クレジットカード審査で在籍確認が行われないケースってあるの?

クレジットカード審査で在籍確認が行われないケースってあるの? 
クレカキング

クレジットカードの申込みをすると一般的に勤務先に在籍しているかどうかの確認電話があります。 基本的にどのクレジットカード会社でも在籍確認は行われますが、実は行われない場合もあるんです! どういった場合に行われない可能性があるのか、詳しく解説していきます。

在籍確認とは

在籍確認とは、クレジットカード申込時に申請した勤務会社に対して、クレジットカード会社が確認のためにかける電話です。
「本当に在籍していて、安定した収入があるか」の確認のため行われ、クレジットカード会社としても未納のリスクを減らすことができます。

在籍確認は行われない場合もある!

在籍確認は基本的にどのクレジットカード会社でも行われますが、一部行われない場合もあります。

同じ会社で過去申し込んだ場合

短い間隔で同じクレジットカード会社に2回クレジットカードを申込みした場合、最初の申込みで在籍の確認電話をしているので2回目は省略されます。
最初の申込みがクレジットカードでなくても、信販系のクレジットカード会社であればショッピングクレジットやオートローンの申込みでも同じです。

良質な信用情報である場合

クレジットカードを作ると、個人信用情報機関という第三者機関に「勤務先」や「勤務先電話番号」などの個人情報が登録されます。
クレジットカードの審査では、この個人信用情報機関に申請者の情報照会が行われ、申請時の勤務先情報と登録されている情報が同じ場合、在籍確認が行われない場合もあるそうです。

しかし、過去クレジットカードを作ったことがないという場合は、個人信用情報機関に情報がないので、在籍確認がある可能性が高くなります。

クレジットカード会社の方針により

審査期間が短いクレジットカード会社ほど、在籍確認がない確率も高くなります。
審査をするにも人件費がかかりますので、全ての申込に対して在籍確認をしているとそれだけ負担も増えます。

こういった負担を減らし、新規会員を増やすため本人確認だけで済ましている会社もあるんです。

国家公務員の場合

特殊な例としては国家公務員の一部は名簿が作成されているので直接電話確認をしないケースもあります。
地方公務員も以前は名簿があったり、地元新聞社の年鑑に記載されたりしていましたが、個人情報保護法が成立してからはほとんどが姿を消しています。

在籍電話確認のときは本人がいなくてもOK

在籍確認として勤務先に電話をする場合は、勤務していることがわかればいいので申込者が不在でも在籍が確認できれば目的は果たせます。
在籍確認ができても申込書記載内容の確認など事務的な連絡がある場合、自宅に連絡が行くことはあるでしょう。
しかし在籍の確認という意味では2度も3度も勤務先に電話をすることはありません。

在籍確認電話は将来的になくなる可能性はあるか

以前は確認電話には意思確認の電話がありましたが、これは主になりすましによる不正利用を防止する目的で、申込書記載の人物が本当に申込みをしたのか確認する意味がありました。
しかし通称「本人確認法」によって本人であることを証明する書類の提出がクレジットカード申込みでも義務付けられたので、なりすましはほぼ不可能になり意思確認電話は省略されるようになりました。
このように確認電話の必要性はそのときの法律や状況で変化したり、なくなったりすることがあります。

しかし在籍確認は申込みした人が勤務しているかどうかを確認するためのものなので、確認電話に変わるものがない限り完全になくなることはないでしょう。
在籍確認がなくなるということは、だれでも個人の勤務先がわかるという状況にならないと無理でしょう。

個人情報の管理や、漏えいに対して厳しくなることはあっても甘くなることは考えられません。
クレジットカード会社も提出書類が多くなると、申込みが減少するリスクがあるので本人確認資料の他に社員証の提出などは求めることはありません。
今後も初めての申込みや勤務先が代わってからの申込みでは在籍の電話確認はあると考えておきましょう。
そのためスムーズに在籍確認が取れるように、同僚・上司にはなどにはそれとなく最近クレジットカードを申込んだことを伝えておくといった対策をとっておきましょう。

審査の通りやすいクレジットカード

「審査」の関連記事
「初めてのクレジットカード」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧