ゴールドカードのメリットは何?年会費を払っても持つ価値ってあるの?

 
クレカキング

ゴールドカードといえば昔は芸能人や富裕層の方が所有しているというイメージでしたが、最近では年会費をおさえたゴールドカードも増えてきており、ゴールドカードの入手は決して難しいものではありません。
ゴールドカードは一般カードと比べてどんなメリットがあるのか?年会費を払ってまで持つ価値はあるのか?詳しく解説していきます。

ゴールドカードとは?

ゴールドカードとは、一般カードの次にランクの高いクレジットカードです。
ブラックカードやプラチナカードよりはランクが落ちますが、年会費がかかる分、年会費無料のクレジットカードと比べ充実したサービス内容となっています。
ゴールドカードの年会費は幅広く、数千円で取得できるものから10万円の年会費がかかるクレジットカードがあります。
また、サービス内容もクレジットカードはカード会社によって様々です。

また、一般カード会員を経ないと取得できないゴールドカードもあります。
例えば、「一般カードの年額利用の合計金額が◯◯万円以上利用」などといった入会条件を提示しているクレジットカードもあります。
ある程度の金額の支払いを一般カードで利用しており、きちんと滞りなく支払いをしてきた方には、「インビテーション」と呼ばれる招待状が送られてきて、ゴールドカードにアップグレードすることができます。

ゴールドカードには、どんなメリットがあるの?

ゴールドカードは年会費がかかるだけあって、一般カードに比べてサービス内容が充実しています。
具体的には、一般カードと比べ、どのようなメリットがあるのでしょうか?
ゴールドカードのメリットについて説明していきます。

ポイントが貯まりやすい

ゴールドカードは、一般カードよりもポイント還元率が高いことが多いです。
また、ポイントボーナスキャンペーンなども行っており、ポイントがかなり貯めやすくなります。日々の支払いをできるだけゴールドカードに集中させることで、どんどんお得になります。

保険内容が充実している

一般カードと比べ、保険内容も充実しています。
海外旅行保険は多くのクレジットカードに付帯していますが、ゴールドカードの場合、保険金額の上限が一般カードよりも多くなる傾向があります。
例えば、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの場合、海外旅行保険の賠償責任の補償金額は最高で3,000万円、手荷物遅延費も補償が付いています。保険適用条件も自動付帯なので、携帯していれば必ず保険が適用されます。
一般カードの中には、利用付帯(航空券代などをカード支払いした場合のみ保険が適用される)の場合もあり、面倒に感じる方もいるでしょう。

ゴールドカード所有者は「空港ラウンジ」が無料で利用できる

ゴールドカードの大きなメリットの一つに、空港ラウンジを無料で利用可能な特典があります。ラウンジでは、無料でソフトドリンクが飲めたり、軽いおつまみを貰うことができます。
しかし、中には空港ラウンジが利用できないゴールドカードもあるので、申込み前にチェックしておきましょう。
特に、格安のゴールドカード(年会費が2,000円台など)ではラウンジを利用できない場合が多いようです。

利用限度額が高い

ゴールドカードは一般カードに比べて利用限度額が高くなります。
例えば、JCBカードの場合こんなに違ってきます。

  • JCB一般カード、10~100万円
  • JCBゴールドカード、50~200万円

「今の利用限度額が少ない」「今後大きな買い物が多くなる」等、今の限度額に満足していない場合は手っとり早く限度額を上げることができます。
ざっくりとした年収に対しての利用限度額は以下の通り。

  • 年収200万円:20~100万円
  • 年収300万円:30~150万円
  • 年収500万円:50~300万円

まとめ:特典を使いこなせれば、年会費を払ってでもゴールドカードを持つ価値はある!

昔に比べると、今ではゴールドカードは入手しやすくなってきています。しかし、過去に支払い遅延や未払いなどのヒストリーがあった場合はいくら年収が高くても、ゴールドカードはもちろん、一般カードでさえ作りにくくなります。
ゴールドカードには一般カードには無いメリットが沢山あり、一般カードよりさらに高いポイント還元率だったり、空港ラウンジを利用することができます。

買い物が多かったり、旅行を頻繁にする人などは、ゴールドカードの年会費以上の恩義を受けれる可能性が高いので、是非検討してみてください。

おすすめゴールドカードはこちら

「ゴールドカード」の関連記事
「ステータスカード情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧