高速道路でクレジットカードを利用する方法とメリット

高速道路でクレジットカードを利用する方法とメリット 
クレカキング

高速道路の料金所では、現金しか使えないと思い込んでいませんか?実は、料金所では現金だけでなく、クレジットカードでの支払いが可能です。 全国の主要な高速道路で利用することができます。 しかし、高速道路でクレジットカードを利用する場合、いくつか注意点があります。

高速道路で利用できるクレジットカード

高速道路で利用できるクレジットカードのブランドは、以下の通りです。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • NICOS
  • Diners

基本的に、日本で発行されたクレジットカードなら問題なく利用できるでしょう。

高速道路でのクレジットカードの利用方法

高速道路でのクレジットカードの利用方法はとても簡単です。
通行券とクレジットカードを同時に渡すだけです。
現金と同じように決済が可能です。
ただし、現金と一緒に使ったり、分割払いをすることは不可なので、注意しましょう。

また、クレジットカードの名義人が一緒に乗車していなければ、カードを利用することはできません。
必ずクレジットカードの所有者が使うようにしましょう。
また、領収書を発行することはできませんので注意が必要です。

サインが不要で利用できる

高速道路でのクレジットカード支払いは、サイン不要で利用できます。
サインが面倒だから現金で支払いをしていた…という方は、是非クレジットカード支払いにチャレンジしてみましょう。
暗証番号を入力する必要はなく、とてもスピーディーに決済をすることができます。
現金払いよりも圧倒的に早く簡単に支払いを終えることができるので、感動すること間違いなしです。

ETCカードの最大のメリットは、高速料金の大幅割引!

ETCにはETC割引とETCマイレージサービスがあり、高速料金の割引を受けることができます。
ETC割引は申請する必要もなく対象となる利用は自動的に割引になります。

●深夜割引(0時から4時までの利用)
約30%
●平日朝夕割引(朝6時から9時と17時から20時)
月間5回から9日の利用:約30%割引
月間10回以上の利用:約50%

上記の割引は大都市部と地方部で違いがあるので、よく利用する区間の割引はチェックしておきましょう。

ETCマイレージサービスはETCカードの利用金額に対してポイントが付き、貯まったポイントを高速料金に還元できるサービスです。
ETC割引と違って無料登録が必要なので、必ず利用前に登録しておきましょう。

▶ETCマイレージサービスの登録はこちら

高速道路会社によってポイントの付き方が違いますが、ほとんどの高速道路会社は10円または100円につき1ポイント付与が基本です。
10円で1ポイント貯まる高速道路会社の還元率は次のとおりです。

  • 1,000ポイント→500円分(還元率5%)
  • 3,000ポイント→2,500円分(還元率8.3%)
  • 5,000ポイント→5,000円分(還元率10%)

上記のように高還元率となる上に、ほとんどのクレジットカード会社ではETC利用でもクレジットカードのポイントが付きます。
さらに平日朝夕割引も対象となるので、三重にお得なサービスです。

ETCカードの種類

ETCカードには、ETC専用のカードもしくはクレジットカードと一体になったETCカードがあります。
なるべく持ち物を減らしたい方にとってはクレジットカードと一体のETCカードがおすすめですが、車に挿し忘れたりすることを考えると、ETC専用のカードの方が防犯上おすすめです。

ETC専用のカードは、ETC以外で利用することができません。
万が一盗まれたとしても、使い道が少ないことは不正利用の防止にもなります。

万が一のことを考えて

ETC専用カードにしていても、万が一盗まれる可能性があります。
なにかあった時に備え、ETC専用カードであっても、必ずカードはETC車載器から抜いておきましょう。

カードはプラスチックでできているので、車内の高温や低温で変形してしまい、ETC車載器が故障してしまう原因にもなります。
様々なトラブルを避けるためにも、ETCカードは常に持ち歩いておきましょう。

もっと便利に利用したいなら、やっぱりETC

もっと便利に高速道路を利用したいなら、やっぱりETCに敵う決済方法は今のところありません。
ETCを利用するには、ETCカードを作る必要があります。
ETCカードは、クレジットカードを作ることができなければ発行することができません。

そのため、クレジットカードを持っていない人は、まずはクレジットカードを作る必要があります。
クレジットカードによっては、ETCカードの発行や年会費がかかる場合がありますが、無料で発行、利用できるクレジットカードもあります。

ETCカードの審査

ETCカードに申込んだ場合にも審査がありますが、クレジットカードと同時に申込した場合と追加で申込した場合では大きな違いがあります。

クレジットカードを申込と同時にETCカードも申込む場合は、新規のクレジットカード審査と同じ審査となります。
ETCの同時申込で審査が不利になることはありません。

クレジットカードの新規申込の審査は、返済能力や他社の利用状況など細かくチェックされますが、すでにクレジットカードを正常に利用している場合は、延滞や未払いがない限りETCカードは追加発行されます。
すでに新規申し込み時の審査を通過しているので、正常に利用している限りはETCカード追加で利用枠が増えるわけでもないので審査通過の可能性は高いのです。

万一クレジットカードの審査を通過しなかった場合は、高速道路会社が発行する「ETCパーソナルカード」は審査なしで作ることができます。
ただしデポジットと呼ばれる保証金の支払いが必要で、保証金を担保として口座引落で利用することができます。

デポジットはあくまで保証金であって、プリペイドカードのような前払いではありません。
そのためデポジットは高速料金の支払いに使うことはできません。

ETCカードを使って、早速クレジット決済!

今まで料金所で現金払いをしてきた方は、是非クレジットカードでの支払いにチャレンジしてみてください。
自身の決済が簡単でスピーディーになることはもちろん、渋滞解消にも大きく貢献することでしょう。

しかし、やはりETCカードの便利さには敵いません。
ETC車載器は、安いものですと5,000円程度で購入することができます。
高速道路をよく利用するという方は、ETCカードを作ることをおすすめします。

高速道路をよく使う人に最適なクレジットカード

「高速道路」の関連記事
「利用場所で選ぶ」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧