会社員におすすめのクレジットカードや作成時の注意点

会社員におすすめのクレジットカードや作成時の注意点 
クレカキング

フリーターや自営業の方と比べ、クレジットカードが作りやすいと言われている公務員や会社員。 しかし、やはり審査の前に事前にチェックしておくと、よりクレジットカードが作りやすくなるでしょう。 審査の前に注意すべきポイントや、会社員におすすめのクレジットカードをご紹介します。

審査前に注意すべきポイントとは?

会社員だからといって、どんなクレジットカードでも簡単に審査に通るというわけではありません。できるだけカードの審査に通りやすくするために、まずは申し込みを行う前に、以下のような項目をチェックしてみてください。

  • 勤続年数が足りているかチェック
  • 同時に複数のクレジットカードに申し込まない
  • 今までクレジットカードやローンを利用したことがあるかどうか確認

審査に通りやすい勤続年数とは?

クレジットカードの審査で重要視されるのは、「勤続年数」です。
欲しいクレジットカードがある場合は、入社してからすぐに申し込みをするのではなく、数ヶ月経ってから申し込みをした方がより確実に審査に通りやすいでしょう。

複数のクレジットカードを申し込むことは危険

晴れて会社員になったからといって、同時に複数のクレジットカードを申し込もうとしていませんか?
同時に複数のクレジットカードを申し込もうとする場合、クレジットカード会社側からすると申込者はお金に困っている人だと思われてしまいます。
クレジットカード会社は各社情報を共有しているため、あなたがどのクレジットカードを申し込み中かはすぐにバレてしまいます。
どうしても複数のクレジットカードが欲しい場合でも、申し込むクレジットカードは2枚以下に押さえておきましょう。

クレジットカードやローンを利用したことが無い方は要注意

今までクレジットカードやローンなどを利用したことが無い方は、クレジットカード会社側からすると、逆に信用が無いと思われてしまいます。
30歳までクレジットカードを使ったことがないと信用度が逆に低くなるのです。
新社会人などはクレジットカード利用等が無くても問題無いですが、30歳以降だと、少しでもクレジットカードやローンを利用してきちんと返済をした記録がある方の方が、信用されやすくなります。

今までカードやローンを利用したことが無い方は、クレジットカードを申し込む前に、まずは携帯代金を分割払いに設定し、月々確実に返済していくなどして信用を積み重ねて行くことをおすすめします。
ただし、クレジットカードやローンでの支払い滞納があった場合逆に信用が悪くなるので要注意です。

会社員には銀行系と交通・航空系クレジットカードがおすすめ

会社員の方におすすめなのが、審査が厳しいと言われている銀行系クレジットカードです。
将来的に銀行系クレジットカードを持っていると、住宅ローンなどが通りやすくなりと言われています。
また、銀行のキャッシュカードと一体型となっていることが多く、お給料の振込先の銀行でカードを発行すれば、お財布のスリム化も可能です。

また、海外旅行によく行く方や、海外出張が多い方は、航空会社系のクレジットカードを作っておけば、マイルが貯まりやすくなるのでおすすめ。
電車通勤をしている方なら、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネー機能付きクレジットカードが便利でおすすめです。
通勤や電子マネー決済ですぐにポイントが貯まります。駅の自動販売機での支払いも小銭が必要無いので非常にスムーズです。

オートチャージ機能がより便利

交通系電子マネー機能付きクレジットカードの中でも、オートチャージ機能の付いたクレジットカードが特におすすめです。
カードの電子マネー残高が少なくなっても自分でチャージする必要がほとんど無く、改札を通るだけで自動的にチャージされるので非常に便利です。

自分にとってお得になるクレジットカードを見つけよう

会社員の方は比較的クレジットカードが作りやすい属性ですが、万が一のために勤続年数やクレジット履歴、を確認し、同時に複数のクレジットカードを申し込むことは避けましょう。
会社員の方は、審査が厳しい銀行系のクレジットカードやマイルが貯まりやすい航空会社系クレジットカード、交通系電子マネー機能付きクレジットカードがおすすめです。
これらのクレジットカードの中でもポイントの貯まりやすさなど各クレジットカードで大きく異なります。
自分のライフスタイルをよく把握して、お得になるクレジットカードを見つけましょう。

会社員におすすめの交通系クレジットカード

「会社員」の関連記事
「職種別クレジットカード情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧