クレジットカード審査での収入は何で判断するのか?年収はごまかせる?

クレジットカード審査での収入は何で判断するのか?年収はごまかせる? 
クレカキング

クレジットカード審査では安定した収入が重要ですが、その収入を判断するのは申込書に記載された年収欄の数字しかありません。 この自己申告の年収をクレジットカード会社が確認する方法はあるのでしょうか? クレジットカード審査での収入の判断方法や年収はどれくらい審査結果に影響するのかを解説します。

クレジットカード会社が年収を確認する方法はない

クレジットカード申込書に記載する年収は自己申告によるものなので、それを証明する書類の提出は必要ありません。
カードローンや融資で50万円以上の利用は所得証明の提出が義務付けられていますが、クレジットカードではよほど高額なキャッシング枠でなければ提出義務がないのです。

それではクレジットカード会社は記載された年収の裏付けを取っているのかというと、まったく確認する方法がないのでそのまま信じています。
信じるというよりも年収の数字が少し違っていてもクレジットカード審査の結果には影響しないと考えていいでしょう。

クレジットカード審査では安定して収入があることのほうが重要なので、年収よりも勤務先に勤めて毎月収入を得ていれば問題ないのです。
特に一般カードではそれほど高い年収は必要ないので、年収200万円でも300万円でも審査結果にはそれほど影響がありません。
それでは収入が安定しているかどうかは何で判断するのでしょうか?

審査には勤務先と勤務年数が重要

収入の安定性は勤務先と勤務年数で主に判断します。

勤務先は実際に存在していて在籍確認が取れれば、大企業でなくても構いません。
中小企業でも勤務年数が長い正社員であれば、一般カードを利用できるだけの収入は充分あると判断できるのです。
勤務年数が長いということは勤務先の会社もそれだけ事業を続けているということにもつながります。

もちろん大企業の正社員ということであれば、勤務年数が短くてもクレジットカード審査を通過します。
これは大企業に勤めていると離職率も低く収入が高くなるということがだれでも推測できることでしょう。

クレジットカード審査でも常識的に考えて収入は安定しているという人であれば、クレジットカードを発行します。

クレジットヒストリーでも返済能力がわかる

個人信用情報機関には収入に関する情報は登録されず、勤務先情報くらいしか登録されていませんが、利用状況は参照することができます。
そのため、いくらの支払を何年続けているかという情報で返済能力を推測できます。

クレジットカード審査では正確な収入がわからなくても、実際に返済を続けていく能力があることがわかるだけで充分なのです。
完済情報がいくつあるか、延滞をしていないかということのほうが年収よりもはるかに返済能力を示すことになるからです。

年収をごまかしても意味がない

年収の数字そのものはいくら大きくしてもクレジットカード審査に有利になることはありません。
むしろ勤務先や勤務年数から考えて、年収が多すぎると判断されると虚偽記載でむしろ却下される可能性が高くなります。
かえって自分に不利になるようなことをする必要はありません。

収入は多すぎて悪いことはありませんが、それは実際に収入が高い場合であって、ごまかして年収を高く見せることは「百害あって一利なし」です。

まとめ:クレジットカード審査の収入判断はバランスが重要

勤務先・勤務年数・年収のバランスがクレジットカード審査では大切です。
これらのバランスが悪いと不自然に見えますが、バランスが取れていると記載されている年収の数字も信ぴょう性が増します。
それに加えて実際に利用した記録であるクレジットヒストリーが良好であれば、クレジットカード審査を通過する材料としては十分です。

審査の通りやすいクレジットカード

「審査」の関連記事
「初めてのクレジットカード」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧