楽天カードの入会審査のレベルは?審査の仕組みを徹底解剖

楽天カードの入会審査のレベルは?審査の仕組みを徹底解剖 
クレカキング

クレジットカードを作るためには審査を受ける必要がありますが、審査の難易度はクレジットカードによって大きく違います。
楽天カードは高還元率カードとして人気がありますが、一方で入会しやすいカードとしても知られています。

楽天カードは本当に入会しやすいのでしょうか?審査難易度はどの程度なのでしょうか?
楽天カードの審査レベルや審査を受ける上での注意点を解説していきます。

クレジットカードの審査では返済能力が重要

まず最初にクレジットカード審査ではどんな調査をするのかを見ていきましょう。

クレジットカード審査で最も重要なのは返済能力です。
審査では返済能力があるかどうかを、申込書記載の内容や個人信用情報機関の情報で確認し、裏付けを取っています。
つまり審査は返済能力をはっきりさせるためにすると言ってもいいでしょう。

年収や勤務先、勤務年数などは返済能力を判断する材料となりますが、自己申告による記載なので裏付けとなるものはありません。
そのため個人信用情報機関の情報を参照して、自己申告内容が適切なのか、利用実績は良好なのかと言った点を確認します。

年収がいくら高くても過去に延滞の記録があれば、返済能力がないと判断されます。
返済能力を最もはっきり示しているのは過去の実績であって、自己申告の年収や勤務年数ではないのです。

楽天カードの審査基準

楽天カードはパート・アルバイトや、専業主婦でも申し込みができ、審査は通りやすいという評判があります。
実際に楽天カードの会員の増加率は高いので、それを裏付けています。

楽天カードの審査通過率が高いのは、審査に対する考え方が他社とは少し違う点もあります。
銀行系クレジットカード会社では審査を通過しない人でも、楽天カードは入会できるケースが多いのは、根本的な審査に対する考え方が違うからです。

海外の大学は入学が簡単で卒業するのが難しく、日本の大学は入学が難しく卒業が簡単だと言われています。
大学に例えると楽天カードは海外の大学に似ていて、入会するのが簡単で、カード会員を維持するのが難しいクレジットカードということができます。
これはリスクが大きいと思われがちですが、実はすごく理にかなった考えです。

入会前から審査によって返済能力を正確に判断するのは難しいことです。それならば入会基準を下げて広くカード会員を集めてから、入会後の利用状況によってふるいにかけるというのが最も返済能力を判断する確実な方法です。

もちろんこれにはリスクも伴うので、「途上与信」が重要となります。

途上与信とは?

一般的にクレジットカード審査は入会時に行なわれて、入会後はほとんど審査をしません。しかし、入会後に審査をするタイミングが少なくても2回あります。ひとつは5年後のカード更新、もうひとつはカードの増枠申請があった場合です。

入会後の審査を途上与信と呼んでいますが、楽天カードではこの途上与信を定期的に行なっています。
そのため、ある日突然カードが強制解約されて、会員専用サイト「楽天e-NAVI」にログインできなくなるケースがあります。
ログインエラーには「エラー1」と「エラー2」の2つがありますが、エラー2は強制解約が利用で発生するので、復活させることはできません。

途上与信のタイミングについては楽天カードで情報を公開していないので、ネット情報から推測するしかありませんが、カード更新と増枠申請以外に「入会から6ヶ月経過後」「キャッシング利用時」には、途上与信が行なわれているのは確実です。

楽天カードの入会は比較的簡単ですが、その代わり入会後の利用状況しだいで簡単に強制解約が行なわれるクレジットカードだということは覚えておきましょう。
もちろん入会後の利用が悪ければ、どのクレジットカードでも強制解約あの可能性はありますが、楽天カードの判断基準はより厳しいのです。
※未払いなどの滞納をせず、普通に利用していれば強制解約されることはありません。

楽天カードでも審査を通過しないケース

楽天審査の審査基準は低いと言いましたが、どんな場合でも審査を通過するわけではありません。
楽天カードでも審査を通過しないケースはあります。特に個人信用情報機関に事故情報が登録されていると、楽天カードに限らずほとんどのクレジットカードで審査通過はできません。

クレジットカード会社が加盟している個人信用情報機関には、クレジット系のCIC、消費者金融系のJICCがあります。この2つは法律で定められた「指定信用情報機関」に登録していて、お互いに情報を共有しています。
CICでは過去24ヶ月分の利用状況が記録されていますが、「3ヶ月以上または61日以上の延滞」は「異動情報」として別管理となります。いわゆるブラック情報や事故情報、ネガ情報と呼ばれている情報です。

異動情報は契約終了から5年間記録が残るので、延滞がある限りその後のクレジットカード審査やローン審査は通過しません。

楽天カードは入会しやすいというのは事実

楽天カードでも却下されることはありますが、全体的に見て審査を通過しやすいカードであることは間違いありません。
どこのクレジットカード会社でも却下されるような事故情報がない限り、審査通過率は高いクレジットカードです。

楽天カードでは勤務先や勤務形態などの属性が弱い場合でも、審査を通過する可能性は高いですが、カード利用枠は最低の10万円になります。しかし入会後の利用状況が良ければ増枠は可能です。

途上与信は他社カードに比べて厳しいですが、反対に利用状況が良ければ増枠申請も通過しやすいのが楽天カードです。
入会後、延滞することなく利用していれば、途上与信に不安を感じることはありません。むしろ積極的に利用することで実績を積み重ねることが大切です。

まとめ

楽天カードは入会しやすいカードであることはお分かりいただけたでしょうか?
途上与信が厳しいといっても延滞さえなければ、むやみに強制解約となることはありません。
楽天カードは高還元率、海外旅行傷害保険も付帯されている年会費無料カードとしては成功レベルのサービスがあります。
その上入会もしやすいのでおすすめのクレジットカードです。

楽天カードの申込はこちら

「楽天カードまとめ」の関連記事
「各種クレジットカード別情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧