クレジットカード審査に通らない人と通りやすい人の違いって何?

クレジットカード審査に通らない人と通りやすい人の違いって何? 
クレカキング

クレジットカードの審査基準は会社によって様々ですが、一般的に審査に通りやすい人、通りにくい人の特徴はあります。 双方の特徴から、審査に通りやすい人通りにくい人の特徴を詳しく解説していきます。

審査が通りやすい人の特徴

審査が通りやすい人は何か特徴があるでしょうか?
正社員で勤務年数が長いとか、自宅で居住年数が長い、年収が高いといったことは当然だれでも考えつくことです。

それ以外の特徴としてクレジットの使い方があります。
クレジットカード会社からすると、この人が会員になったら長く使ってもらえるというようなクレジットヒストリーであれば審査は通りやすくなります。

いろんなクレジットカード会社のカードを作りっぱなしで放置していると、特典目的と判断されます。
また持っているすべてのクレジットカードが利用枠いっぱいだと、増枠できないので新規に申込みしてきたと考えるでしょう。

1枚のクレジットカードを何度も利用して累計利用金額が大きいほど、クレジットカード会社は好感を持ちます。
メインカードを自社カードにしてもらえる可能性があるからです。
クレジットヒストリーを見ると、その人のカードに対する考えが見えてくるので、無計画な使い方はしないようにしましょう。

審査に絶対通らない人

クレジットカード会社が審査を行なう理由は、支払い能力があるかどうかをチェックするためなので、収入がない人は通らないことになります。
無職の中でも学生、主婦の場合は世帯収入があり、生活の基盤はしっかりしているので例外的に審査を通ります。
また会社に勤めていなくても資産を運用するなどで一定の収入があれば、無職の扱いにはなりません。
まったく仕事もしていなくて資産もなく貯金で生活しているという人は審査には通らない人ということになります。

クレジットカード審査では収入以外でも過去の利用状況によって通らないことがあります。
個人信用情報機関に事故登録されていたり、未払いがあったりした場合も審査には通りません。
無職や未払い、クレジットの事故は審査するまでもなく却下されてしまうのです。

審査に通らない人と職業の関係

ある特定の職業が絶対に通らないということはありません。
もちろん法律違反となるものを除いてですが、収入がきちんとあれば職種で却下することはありません。
しかし収入が不安定な職種や雇用形態の場合は、審査を通りにくいというのは事実です。

クレジットカード審査では特定の審査項目だけで、通る・通らないが決まることは少ないので、不安定な職種であってもほかの審査項目が良好であれば通りやすくなります。

もうひとつ審査に影響するのは勤務年数です。
例えば同じ会社に勤めている30代の会社員でも、転職したばかりで勤務年数が1年未満の社員と、10年勤務している社員とでは審査結果は違います。
審査に通らない人は勤務年数が短い場合が多いのです。

↓その他、審査基準に関して詳しくはこちらの記事を確認ください

クレジットカード審査に通らない人は時間をかけよう

クレジットカード審査に通らない人は、ひとつ却下されるとすぐに次のカードを申し込む傾向があります。
また、勤務年数や居住年数が短いことは審査に不利だということがわかっていても、もしかして通るかもしれないという期待を抱いて申込みをしてしまう人もいます。

属性が弱い人は特に時間をかけてクレジットカードを申し込むことが必要です!
クレジットカードがなくても、ショッピングクレジットなど後払いで買い物をする方法はあります。
1年間ショッピングクレジットを利用するだけで、勤務年数や居住年数も基準に達し、クレジットヒストリーも作ることができます。

さらにスマホ本体を分割払いしていれば、それもクレジットヒストリーになります。時間をかけずに何度も申込みを繰り返すと悪循環になり、いつまでもクレジットカードを作れないと考えましょう。

審査が通りやすいクレジットカード

「審査」の関連記事
「初めてのクレジットカード」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧