クレジットカードの解約方法は意外に簡単!

クレジットカードの解約方法は意外に簡単! 
クレカキング

クレジットカードは、一度申込みすると解約するときにとても大変なのではないかと考えている人も多いですが、実はクレジットカードの解約はとても簡単です。
クレジットカードの解約方法について詳しく解説していきます。

クレジットカードの解約は非常に簡単!

解約時が面倒だからという理由でクレジットカードを作らないのは非常にもったいないです。クレジットカードの解約はたった数分で完了します。
不要なクレジットカードを解約して、今のライフスタイルに遭ったクレジットカードを契約すればお財布の中もスッキリで一石二鳥です。

クレジットカードの解約方法

では、具体的なクレジットカードの解約手順について説明していきます。

  1. クレジットカードの裏面に記載されている電話番号に電話をする
  2. 解約したい旨を伝える
  3. 指示通り本人確認操作を行い、解約が完了(多くはプッシュでクレジットカード番号などを入力)

解約をするためには、特別な書類を送付したりする必要はなく、電話一本だけで完了できます。
解約手数料がかかるクレジットカードもありますが、ほとんどのクレジットカードには解約手数料はかかりません。
無料で簡単、すぐに解約することができます。

クレジットカード解約前に注意するポイント

クレジットカードは簡単に解約できるからといって、何も考えずに解約してしまうことは避けましょう。
クレジットカード解約前に、注意するべきポイントについてまとめてみました。
実際に解約手続きをする前に、以下のポイントについて確認をしましょう。

解約前にポイントの残高を確認

クレジットカードを解約する前には、ポイントの残高を確認しておきましょう。
クレジットカードのポイントは、現金として使えたり、商品券に交換できるものが多いです。しかし、ポイントが残ったまま解約してしまうと、後からどんなにポイントを請求しても戻ってくることはありません。

損をしたくない方は、解約する前にポイントの残高を確認し、ポイントを使い切ったり商品に交換しておきましょう。

ETCカードや家族カードを発行している場合は注意

また、ETCカードや家族カードを発行している場合は注意が必要です。
親の役割をしているクレジットカードを解約すると、関連のETCカードや家族カードは使用できなくなります。
ETCカードや家族カードを発行している場合は、それらのカードが使用できなくなっても問題ない場合に親カードを解約しましょう。

作ったばかりのカードではないか確認

また、 作ったばかりのクレジットカードの解約はとても危険です。
多くのクレジットカード会社は入会特典としてポイントの付与や、 プレゼントサービスを行っています。これらの入会特典をもらった後にすぐクレジットカードを解約すると、クレジットカード会社側にとって、入会特典が目的だったとみなされてしまいます。

そのため、今後同じクレジットカード会社のクレジットカードを作りにくなります。
最低でも半年間はクレジットカードを実際に利用してから解約しましょう。

今一度クレジットカードの見直しを

冒頭でも説明したとおりクレジットカードの解約は電話一本で行えるため非常に簡単です。そのためクレジットカードを実際に解約する前には ポイント残高を確認したり、 ETCカードや家族カードの有無、 クレジットカードを作った時期について確認するようにしましょう。

いらないカードは解約し、自分のライフスタイルに合ったカードを集中して使う方が、毎日の生活がお得になり、お財布の中もかさばりません。
今一度、自分のライフスタイルに現在持っているクレジットカードが合っているか見直しをしてみましょう。

総合的に人気のクレジットカード

「解約」の関連記事
「トラブルの対処」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧