クレジットカードの番号は第三者に知られるとマズい?

クレジットカードの番号は第三者に知られるとマズい? 
クレカキング

ネットショッピングなどでクレジットカードを利用する際、クレジットカード番号の入力を求められますよね。 この番号、第三者に知られるとどのようなリスクがあるのでしょうか?クレジットカードの番号について詳しく解説していきます。

第三者にはクレジットカード番号を教えてはいけない

クレジットカードの表面には、クレジットカード番号が記入されています。
この番号ですが、カードの表面に堂々と記入されているので、第三者に知られたら危険なのではないかと心配になったことはありませんか?

特に、ネットショッピングではクレジットカード番号と名前、クレジットカードの有効期限、カードの裏面に記入されているセキュリティコードがわかってしまえば簡単に不正利用することができてしまいます。
そのため、クレジットカード番号は、第三者に教えないように気をつけましょう。

クレジットカードを紛失したらすぐに連絡を

ネットショッピングであれば、カードさえあれば不正利用ができてしまう可能性があります。
そのため、上記のようにクレジットカード番号を第三者に教えることはもちろん、クレジットカードを紛失した時は、すみやかにクレジットカード会社に連絡し不正利用を防止する必要があります。
身に覚えの無い請求があった場合はすぐにクレジットカード会社に連絡しましょう。

お店の人にクレジットカード番号を知られたら?

リアル店舗でクレジットカードで支払いをする際は、ほとんどの場合お店の人にクレジットカードを渡す必要があります。
百貨店などでは一旦カード利用者から離れて奥のレジに店員さんがクレジットカードを持っていってしまう場合もあり、不安になってしまう方も多いかと思われます。

しかし、基本的に店員さんにクレジットカード番号を知られることは問題ありません。
万が一店員さんがあなたのクレジットカードを悪用した場合は、クレジットカード会社が補償してくれます

クレジットカードの不正利用を防止するためには

クレジットカードを利用している限り、不正利用のリスクは0にすることはできません。
しかし、最近ではセキュリティも昔より大分向上してきています。

また、利用者が不正利用に気が付いたら、盗難保険が適用されるので、基本的に損をすることはありません。
ただし、不正利用の発覚からあまりにも日にちが経ちすぎていたり、カードの裏面に署名を書かないなどの利用者にセキュリティ上の過失があった場合は保険が適用され無い場合があります。

クレジットカード不正利用の被害を無くすには

残念ながら、絶対にクレジットカードの不正利用に合わない方法というものはありません。
しかし、不正利用に早く気がつけば、金額的な被害を0にすることができます。
クレジットカードの不正利用の被害を無くす最も簡単な方法は、日々の明細チェックです。

今では郵送でなくクレジットカード会社のウェブサイトで明細をリアルタイムでチェックすることができます。
日頃から明細チェックを怠らず、心当たりの無い利用明細があったら、すぐにカード会社に問い合わせをしましょう。
また、冒頭で説明した通り、カード利用者本人がカード番号を第三者に教えることは不正利用の原因となり大変危険です。

カード番号は本当に大切なので要注意!

クレジットカードの番号は、店員さんに知られてしまうことは仕方ないですが、安易にカード番号を他人に教えないように注意しましょう。
もしカード自体を紛失した場合は、番号を元に不正利用される危険性があるのですぐにカード会社に連絡をしましょう。

日頃から利用明細をチェックしていれば、すぐに不正利用に気付けるので、クレジットカード番号の流出による不正利用があった場合でもすぐにクレジットカード会社側から補償してもらえます。
落ち着いて対処しましょう。

クレジット番号の不正利用に強いクレジットカード!

「紛失・盗難」の関連記事
「トラブルの対処」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧