クレジットカード審査に落ちても諦めないで!原因と解決策

クレジットカード審査に落ちても諦めないで!原因と解決策 
クレカキング

クレジットカード審査に何度も落ちてしまうという人は、根本的な原因があると考えられます。 審査落ちを経験して、また審査を受けようと思っている人はちょっと待ってください! 審査落ちの原因を解決しないで申込を続けていると、どんどん落ちやすい状況に悪化していきます。 今回は、審査落ちが多い原因と対策法を徹底解説していきます!

審査に落ちる可能性が高い理由

クレジットヒストリーに問題がある場合

3ヶ月以上延滞して個人信用情報機関に事故登録されている場合や、何度も支払遅延しているという場合は当然審査落ちするので、個人信用情報機関の記録が消えるまで待つしかありません。
不利な記録を消すために延滞解消から5年経過するまで待ちましょう。

クレジット利用で支払遅延がなくても審査落ちする場合もあります。
申込者の年収と比較してクレジットカードの保有枚数が多い、融資残高が多いという場合はクレジットカード発行を見送ることがあります。

正常完済は審査には有利ですが、クレジットカードは使っていなくても利用枠を残高としてみなすので、不要なカードは解約しておくことが重要です。
またカードを一度も利用せずにすぐに解約していると、キャンペーンなどの特典目的ということがわかるので、入会から解約までの期間が短いカードが多くあると審査が通過しにくくなります。

↓審査が不利になるクレジットヒストリー情報はこちらの記事で解説しています。

勤務年数・居住年数が短い

勤務年数や居住年数が1年未満で収入や居住が不安定という理由で審査落ちになるケース。
この場合は時間の経過を待つこと以外できないので、その間はクレジットヒストリーを磨くことに時間を使いましょう。

信販会社のショッピングクレジットは繰り返し利用できないシステムなので、クレジットカードよりも審査は甘くなります。
また高額利用でも連帯保証人をつけると審査が通りやすくなります。
ショッピングクレジットを何度か利用してきちんと支払っていれば良好なクレジットヒストリーになります。

携帯やスマートフォンの本体を通話料金と一緒に分割で支払っていると、個人信用情報機関に良質な記録が残ります。
これもクレジットヒストリーになるので遅れずに支払うことを心がけましょう。

続けて何度も申込みしている

クレジット系の個人信用情報機関CICでは6ヶ月以内の申込情報を記録しています。
クレジットカード申込だけでなくCICに加盟している与信会社(審査をしてサービスを提供している会社)に申込をした情報を記録しています。
6ヶ月間の申込情報が複数ある場合は、短期にクレジットカードや融資をする切羽詰まった状況だと判断されます。

1回カード申し込みをして審査落ちしても続けて次のカードに申込むことはやめましょう。
審査落ちをしたらその原因を解明して対策をとってから6ヶ月後に申込むことが大切です。

入会基準を満たしていない

クレジットカードには入会基準があります。
入会基準に満たない場合は審査する前に却下となってしまうので、事前に入会条件はよく確かめておきましょう。

入会基準に「安定した継続収入があること」という内容の記載があると、パート・アルバイトなどの非正規雇用や専業主婦の申込は、ほぼ審査落ちとなります。
この場合は入会基準が「18歳以上で電話連絡が可能な方」といった、収入について特に触れていない記載をしているクレジットカードを選びましょう。

それ以外にも入会年齢を限定しているクレジットカードもあるので、自分の年齢にあっているクレジットカードを選ぶのも大切です。
ちなみに女性向けクレジットカードは特に記載がない限り男性でも申込ができます。

審査落ちが続く場合は時間をかける事が鉄則!

クレジットカード審査落ちが続くのは、根本的に解決すべき問題があるということで、それはすぐには解決できないものが多いのです。
しかし、時間の経過によって解決できる問題も多いので、審査落ちが続いた人は一度申込をストップして長いスパンで解決を図りましょう。
その間、黙って待っているのではなく、良好なクレジットヒストリーを作ることを心がけていれば、審査落ちもなくなるでしょう。

審査が通りやすいクレジットカード

「審査」の関連記事
「初めてのクレジットカード」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧