海外旅行保険はクレジットカードで十分な補償を受けれる

海外旅行保険はクレジットカードで十分な補償を受けれる 
クレカキング

海外で盗難や怪我、病気になった場合に心強いのが海外旅行保険。万が一のために飛行機に乗る前に空港で保険に加入する方も多いのではないでしょうか?
しかし、現在では多くのクレジットカードに海外旅行保険が付いているため、わざわざお金を出して保険会社の海外旅行保険に入らなくても安心して海外へ行くことができます。

クレジットカードの海外旅行保険の種類

海外旅行保険は、各クレジットカードによって大きく異なってきますが、以下のような種類があります。

・傷害死亡(しょうがいしぼう)
旅行先で怪我をした場合に補償される保険
・傷害後遺障害(そんがいこういしょうがい)
旅行先で負った怪我が原因で後遺症が発生した場合に補償される保険
・傷害治療費用(しょうがいちりょうひよう)
旅行中の主にケガの治療にかかる費用を負担
・疾病治療費用(しっぺいちりょうひよう)
旅行先で病気になった場合に治療費用を補償してくれる保険
・賠償責任(ばいしょうせきにん)
旅行先でものを壊してしまった、怪我をさせてしまった場合の賠償責任を補償してくれる保険
・救援者費用(きゅうえんしゃひよう)
旅行先で遭難や行方不明になった場合の捜査費用などに適応される費用
・携行品傷害
旅行先に持っていったカメラやバッグなどの携行品が壊してしまった場合に補償してくれる保険

保険会社の保険と内容はどう違うの?

保険会社の保険とクレジットカードの保険の具体的な違いについてまとめてみました。

保険会社 クレジットカード保険
費用 有料 基本無料
適用日数 選択可能 90日間or60日間
治療費の立て替え 不要 必要(一部カードでは不要)(
疾病死亡 対応 非対応

長期滞在ではなく通常の海外旅行では、クレジットカードの海外旅行保険の適用日数でほとんど対応できます。
費用も無料のカードが多いので、負担をかけずにある程度の補償を受けれるのが魅力です。

「利用付帯」の海外旅行保険は少し注意が必要!

クレジットカードの海外旅行保険には、「自動付帯」と「利用付帯」という付帯の種類があります。

海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードを旅行先に持っていけば、自動で海外旅行保険が付いてきます。
しかし、利用付帯のクレジットカードは、事前に旅行代金をクレジットカードで支払わなければならないなど、なんらかの条件を満たすことで保険が付帯になります。
例えば、旅行代金をカード支払いにしなければ適用されない利用付帯のクレジットカードの場合、単に海外にカードを持っていくだけでは保険は適用になりません。

自動付帯を1枚持っていれば安心

自動付帯か利用付帯かは、各クレジットカードによって異なってきます。
格安航空券など、銀行振込でしか支払いができないケースも多いです。また、旅行代金が高額すぎるのでクレジットカードが使えず、銀行振込にしなければならない場合もあるでしょう。
そのため、利用付帯のクレジットカードを持っていても、せっかくの保険が適用されないことになる可能性は高いです。

海外旅行が多い方でクレジットカード選びで迷ったら、「自動付帯」の海外旅行保険が付いているものを1枚持っていれば安心でしょう。

クレジットカードに海外旅行保険が付いていることを知らずに、今まで旅行保険に入っていた方はちょっと悔しいですよね。
今一度自分の持っているクレジットカードには、どんな海外旅行保険が付帯しているのか確認してみましょう。
これから海外旅行のためにクレジットカードの発行を考えている方は、それぞれの補償内容をよく確認し、できれば「利用付帯」ではなく「自動付帯」のクレジットカードを選んでみましょう。

自動付帯のおすすめクレジットカード

「海外保険」の関連記事
「クレジットカード保険情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧