クレジットカードでの国税納付がH29年1月4日からスタート

 
クレカキング

クレジットカードを使った国税納付が平成29年1月4日からインターネットの受付をスタートします。 これによって、影響を受けるのはどんな人なのでしょうか? クレジットカードを使った国税納付について確認していきましょう。

国税納付は1月4日からクレジットカードに対応

トヨタファイナンス株式会社(本社:東京都、社長:宇野 充)は、国税庁より納付受託者の指定を受け、GMOペイメントゲートウェイ株式会社(本社:東京都、社長:相浦 一成)との提携により、パソコンやスマートフォン等によるインターネットを利用した国税のクレジットカードによる納付の取り扱いを平成29年1月4日より開始いたします。国税を対象とするクレジットカード納付は、初めての取り組みとなります。

国税納付は1月4日からクレジットカードに対応
JIJI.com

来年1月4日から国税納付をインターネットからの受付から行えるようになります。
今までもコンビニ払いや口座振替などで支払う方法がありましたが、クレジットカードを直接使う納付方法は初めてとなります。

特にクレジットカード納付に関して『ポイント』という点でかなり大きな利点があるので、見逃す手はありません。

nanacoカードにチャージで支払がポイントゲットの唯一の方法だった

今現在でもそうですが、nanacoカードにチャージをして公共料金、税金を支払うことが唯一の方法だったのですが、これを機に国税関係でポイントをゲット出来るクレジットカードが増えます。

nanacoカードにチャージをすることが出来ても、ポイントが貰えないクレジットカードも多くあり『一部のポイントしか付かずに使い道がわからない』となっていたのを解消できます。
また、カードが分散せずに済むので管理も楽になりますね!

クレジットカードで支払えるようになる国税は何がある?

クレジットカードで支払えるようになる国税は何がある?
国税庁
※PDFデータ。スマホの通信容量にご注意ください
個人や事業者の納税内容が様々入り混じっているので、一般の人が関係してくる納税範囲をピックアップしてみます。

  • 相続税
  • 贈与税
  • 申告所得税
  • 自動車重量税

実際に多くの人が関係してくるのはこのあたりの税金。
特に自動車重量税はある程度まとまって支払うので、便利になったと考えられますね。
相続税や贈与税に関しても、多くの人が関わることになる税金なので、クレジットカードで支払えるようになった事は大きな利点だと考えられます。

事業者はもっと多くの国税が支払える

今回の国税をクレジットカードで支払が出来るようになったのは、事業者にとって大きな得があります。
特に『法人税』『消費税』と言った、固定費の支払も出来るようになるので、大きな利点だと言えるでしょう。

個人事業主や中小企業の経理役職の方は、開始されてから利用していきたい内容ですね!

国税のクレジットカード払いで注意するべき点

国税のクレジットカードで払いでの注意するべき点も幾つかご紹介します。

1件、1万円ごとに76円の決済手数料がかかる

今回、GMOペイメントゲートウェイが国の業務委託を受けてクレジットカード決済が可能になりました。
そのため、企業へのマージンとして1件につき76円+税、1万円を超えるごとに76円+税の支払が必要になります。

高額の支払をする場合は、クレジットカードでのポイント還元率と76円+税の金額を比べてみてから利用するのがお得です。
特に企業の場合は経費負担を減らすいい機会になりますね。
もちろん個人の人でも、同じく税金でお得になるかがこれで決まります。

使える国際ブランドは5種類

『Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club』
この5種類の国際ブランドが利用できます。

日本ではあまり使われないので気にする必要はありませんが、銀聯カードやディスカバーカードは利用できないようです。

Q&Aを見るとTSキュービックカードも表記されていますが、国際ブランドではなく国内ブランドなので、あまり気にする必要はありません。

※今後TSキュービックカードでサービスが補填される可能性もありますが、国税関係なので期待薄

納付手続きの取り消しがサイト上で出来ないので要注意

クレジットカードで国税を支払った際に、取り消しが出来ないので面倒な手続きが増えてしまいます。
納付手続きの際にミスを内容にしましょう。

還元率1%以上のクレジットカードならお得な国税納付

還元率が1%以上のクレジットカードを使えばお得に利用できるのが、今回の国税納付です。
1万円につき76円+税。と言うことは82円が手数料として支払になります。
つまり、1%以上のカードであれば100円以上お得になるので、その差分で18円お得になります。

18円と聞くと、なんだか微妙な数字に聞こえますが、個人事業主や中小企業の国税の支払でポイントが付くようになれば、経費管理の上でかなりお得になると考えられます。
特に税金を払ったポイントで福利厚生などに役立てれるのであれば、これに越したことはありませんね。

個人の人ももちろん、塵も積もれば山となる、と言った考え方で18円をバカにせずに貯めていければいいですね!
個人で持てるクレジットカードの場合は、1%を超える還元率のものも多いので、もっとお得に利用することが出来ます!

クレジットカードを持っていない人や、法人カードを作っていない事業者がクレジットカードを作るなら今がチャンスかもしれません!

国税を払って得をする。高還元率のクレジットカード!

「ポイント」の関連記事
「ニュース・その他」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧