時など、社会的信用が見せられる状態の時に申し込みをするほう事が多いようです。

個人事業主の方もあまり気負いしすぎに申込をしてみて良さそうですね。

個人事業主がクレジットカードに申込ならこちらがオススメ

「自営業」の関連記事
「職種別クレジットカード情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧