クレジットカードは無くしても、紛失・盗難保険があるから安心!

クレジットカードは無くしても、紛失・盗難保険があるから安心! 
クレカキング

クレジットカード初心者の方には、紛失・盗難に遭ったら大変なので、なるべく持ち歩いて使わないようにしている…という方も多いでしょう。
しかし、ほとんどのクレジットカードには盗難保険が付いているので、紛失・盗難に遭っても安心です。
もしもの時に備えて、盗難保険が適用される具体例など詳しくみていきましょう。

クレジットカードの「盗難保険」とは?

盗難保険は、クレジットカードを紛失してしまった時や盗難に遭って第三者に不正利用された場合に出た損失を、クレジットカード側が補償してくれる保険のことです。
基本的に盗難保険では全額補償してくれるので、安心して普段からクレジットカードを持ち歩き利用することができます。
盗難保険は、「紛失・盗難保険」と呼ばれることもあります。また、盗難紛失の場合でも基本的に紛失の場合も補償してくれます。

盗難保険は、ほとんどのクレジットカードについている!

盗難保険は、年会費のかかるゴールドカードやブラックカードだけでなく、取得しやすい年会費無料のクレジットカードにももれなく付いています。
日本で発行されているクレジットカードに盗難保険が付いていないカードは基本的に無いと言って良いでしょう。
メジャーなクレジットカードには基本的に搭載されています。

盗難保険に入るためには?

盗難保険はクレジットカードに自動付帯されているものなので、新たな手続きは必要なく、発行発行されたその日から適用されます。
また、この盗難保険には入会費や年会費もかかりません。

盗難保険による補償の具体例

実際、クレジットカード会社はどのように損失を補償してくれるのでしょうか?

例えば、盗難に遭い、運悪くクレジットカードを不正利用されてしまいました。
カードの不正利用額は30万円だったとしましょう。クレジットカードが危ないと考えている方の中には、この被害の30万円分をカード名義人が支払わなければならないと思っている方もいますが、実際は盗難保険が適用となるので、全額の30万円分が保険から支払われることとなります。

そのため、カード名義人の損失額は0円です。
基本的に、盗難保険では損失を100%負担してもらえます。

クレジットカードの盗難保険が適用される具体例は、以下の通りです。

  • 紛失した
  • 盗難被害に遭った
  • 個人情報の漏洩でカード情報が不正に入手された
  • フィッシングによってカード情報が不正に入手された
  • スキミングによってカード情報が不正に入手された
  • お店の店員にクレジットカード情報を盗まれた

※クレジットカードの裏面に署名を忘れていたり、家族や友人に自分からクレジットカードを貸したのであれば、カード名義人に落ち度があったとして盗難保険が適用にならないので注意しましょう。

クレジットカードの不正に気が付いたら

不正利用から60日以内にクレジットカード会社に連絡をすれば、盗難保険によって被害額は補償されます。
不正利用に気が付いたら、まずはクレジットカード会社に連絡をしましょう。
また、警察にも被害届を提出し、その証明である盗難届証明書をもらっておきましょう。
この書類は、盗難保険の適用に際に必要となります。

クレジットカードの利用はとても安心

このように、クレジットカードは基本的に紛失・盗難保険が自動的についてくるので、安心してクレジットカードを利用することができます。
むしろ、現金を盗難に遭った場合は誰にもその損失をカバーしてくれないので、現金よりもクレジットカードを持ち歩く方が安全性が高いと言えます。

総合的に人気のクレジットカード

「紛失・盗難」の関連記事
「トラブルの対処」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧