クレジットカード審査で個人信用情報機関の情報はどのくらい影響する?

クレジットカード審査で個人信用情報機関の情報はどのくらい影響する? 
クレカキング

クレジットカード審査では必ず個人信用情報機関をチェックして、過去のクレジット利用歴(クレジットヒストリー)を調べます。 この個人信用情報機関とは一体何なのか?個人信用情報機関の情報はどれだけクレジットカード審査にとって重要なのか? 個人信用情報機関と審査の関係について解説していきます

そもそも個人信用情報機関って何?

クレジットカード会社が持っている会員情報を共有して、より精度の高い審査を行なうために設立したのが、個人信用情報機関です。
個人情報機関は、現在3つ存在します。

  • クレジット系のCIC
    株式会社シー・アイ・シー:割賦販売や消費者ローン等のクレジット事業を営む企業を会員とする信用情報機関
  • 消費者金融系のJICC
    日本信用情報機構:信用情報の収集・管理・提供・開示を通じて健全なクレジットライフをサポートする指定信用情報機関
  • 銀行系のKSC
    全国銀行個人信用情報センター:費者の信用の円滑化を図るために、一般社団法人全国銀行協会(全銀協)が運営する信用情報機関

クレジットカード審査ではCICでクレジットヒストリーのチェックをしますが、JICCの会員情報も参照することができます。

CICとJICCは会員情報を共有する「FINE(ファイン)」システム、CIC・JICC・KSCの三社間では事故情報を共有する「CRIN(クリン)」システムがあります。
以前は消費者金融ブラックでもクレジットカードが作れるといった時代もありましたが、すべての業種の遅延履歴は共有されている現在ではありえないことです。

クレジットカード申し込みをする前に個人信用情報機関に登録することを承諾しなければいけないので、クレジットカードを作ったあとの情報も個人信用情報機関で管理されます。

個人信用情報機関に加盟しているのはどのような企業か

3つの個人信用情報機関はそれぞれ情報を共有していますが(KSCは一部のみ)、クレジット系のCICは最も規模が大きい個人信用情報機関で、加盟会社も多岐にわたっています。
クレジットカード会社、信販会社は当然加盟していますが、ほとんどの消費者金融会社や金融機関も加盟し、日本政策金融公庫といった国の機関も加盟しています。
金融機関も銀行だけではなく信用金庫、農協といった中小の金融機関も含まれます。
金融機関・ノンバンクを問わずあらゆる与信会社がCICに加盟しているので、お金を借りる、クレジットを利用するといった履歴はすべてクレジットカード審査の対象となります。

クレジットカード審査の際に影響する履歴は?

このように情報が個人信用情報機関で共有されていますが、審査に影響する履歴はどのようなものがあるのでしょうか?

クレジットカードの審査では、主にCICでクレジットカードヒストリーがチェックされています。
CICを参照すればすべての業種の事故情報は参照することが可能で、保有している情報は大きく分けて次の3つです。

  • 申込情報・・・・・・6ヶ月以内のクレジットカードやローンを申込した情報
  • クレジット情報・・・会員の支払状況や契約内容の情報(金融事故情報含む)5年保管
  • 利用記録・・・・・・6ヶ月以内の途上与信の記録

特に重要なのはクレジット情報で、金融事故情報が登録されていれば、61日以上の支払遅延があったことになりクレジットカード審査では却下対象となります。
反対に正常完済した利用が数多くあると、クレジットカード審査が通りやすくなります。
このようにCICの情報だけで審査結果が左右されることもあるので、個人信用情報機関の情報は重要なのです。

携帯料金や奨学金も審査対象になる

携帯料金や奨学金もクレジットカード審査の対象になり、滞納すると審査が厳しくなります。

携帯料金

各社CICに加盟していますが、携帯やスマートフォンの本体を分割で購入した場合のみCICにデータ提供しています。
つまり携帯の通話料金だけであればCICに利用歴は登録されず、延滞の事実もわからないということです。
本体価格も分割払いした場合は延滞しないように気をつければ、良好な利用歴となりクレジットカード審査には良い影響があるでしょう。

奨学金

日本学生支援機構は銀行系のKSCに加盟していますが、奨学金の審査には個人信用情報機関を利用していません。
奨学金を受けるときは影響ありませんが、奨学金の支払が3ヶ月以上滞納すると、KSCに事故情報として登録されます。

この情報がCRINによってCICやJICCにまで伝わるかというと、確実な情報は今のところありません。
CRINに登録する事故情報の解釈が三社それぞれ違うので、すべての事故情報がCRINによって共有されていないからですが、少なくても3ヶ月延滞すると銀行系の融資は受けることができません。
将来住宅ローンの利用も難しくなるので奨学金の延滞は早めに解消しておきましょう。

クレジットカード審査の際に見られない履歴は?

個人信用情報機関に登録された利用歴以外は、クレジットカード審査では参照することはできません。

クレジットカード申し込みをするときに必ず「個人情報の取扱いに関する同意書」に承諾をしますが、この内容を詳しく読んでいる人はあまりいないでしょう。
この同意書の中で個人信用情報機関に個人情報が登録されることや、審査で利用することを認める条項があります。
つまり個人信用情報機関に登録されるカード会員の支払状況や申込情報は、この同意に基づいて行われています。

審査に利用できない利用歴は以下のものがあります。

  • 各種税金の利用歴
  • 税金以外で各自治体や国に支払うもの(年金保険料など)の利用歴
  • 公共料金(電気・ガス・水道料金など)の利用歴
  • その他個人信用情報機関に加盟していない企業への支払履歴

公共料金や税金はクレジットカードで支払うことができますが、クレジットカード会社が立替払いした時点で公共料金は支払完了しています。
公共料金のカード利用はあくまでクレジットカード請求金としての支払となるので、公共料金支払そのものは審査の対象にはなりません。

しかし、クレジットカード審査に影響がないからといって延滞してもいいということにはなりません。
簡単に支払を遅延するようではせっかくクレジットカードを作っても、支払観念が甘くなりクレジットカードの支払が遅れても平気になってしまいます。
これが続くとクレジットカードが強制解約されるということにもつながります。
支払うべきものは期日までにしっかり支払うという意識を持ち続けましょう

自分の情報は見ることができる!

個人信用情報機関の持っている情報は本人であれば開示請求することができます。
最近は自宅のPCやスマートフォンを利用してすぐに情報を見ることが可能です。

■スマートフォンでの開示手順

  1. CICに登録されている電話番号(0570-021-717)に電話をすると受付番号が案内されます。
  2. CICのホームページにある開示請求の画面で個人情報と受付番号を入力
  3. 表示されたパスワードを控えておく
  4. 送付されたPDFファイルをパスワードで開いて情報を確認

手数料は1,000円ですが、クレジットカードで決済(デビットカード不可)しかできません。
大手のクレジットカードはほとんど支払に利用できますが、楽天カードとアメリカン・エキスプレスは今のところ対象外です。

支払えるクレジットカードがない場合は郵送や店頭で直接開示請求ができます。

CIC情報は修正要請できる!

クレジットカードを申込して思い当たる理由がないのに却下になった、過去の支払遅延の記録が消えているか確かめたいという場合はCICに開示請求してみましょう。
万が一にもCICに登録情報に心当たりがない、間違っているという場合はCICではなく情報元のクレジットカード会社に連絡しましょう。
実際に情報に間違いがあればそのクレジットカード会社がCICに修正の要請をします。
またCICが開示した情報に消費者金融系のJICCからの情報があった場合は、詳細はJICCに開示請求をしないとわかりません。

まとめ:個人信用情報機関の情報は審査を左右する

個人信用情報機関の情報によって審査結果が大きく変わるので、納得の行かない審査結果は情報開示によって確かめましょう。
またクレジットカード申込前に情報開示して、クレジットヒストリーに問題ないことを確認するのもいいでしょう。
スマホで簡単に情報開示できるようになった今だからできる方法です。

審査の通りやすいクレジットカード

「審査」の関連記事
「初めてのクレジットカード」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧