海外で使えるクレジットカードのブランドの種類と特徴

海外で使えるクレジットカードのブランドの種類と特徴 
クレカキング

日本で発行しているクレジットカードは、世界的に利用できる国際ブランドがほとんどです。多くの場合、カードの右下にブランドマークが付いています。世界的なクレジットカードの主要ブランドは5種類あります。それぞれの特徴について解説していきます。

世界で使えるクレジットカードのブランド

世界で使えるクレジットカードの国際ブランドは、以下の通り5種類あります。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

どのブランドも世界的に利用できるブランドですが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか?

世界シェアトップの『VISA』

上記の5つのブランドの内、最も加盟店(VISAブランドのカードを支払いに使えるお店)のシェア数が多いブランドがVISAとなります。
海外旅行や海外出張を頻繁にする方は、VISAブランドのクレジットカードを1枚持っておけば心強いでしょう。

日本国内でも、クレジットカード決済が可能なお店はほとんどVISAを使うことができます。
国内海外問わず利用できるお店が非常に多いので、初めてのクレジットカードにもおすすめです。

世界シェア第2位の『MasterCard』

VISAと同様、国内外の加盟店が非常に多いので、初めての1枚に非常におすすめです。
海外旅行に頻繁に行く方は、VISAとMasterCard1枚ずつ持っておけば怖いものなしといったところです。
VISAとMasterCardを1枚ずつ持っておけば、クレジットカード決済のできるお店の決済で困ることはまず無いでしょう。

日本初の国際ブランド『JCB』

VISAもMasterCardもアメリカ発のブランドですが、JCBは日本初のブランドです。
日本のブランドですが、世界で利用することができる国際ブランドなので、日本はもちろん海外での利用が可能です。

日本国内のみの利用の場合はJCBブランドのカードを持って困ることはまず無いでしょう。
ただし、やはり日本発のブランドのため海外での加盟店はVISAやMasterCardに比べて少ないです。
海外旅行によく行く方は、JCBよりもVISAやMasterCardのクレジットカードを用意しておくことをおすすめします。

日本より海外で使いやすい『American Express』

旅行やエンターテイメントのサービスが充実した富裕層向けのブランドです。
通常のクレジットカードとしての役割はもちろん、American Express特有の様々な特典を受けることができます。

例えば、一般発売よりも前に優先的にイベントチケットを購入することができたり、国内外の食事やショッピングが割引になる特典を受けられます。

ただし、加盟店が少ないのでAmerican Express1枚だけでは不便に感じる可能性があります。
しかし、日本ではJCBと提携しているので、JCB加盟店で利用が可能です。

国内外共に少数派の『Diners Club』

American Expressと同じように、旅行やエンターテイメントの様々なサービス特典が付いており、JCB加盟店で利用できるブランドです。
世界で約600ヶ所の空港ラウンジを利用できる特典も付いており、よく飛行機で移動する方におすすめです。
American Expressと同様富裕層向けのステータスの高いカードとなっています。

クレジットカードの使える所にはそれぞれ特徴がある

このように、各クレジットカードのブランドにはそれぞれ特徴があります。
日本国内だけで利用する場合はJCBのクレジットカードを持っていれば間違い無いでしょう。

しかし、海外旅行が好きな方や、これから海外に行く機会がある方は、VISAやMasterCardのカードを用意しておくことをおすすめします。
VISAとMasterCard、JCBのそれぞれ1枚ずつ用意しておけば完璧でしょう。

海外旅行保険もアリ!海外で使えるクレジットカードはコレ

「マスターカード」の関連記事
「利用場所で選ぶ」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧