クレカが住宅ローンに影響する理由は?クレジットカードとの関係を詳しく解説

クレカが住宅ローンに影響する理由は?クレジットカードとの関係を詳しく解説 
クレカキング

クレジットカードを使っていると、住宅ローンが通りやすくなる。なんてことは聞いたことありませんか? 実際にクレジットカードを使っているとどのような住宅ローンなどに通りやすくなるのでしょうか? 理由などを詳しく解説します。

クレジットカードを使うと住宅ローンが通りやすくなる理由

迷信や噂ではなく、クレジットカードを使うと住宅ローンが通りやすくなる理由はちゃんとあります。
それは『信用』が目で見て分かる状態になるため。
初めて合った人を信用しろ、と言われても疑ってしまうところですが、クレジットカードを使えばこの『信用』が目で見て分かる状態になるので、住宅ローンのようにお金を貸すサービスが使いやすくなるのです。

クレジットカードを使って『信用情報』を手に入れる

住宅ローンの審査基準の1つに『信用情報』というのがあります。
各種ローンによって異なるのですが、全国銀行個人信用情報センター、CIC、JICCのいずれかにアクセスして過去の返済履歴を調べます。
ここに載っている情報は何事もなければ、5年間保持されるので5年以内に遅延などを起こしていなければ問題なさそうですね。
各信用情報機関へ開示請求をして、自分の状況がどうなっているか確認することも出来ます。

この信用情報はかなり重要で、住宅ローンを貸し付けて踏み倒されないかという基準になります。
過去に返済の延滞などを起こしていると、この情報を元に一般認知で『ブラックリストに入れられる』と言った状態になります。

クレジットカードを使う人使わない人の信用情報の差

遅延とか延滞とかのリスクがあるから、クレジットカードを使わないほうがいいのでは?と思う所もありますが、それは間違い。
カードを使ったほうが信用情報としては評価が高いのです。

クレジットカードを使う時の返済の履歴が、毎月徐々に溜まっていって『毎月遅れずにちゃんと返済できる人=信用できる人物』として判断できるのです。

クレジットカードを使っていないと返済出来るのかどうかが判断できないため、審査落ちをする可能性が出てきます。

全く返済情報が無いスーパーホワイトに要注意

現在日本で生活する人の多くが30歳までに何らかにクレジット情報を保有します。
クレジットカードを初め、携帯電話や商品の分割払いもそうですね。

それが一切無いと『スーパーホワイト』と言われる状態に属します。
スーパーホワイトは、30歳以上が対象になっていて『実際に使っていない』か『債務整理をした』のかどちらか分からない状態を指します。

逆に審査が通りにくくなるクレジットカードの使い方とは?

クレジットカードの使い方を間違えると、審査に通りにくくなるパターンも考えられます。
これからクレジットカードを作ろうと思っている人は参考にしてください。

クレジットカードでキャッシングを何度も行なう

クレジットカードのキャッシング枠を使って、何度も使っている状態だと『この人はお金に困っている』という判断がされてしまいます。
キャッシングは現金を借りるのが目的なので、クレジットカードのショッピングとは扱いが異なる為です。

クレジットカードの履歴をつくるためにキャッシングを利用する、と言うのはやめておくほうが無難ですね。
履歴をつくる為なら、コンビニで飴やおにぎりなど、安い物を買ったほうが良いです。

リボ払いで毎月返済額・元金が増えている

リボ払いで返済を毎月行っていても、毎月返済額よりも高い金額を使用した場合に起こる内容です。

この点に関しては重要視しない企業もあるようですが、返済履歴同様に扱う企業もあるようです。
信用情報には『借入残高』が記載されるため、リボ払いを使っている人は少し気をつけなければなりません。
返済をしてしまえば、残高は0になるので問題ないと思います。

カードの作りすぎも審査落ちの可能性あり

クレジットカードを作りすぎても住宅ローンの審査に落ちる可能性があります。
クレジットカードも住宅ローン同様に借入なので、それが沢山出来ると言うことは、踏み倒しなどの際のリスクが大きいということです。
使っていないカードは解約するなど、信用情報の整理をしておくと良いでしょう。

普通に使っていれば住宅ローンにプラスのクレジットカード

内容を見てみるとマイナスな内容が多く、お金の問題なのでリスクのほうが目立ってしまいがちです。
ですが、クレジットカードを使って信用情報を貯めるのは決して悪いことではあいりません。

特に『返済能力』が判断出来るのは、審査をする上でかなり重要なポイントです。
毎月光熱費などをまとめてクレジットカードで払うなどで、信用を貯めていくことが出来るので、持っていない人は作って住宅ローンに備えておくのが良いでしょう!

信用情報を貯めていくのにオススメのクレジットカード

「基礎知識」の関連記事
「利用場所で選ぶ」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧