公務員がクレジットカードを申し込む場合の注意点とおすすめのカード

公務員がクレジットカードを申し込む場合の注意点とおすすめのカード 
クレカキング

公務員は、アルバイトやパート、個人事業主の方と比べると社会的信用が高いのでクレジットカードが作りやすいと言われることがあります。 しかし、実際には公務員の方であってもクレジットカード審査に落ちることはあります。 公務員の方でも、クレジットカード選びや書類の記入は慎重に行いましょう。

公務員はクレジットカードの審査に通りやすい?

公務員は、やはり社会的信用が高いので、クレジットカードの審査には通りやすいと言われています。
民間企業に努めている場合やアルバイト、パートなどの場合、リストラなどのリスクがあります。

それらに比べ、業績や景気に関係なく安定している公務員は、クレジットカードの審査に通りやすいと考えられています。

公務員がクレジットカードの審査に通りやすいケース

公務員の中には、期間限定で働く任期付職員のような方もいます。
そのため、任期付職員の場合はクレジットカードの審査に不利になる場合があります。
そのため、クレジットカードの審査が通りやすくなるには、勤続年数も関わってきます。

勤続年数が半年月以上なら、審査に通りやすいと言えます。
勤続年数が長ければ長いほど、有利になると考えて良いでしょう。
公務員になってすぐにクレジットカードを申し込みするよりも、数カ月待ってから申込をすることをオススメします。

公務員でもクレジットカードの審査に落ちる場合

全ての公務員の方がどんなクレジットカードの審査にも通るというわけではありません。
公務員の方でも、クレジットカードの審査に落ちる場合があります。
公務員でもクレジットカードの審査に落ちる場合は、以下のようなケースが考えられています。

  • 消費者金融から借りている多額の借金がある
  • 今までクレジットカードの未払いをしたことがある
  • クレジットカードを異常な枚数発行している
  • クレジットカードを発行するために必要な条件が合わない

審査の際に最も重要視されるものは「信用」

公務員であれば、審査の際に属性による影響はほとんど無いと言われています。
クレジットカード会社が審査の際に最も重要視するポイントは、「安定してカードの利用代金を支払えるかどうか」です。公務員は国や地方自治体に勤めているわけなので、どの職業よりも安定感は抜群です。

しかし、多額の借金があったり、ローンの未払いなどでブラックリストに載ってしまっては、たとえ公務員であってもクレジットカード会社側からすると、信用が足りないと思われてしまいます。

公務員のクレジットカードの選び方

基本的に、公務員の方も自分のライフスタイルに合わせてクレジットカードを選ぶのがおすすめです。
初めての方は、年会費無料のクレジットカードから申し込んでみるのが失敗が無くおすすめです。

楽天カードなどは、ポイントの還元率も高く、年会費が永年無料なので初心者におすすめです。
よく行くスーパーのポイントが溜まりやすいクレジットカードや、電車で通勤する場合はオートチャージ機能付きビューカードなんかもおすすめです。
他にも、公務員であれば銀行系列の三井住友VISAカードや三菱UFJニコスなどのカードも作りやすいのでオススメです!

クレジットカードの申し込みをする上での注意点

公務員の方は、民間企業に勤めている方やフリーランスの方と違い、クレジットカードを発行することが簡単ですが、申し込みの際に記入漏れや虚偽の事実を記入すると、審査に通りづらくなります。
以下の項目を記入する際は特に気をつけて、正確に記入しましょう。

  • 勤務先(〇〇市役所など)
  • 勤続年数
  • 電話番号
  • 勤務形態

もちろん、他の点も審査に影響があるので、全ての記入欄の内容を最後に見直すことは大切です。

勤続年数が浅いうちは数ヶ月待ってから

公務員の方だからといって、必ずしも全てのクレジットカードの審査に通るというわけではありません。
多額の借金のある方やブラックリストに載ってしまった方は、残念ながらクレジットカードを作りにくい現状です。まずは借金やローンを確実に返済することを優先しましょう。

公務員になったばかりの方は、勤続年数が足りなくて審査に落とされてしまう可能性があります。確実にクレジットカードを作りたい場合、まずは数ヶ月待ってからの方が有利です。

公務員の人にオススメのクレジットカードを厳選!

「公務員」の関連記事
「職種別クレジットカード情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧