クレジットカード審査は無職でも状況によって通る!

クレジットカード審査は無職でも状況によって通る! 
クレカキング

クレジットカードは収入がなければ作ることができないというのが原則です。 そのため無職ではクレジットカード審査に通らないというのが普通ですが、無職は何かという定義によってはクレジットカード審査には通る場合もあります。 無職の人がクレジットカード審査に通貨するための方法を詳しく解説します。

無職とは何か?

一般的に無職とは会社などに勤務していない、自営もしていない状態を言います。
仕事をしていないということは基本的に収入がないということですが、それでも生活ができているのであれば生活費となる資産やお金があるということになります。
無職でも生活ができる根拠としては次のようなものがあります。

  • 預金がある
  • 資産がある
  • 扶養されている

この中で完全に審査を通らないのは扶養されている場合です。

クレジットカード申込書の勤務先欄に「家事手伝い」と記入してきた人がいましたが、当然ながら却下されました。
預金があるというだけではクレジットカード審査は通りません。
クレジットカード会社では預金金額を調査することができないからです。

また預金通帳の写しをクレジットカード申込書に添付しても、ほとんど効果がないでしょう。
一時的に借りて預金があるように見せかけることや偽造も可能だからです。
そもそも預金は他に収入がなければ、いつかはなくなってしまうので継続的な収入とは言えません。

資産も同様にクレジットカード会社は調査できません。
自宅以外の不動産は場所がわからない限り調べられないし、株式や債券の調査もできませんが、資産を活用して収入を得ている場合は無職とはみなされません。
不動産の賃貸や株式投資などで確定申告するほどの収入があれば、それは仕事をしている、職業があるとみなされます。

学生と主婦は無職でも例外

学生や専業主婦も一般的には無職と判断されますが、例外的にクレジットカード審査は通ります。

学生の場合はクレジットカード会社の思惑もあって、若いカード会員を早くから確保しておきたいということから、むしろ優遇しています。
収入はありませんが世帯収入が安定していれば審査を通過します。

専業主婦の場合は銀行系といったステータスの高いクレジットカードは無理ですが、それ以外の信販系、流通系カードであれば問題なく審査対象になります。
特にスーパー系列のクレジットカードは主婦層の利用が多いので、審査は通過しやすくなります。

無職でも申込書に無職と書かないこと!

クレジットカード申込書に無職と記載すれば間違いなく却下されるので、収入があればその収入を得ている手段を記入しましょう。
クレジットカード会社は申込書に記載されていることと、個人信用情報機関に登録されている情報で審査判断をします。

記載されていないことは判断もできないので、わかりやすく収入源を記載することが大事です。
いくら年収を高く記載しても収入の根拠があいまいであれば説得力はありません。
確定申告をしていない収入であれば所得証明書を添付することもできないので、社会的責任を果たす意味でも申告はきちんとしておきましょう。
そうすれば収入は簡単に証明できます。

所得証明書はクレジットカード申込みの必要書類ではありませんが、添付してはいけないということはないので活用しましょう。

収入があれば無職ではない

基本的にだれかの扶養家族でなく収入を得て生活していればクレジットカードの審査対象にはなります。
年金は収入ではありませんが、国に年金保険料を長年支払い続けて得られる給付金です。
生活保護や失業保険のように一時的なものではないので、収入としてみなされ確定申告も必要です。
極端に言えば一部の例外を除いてクレジットカードの審査対象となるのは、所得税を支払っている人と言えるでしょう。

審査の通りやすいクレジットカード

「審査」の関連記事
「初めてのクレジットカード」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧