電子マネー機能付きクレジットカードの選び方!日々の暮らしがぐっと便利になる

電子マネー機能付きクレジットカードの選び方!日々の暮らしがぐっと便利になる 
クレカキング

クレジットカードにはポイント付与や割引サービスなど様々なメリットがありますが、ぐっと便利になるクレジットカードといえば「電子マネー機能付きクレジットカード」です。
一度使うとその便利さは圧倒的です。おすすめの電子マネー機能付きクレジットカードの選び方について解説していきます。

電子マネー機能付きクレジットカードが便利!

これからどんなクレジットカードにしようか迷っている方に圧倒的におすすめなのが、電子マネー機能付きクレジットカードです。

クレジットカードは店員にクレジットカードを渡す必要があります。最近はスーパーやコンビニなどでサインレスの支払いも増えてきましたが、ショッピングでは暗証番号の入力やサインが必要です。
しかし、電子マネー機能の付いたクレジットカードなら、端末にカードをかざすだけで支払いができてしまうので圧倒的に支払いが楽になります。

クレジットカードについてくる電子マネー一覧

電子マネー「流通系」と「交通系」の2種類に分類されます。

流通系電子マネー

  • nanaco(セブン&アイホールディングス)
  • 楽天Edy(楽天)
  • WAON(イオングループ)
  • au WALLET(au)
  • QUICPay(JCB/イオンクレジットサービス)
  • iD(docomo)

交通系電子マネー

  • Suica(JR)
  • PASMO(パスモ)
  • ICOCA

電子マネー相関図

電車通勤や通学をするなら交通系電子マネーがおすすめ

電車通勤や電車通勤をしている方やこれからする予定の方におすすめの電子マネーは、交通系電子マネーです。
コンビニやスーパーなどに置いてある電子マネー用端末には、流通系・交通系にかかわらず、ほぼ利用できるようになっているので大きな違いはありません。

しかし、楽天Edyやnanaco、WAONなどの流通系電子マネーでは、電車やバスに乗ることができません。
コンビニやスーパー、自動販売機で使えて、かつ電車やバスにも乗れる電子マネーは、交通系電子マネーだけです。

電子マネーには支払い方法が大きく分けて2種類

電子マネーには、大きく分けて前払いと後払いの2種類の支払い方法があります。
前払いの場合、プリペイド型と言われ、カード内に現金をチャージする必要があります。
しかし、後払いはその名の通りチャージする必要が無く、クレジットカードのように利用することのできるカードです。
ANA VISAカードのように、前払いの電子マネーである楽天Edyと後払いの電子マネーであるiDの2種類搭載されているクレジットカードもあります。

チャージが面倒な人におすすめのカードは?

チャージが面倒な場合、以下のクレジットカードがおすすめです。

  • 後払い型電子マネー付きクレジットカード
  • 電子マネー、オートチャージ機能付きクレジットカード

先ほど説明した通り、後払い型電子マネーはチャージする必要が無いので便利です。
前払い型電子マネーの中にも、オートチャージ機能の付いた電子マネー付きクレジットカードがあります。
わざわざ自分でチャージする必要が無く、改札や支払い時に自動的にチャージしてくれるので手間が省けます。

クレジットカード決済と電子マネー決済の使い分け

クレジットカードは以前に比べて普及してきたとはいえ、日本ではまだ少額利用にクレジットカードを利用することには抵抗がある人が多いのが現状です。
海外のレストランではチップも含めてクレジットカード決済ができるほど普及していますが、日本ではまだそのレベルにはなっていません。

電子マネーが普及してきたのは、そんな少額決済に電子マネーが使いやすいということも理由のひとつです。
電子マネーはクレジットカードよりも決済スピードが速く、小銭も増えないというスマートな決済方法として若者を中心に普及しています。

この電子マネーをクレジットカードと連動させることで次のメリットがあります。

  • チャージやオートチャージでポイントが貯まる
  • ポイントの二重取りができる

ポイントの二重取りはチャージやオートチャージでポイントが付き、さらに電子マネーを利用することでもポイントが付くことを利用した方ポイントを貯める方法です。

チャージでつくポイントはクレジットカードのポイントですが、電子マネー利用によるポイントは電子マネーポイントであるという違いがあります。

例えばnanacoをクレジットカードでチャージするとクレジットカードのポイントが付き、チャージした金額をnanacoで買物をするとnanacoポイントが100円で1ポイント貯まります。
カードの還元率が1%であれば合計で2%の還元率となってお得です。

クレジットカードはある程度高額な利用に使い、電子マネーは少額決済にすれば少額利用でも無駄なくポイントが貯まります。
さらにポイント二重取りで効率よくポイントも貯まります。

どの電子マネーとクレジットカードの組合せがいいのかは、いろいろ考えられますが基本的には高還元率のクレジットカードと組み合わせるということが重要です。

また、流通系の電子マネーは、当然同じ流通系のカードと組み合わせるとサービス面でもお得になります。
自分が使っている電子マネーとの相性を考えてクレジットカードを選んでみましょう。

便利ですが使いすぎないように要注意!

一口にオートチャージ機能付きクレジットカードと言っても、このように様々な種類があります。
最も便利なのは、後払い型の電子マネーや、オートチャージ機能の付いた電子マネーを選ぶことです。

しかし、便利ゆえについついコントロールできず使いすぎてしまう危険性があります。使いすぎを避けるためにも、日頃から利用明細をチェックしておきましょう。

電子マネー付きのおすすめクレジットカード

「その他電子マネー」の関連記事
「クレジットカードの目的で選ぶ」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧