クレジットカードの国際ブランドはこんなに違う!国際ブランドの選び方

クレジットカードの国際ブランドはこんなに違う!国際ブランドの選び方 
クレカキング

クレジットカードには国際ブランドがあります。 この国際ブランドがあるおかげで海外加盟店でのカードショッピングができるのです。 しかし、どの国際ブランドを選んだら良いのか迷う人も多いでしょう。 今回は国際ブランドの特長や選び方をレクチャーしましょう。

主な国際ブランドは全部で5つ

主な国際ブランドはVISA、マスターカード、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブの5つ。
これ以外にもディスカバーやユニオンペイ(銀聯カード)といったブランドもありますが、日本では上記の5つを国際ブランドとして利用しています。
これら5つの国際ブランドは2種類に分けることができます。

一つは「決済カード」もう一つは「T&Eカード」です。
決済カードはVISAとマスターカード、それ以外の3つはT&Eカードです。

VISA・マスターカードはプロパーカードを発行しない

VISAとマスターカードはブランドホルダーと呼ばれ、自社ではクレジットカードを発行せずサービスの提供とブランドの供与を行っています。
日本のクレジットカード会社がVISAやマスターカードの国際ブランドを付与してクレジットカードを発行できるのは、VISA・マスターカードのフランチャイズとなっているからです。
どちらのブランドも決済サービスをメインに提供しているので決済カードと呼んでいるのです。

JCBは日本唯一の国際ブランド

JCBはもともと国内ブランドの一つでした。
他社がVISAやマスターカードと提携して国際カード(海外でも使えるカード)を発行する中で、自社ブランドを国際ブランド化したのがJCBです。

なぜわざわざ国際ブランド化するという困難な戦略を選んだのかというと、やはりライバルの三井住友カードの存在があるからです。
VISAブランド単独でクレジットカードを発行している三井住友カードに対抗するにはJCBを国際ブランドにするしかなかったのです。
JCBは今ではT&Eカードとして充分に国際ブランドとしての地位を獲得しました。

アメリカン・エキスプレスとダイナースクラブは別格

アメリカン・エキスプレス(アメックス)とダイナースクラブは富裕層向けの高級ブランドとして知られています。
そのためステータスを求める人の憧れの国際ブランドと言えるでしょう。
アメックスは日本のクレジットカード会社と提携して数多くの提携カードを発行しているので身近に感じている人も多いでしょう。
しかし、ダイナースクラブはそのステータスを守るためか提携カードは少なく、高級ブランドとしてのイメージを保っています。

国際ブランドの選び方

日本国内のカード利用がメインの場合はJCBブランドが最もおすすめです。
JCBの加盟店は国内でもトップクラスで、東京ディズニーリゾートの公式カードとしてエンターテイメントサービスも充実し、海外旅行でもJCBプラザといった便利なサービスも提供しています。

国内外で幅広く使える国際ブランドです。
海外利用が多い人は、まずVISAかマスターカードを選びましょう。
2枚目以降のクレジットカードは最初に選んだ国際ブランドとは別のブランドにすれば幅広い海外加盟店で利用することができます。

アメックスとダイナースクラブに関してはステータスを求める人におすすめです。
しかし、アメックスカードは提携カードの場合プロパーカードよりも入会しやすいので、2つめの国際ブランドとして海外旅行向けに選ぶという方法もあります。

いずれにしても2枚以上クレジットカードを持つ場合は国際ブランドがダブらないようにするのが基本です。

基本的にはどの国際ブランドを選んでも失敗はない

国内利用に限って言えば、どの国際ブランドを選んでも加盟店不足で利用できないということはありません。
アメックスとダイナースクラブは富裕層向けで高級店を中心とした加盟店が多いですが、アメックスはJCBと提携しているのでJCB加盟店でも利用できます。
ダイナースクラブはそもそも入会基準が厳しく、だれでも作れるカードではないことを考えると例外的な存在ですが、それ以外の国際ブランドではどれを最初に選んでも問題はありません。
2枚目以降で違う国際ブランドを選んで幅広くクレジットカードを活用しましょう。

持ってない国際ブランドのクレジットカードを選ぶならこちら

「マスターカード」の関連記事
「基礎知識」の関連記事