クレジットカードの決済の仕組みを解説!安心して利用するために知ろう!

クレジットカードの決済の仕組みを解説!安心して利用するために知ろう! 
クレカキング

クレジットカードといえば、いつの間にか手数料が増えて毎月の返済が追いつかない……などといったリスクがあることは有名。しかし、クレジットカードの決済の仕組みをきちんと理解していれば、使いすぎて困ることはまずありません。クレジットカード決済の仕組みを詳しく解説していきます。

クレジットカードの基本的な決済・支払い方法

クレジットカードは現金を持っていなくとも簡単にお買い物ができる便利なカードです。
支払いを方法には大きく分けて一括払い、分割払い、リボルビング払いがあります。一括払いには手数料がかからず、分割払いやリボルビング払いには手数料がかかってきます。

手数料がかからないため、一括払いを多く利用している方も多いかと思われますが、なぜ私達は手数料無料で一括払いを利用できるのでしょうか?

クレジットカード決済の仕組み

クレジットカードは、利用するお店でクレジットカードが利用可能である必要があります。
現金しか利用できないお店では、もちろんクレジットカードは利用できません。

クレジットカード決済が利用可能になるためには、お店側とクレジットカード会社が加盟店契約をしなければなりません。
そして、この加盟店契約によって、お店側はお客様のクレジットカード利用額に応じて手数料を支払う必要があるのです。

お店側が支払う「加盟店手数料」

多くの人がクレジットカードの一括払いを利用したら、クレジットカード会社は儲からないのでは?と思いますよね。
しかし、クレジットカードはカードの利用者から手数料だけでなく、このようにお店から「加盟店手数料」というものを自動的に天引きします。

カード利用者がたとえ一括払いで手数料が無料になっても、クレジットカードを利用されたお店側は、手数料がかかります。

クレジットカード利用可能で嫌がられる理由

このように、クレジットカード決済は、お店側にとっては必ず手数料がかかるため、大きなデメリットになります。
例えば、町の飲食店でクレジットカードを利用しようとすると嫌がられた経験はありませんか?

また、夜のディナー時にはクレジットカードが利用できたのに、ランチタイムになるとクレジットカードが利用できないお店を見つけたことはありませんか?

これは、クレジットカードの加盟店手数料によるデメリットがお店側に大きな負担となっていることが理由となっています。
大企業にとっては加盟店手数料はあまり大きなデメリットではないかもしれませんが、個人のお店や中小企業にとっては大きなデメリットになる可能性があります。

お店にとってクレジットカード決済はデメリットばかりでない

しかし、クレジットカード利用可能と謳うことは、集客効果があるので、デメリットばかりというわけではありません。
例えば、3,000円の買い物をしたい時に、お財布に2,000円しか入っていなかった場合わざわざ銀行やコンビニにお金を下ろしに行くのは面倒ですよね。

クレジットカード決済が可能なお店なら、現金を下ろすこと無くすぐに買い物ができるため、クレジットカード決済の集客効果はとても大きいと言えます。

クレジットカードの決済方法は利用者にとって便利なもの

クレジットカードの決済の仕組みは理解できましたか?
利用者にとっては、毎日の暮らしを便利にしてくれるクレジットカードですが、実はお店側に「加盟店手数料」という負担がかかっていたんですね。
しかし、利用者にとっては、一括払いであれば手数料がかかることは無い仕組みをしっかりと理解できたかと思います。

一括払いであれば、クレジットカード会社側から不当に手数料が請求されることは無いので、安心してクレジットカードを作りましょう。
不安な方は、明細を細かくチェックしたり、家計簿などを付けるなどして計画的に利用しましょう。

決済方法を知ってお得なクレジットカードに申込

「支払い方法に関する情報」の関連記事
「基礎知識」の関連記事