クレジットカード審査はカード更新時でも行われるのか?どんな場合に審査落ちする?

クレジットカード審査はカード更新時でも行われるのか?どんな場合に審査落ちする? 
クレカキング

クレジットカードには必ず有効期限があります。 有効期限の1ヶ月位前には新しいクレジットカードが送られてきますが、必ず全員に更新カードが届くわけではありません。 今回はカード更新ではどんな審査が行われて、どんな場合カード更新が見送られるのか解説していきます。

クレジットカード更新時は新規申込みと同じように審査される

クレジットカードには有効期限があり、カード発行から5年が一般的です。
カード更新時には審査を行って新規カードを発行するかどうかを決めています。

カードに有効期限がないと新規にカードを作ってからほとんど審査をしないことになり、信用状況の変化がわかりません。
クレジットカードを発行してから審査することを途上与信といいますが、途上与信は増枠申請時だけというクレジットカード会社も少なくありません。
増枠申請がなければカード更新時まで信用状況の変化がわからないので、有効期限を設けてカード更新時にクレジットカード審査を行なうというわけです。

最近では途上与信を頻繁に行なうクレジットカード会社もあるので、その場合は利用状況によってはカード更新前に強制解約となることもあるので気をつけましょう。

カード更新には途上与信以外にも理由がある

途上与信がクレジットカード更新の主な目的ですが、それ以外にもカードに有効期限を設けている理由があります。

クレジットカードは使用しているとプラスチックや磁気ストライプが劣化してきます。
磁気不良となった場合は再発行してもらえますが、カードとして使用可能でも劣化は進んでいます。
そのためクレジットカードを新しくする意味でも有効期限を設定して定期的にカードの更新を行なうのです。

ちなみにカードの再発行の場合は未払いがあるかどうかのチェックくらいで、本格的な審査は行なわないのが一般的です。

クレジットカード更新ができない原因

更新時の審査は新規申込みとほぼ同じなので、却下理由も新規申込み時と変わりありません。
最も多い却下理由は次のとおりです。

  • 更新対象のクレジットカードの未払いや支払遅延が多い
  • 個人信用情報機関に事故情報が登録されている
  • 他社の利用で支払遅延が多い
  • 他社カードの枚数や融資利用が多い

新規申込み時と大きく違うのが個人信用情報機関に情報が必ずあるということです。
新規に申込みをする場合は個人信用情報機関にまったく利用歴がないスーパーホワイトという状態のケースがありますが、すでにクレジットカードを持っているので、その状態となることはありません。
純粋に利用状況がクレジットカード審査を大きく左右します。

カード更新時に在籍確認があるか?

結論を先にいうと在籍確認は原則として行ないません。

クレジットカード会社にとって重要なのは、きちんと支払っているかどうかであって、勤務先がどこでも問題ありません。
新規申込み時と勤務先が違っていても、わざわざ在籍確認までとらないのです。
問題は勤務先が代わってからもきちんと支払が続いているかであって、支払に問題がなければ勤務先が原因で却下されることはありません。

しかし、勤務先の変更はクレジットカード会社に届け出しておくことは大切です。
勤務先は個人信用情報機関にも登録されるので、他社カードを申込みするときに勤務先が違っていることで不利になることもありません。

クレジットカードは作ってからが大事

クレジットカードを作ることができたといって安心せずに、支払をしっかりすることがカード更新をスムーズにする秘訣です。
会社の上司や取引先と信頼関係を築くのと同じで、約束したことは守るというのはクレジットカードの利用においても同じです。
特にクレジットカードの利用は他社利用にも影響が出るので、更新拒否ということにならないようにしっかりと支払管理しましょう。

審査の通りやすいクレジットカード

「審査」の関連記事
「初めてのクレジットカード」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧