クレジットカードで電車に乗る!鉄道系カードが便利

クレジットカードで電車に乗る!鉄道系カードが便利 
クレカキング

クレジットカードと言えば買い物や通販、飲食店での支払いを行うイメージが強いですが、クレジットカードを使って電車に乗ることもできます。 交通系ICカード機能の付いたクレジットカードなら、電車も日々の細かい支払いも楽々です。

便利な交通系ICカード機能付きクレジットカード

電車やバスに乗る時は、切符を現金で購入するよりも、SuicaカードやPASMOの交通系ICカードに現金をチャージする方法が楽ですよね。

そして、この交通系ICカードよりもさらに便利なのが、交通系ICカード機能付きのクレジットカード。
2枚の機能が1枚になっているのでお財布の中がスッキリすることはもちろん、オートチャージを設定すれば、わざわざ現金をチャージする必要も無く非常に便利です。

交通系ICカード機能付きクレジットカードの種類

交通系ICカード機能付きのクレジットカードには、以下のような種類があります。

  • ビューカード/Suica
  • TOBU/PASMO
  • KIPS/PiTaPa

交通系ICカードのオートチャージとは?

通常のSuicaカードやPASMOは、カードの中の残高が少なくなったら毎回現金をチャージする必要があります。

しかし、オートチャージ機能の付いたクレジットカードでは、オートチャージ設定をしておくだけで、改札を通る際に残高が少なくなると自動で設定した金額がカードにチャージされることになります。
このオートチャージを使えるのは、交通系ICカード機能の付いた鉄道系クレジットカードのみです。

電車もクレジットカードでお得に

基本的に、ICカードに現金でチャージをする場合、ポイントが付くことはありません。
しかし、オートチャージを利用するということは、クレジットカードから自動的に利用金額が請求されるということになります。

この方法でしたら、クレジットカードを経由して電車の切符を購入したということになり、クレジットカードのポイントが付きます。
カードによっては、オートチャージによるポイント還元率が高く設定されていることもあります。

定期券をクレジットカードでの購入する時もお得

また、定期券の購入も、現金で購入するよりもお得になります。
定期券は、VISA、JCB、MasterCardのブランドマークが付いたクレジットカードでも購入することが可能になりました。
全ての鉄道でクレジットカードを使った決済が出来るわけではないので注意が必要です。

定期券の購入は高額なことが多いので、ポイントが溜まりやすいのが魅力的です。
クレジットカードの中でも、やはり交通系クレジットカードの方がポイント還元率が高いのでお得になります。

1枚持っておいて損は無い交通系クレジットカード

交通系クレジットカードでなくても、SuicaカードやPASMO機能の付いたクレジットカードは多く発行されています。
しかし、やはり電車やバス、地下鉄に良く乗る方は、オートチャージ機能付き交通系クレジットカードは1枚持っておいて損はありません。

ポイントが溜まりやすいのはもちろん、チャージする手間も省け、コンビニや自動販売機での電子マネー支払いに使えるので、小銭を持ち歩く必要がなくとても便利です。
カードの枚数を減らすこともできる点も大きな魅力です。

電車はクレジットカードと電子マネーを使い分けで快適に!

電車に乗ろうとした時に、Suicaに残高も無く手持ちの現金も少ない場合は焦ってしまいますよね。
JRの場合、クレジットカードで切符を購入することも可能ですが、操作手順が多かったり、そもそもクレジットカードでSuicaにチャージしたい場合はJRが発行するビューカードでなくてはチャージができません。

毎日の生活が一気に便利になる交通系クレジットカードは、電車移動が多い方はもちろん、たまに電車に乗る方にも十分おすすめできるクレジットカードです。

他にもポイントで得するクレジットカード

「Suica」の関連記事
「利用場所で選ぶ」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧