クレジットマスターはクレジットカード関係最悪の犯罪!?

クレジットマスターはクレジットカード関係最悪の犯罪!? 
クレカキング

クレジットマスターは、一見するだけでは悪い犯罪に見えなさそうですが、クレジットカードの仕組みを使った巧妙な犯罪です。 この犯罪を防ぐ手立てが一切無いって本当なのでしょうか? また、この犯罪の被害にあった時に対処するべきこととは?

クレジットマスターとは?

クレジットマスターは、存在を知らない人は『MasterCard』と勘違いしそうですが、別物です。
クレジットマスターはパソコンを使って、クレジットカードの番号を割り出す犯罪。

プログラムを作成して、自動的にクレジットカードの情報が正しいかを判別して、使えるクレジットカードがあれば不正利用をする。
という流れがおおまかな犯行手順です。
『1989年にアメリカで初めて確認された』20年以上続く古い犯罪だということがわかります。

20年前よりも、今のクレジットカードのセキュリティ技術が進化したとはいえ、基本的な仕組みは同じなので、それが原因でクレジットマスターの毒牙にかかってしまうのです。

最悪の犯罪と言われるのは、利用者が防ぎようが無い。という点にあります。
この点は、クレジットカードの仕組み自体が変わらなければ、改善は難しいかもしれません

クレジットマスターに流出経路は無い

クレジットマスターが問題視される一番の原因としては『流出経路が無い』という点にあります。
これは、クレジットカードの仕組み上の問題で『番号に意味がある』という点があります。

「16桁もあるんだから、推測は難しそう」と考えがちですが、実際にある番号はかなり限られています。
最初の4桁に関してはカード会社の固有番号になるため、その時点で4桁に絞られます。
そして、一番最後の番号は隠れた文字列の『チェックデジット』となっていて、これを除いた12桁の数字を割り出す事でカードの推測が可能です。

また、クレジットカードの番号はチェックデジットを除いた番号で、このチェックデジットの方式上、デジットの数字がある計算をすると、10で割り切れる数字になるためある程度絞られているのです。

この番号をパソコンのプログラムを用いて割り出し、カードの番号を盗み出すのです。

クレジットマスターは利用時にバレる。というのが常識だった

クレジットマスターは使える場所が『ネットショッピング』などの、住所がバレてしまう内容だったため、クレジットマスターで手に入れた情報を使うと、住所がバレて簡単に逮捕されてしまう。
という理由からほとんど使われていなかったのが現状です。

また、このことから、海外の裏サイトではカード番号が1つ1~6ドルで売られるなど、お小遣い稼ぎ程度の金額しか無いようです。

最近になってまた危険度が高くなってきたクレジットマスター

クレジットマスターはクレジットカードのセキュリティが高くなるに連れて、次第に使用される事が少なくなってきたそうですが、最近は一部のネット取引で問題になっています。
筆頭にあげられるのは、電子マネー取引。

ネットショッピングの中でも、電子マネー取引は現金に近い取引になるため、問題になります。
海外のハッカーなどが、日本の取引をおこなって、クレジットカードを不正利用していくケースがあるようです。

クレジットマスターの被害を確認は毎月の明細で

利用者がクレジットマスターの被害を確認・防止するのは、毎月の明細を見るほかありません。
カード会社側で、怪しい取引があった場合はカードを止めるなどがありますが、全てが止められるわけではないので、身に覚えがない利用明細が合った場合は早めにカード会社に連絡をしましょう。

クレジットカード関係で、自分の身を守れるのは自分だけです。
保証の期間などもありますので、ちゃんと事前に保証がどうされるかなどを確認しておきましょう。

もしものときに役立つ保証があるクレジットカードはこちら

「ニュース」の関連記事
「ニュース・その他」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧