クレジットカードの申込から発行までの流れ!審査はどのように行われてる?

クレジットカードの申込から発行までの流れ!審査はどのように行われてる? 
クレカキング

クレジットカードを申し込んで手元に届くまで、何日くらいかかるか気になりますよね。 具体的にクレジットカードはどのような流れで、審査を行って発行しているのか解説していきます。

①受付作業

全国から届いたクレジットカード申込書は受付部門で処理されます。
オンライン申込であればそのままデータを取り込むことが可能ですが、紙ベースの申込書の場合はスキャナーを使って読み取ることになります。
このスキャナーの性能によって受付作業にかかる時間に影響があります。

申込書のフォーマットはクレジットカードの種類によって違っているので、なるべくカード申込書は選択部分を増やして取り込みやすいようにしています。
特に氏名・住所・電話番号など本人を特定するのに重要な部分は、間違えないように手動チェックが必要です。

②自動審査でスコアリング

クレジットカード審査は過去には各支店や営業所で行っていましたが、今では専門部署がありそこで全国のクレジットカード審査をするというのが一般です。
つまり処理量が以前と比べて格段に多くなっているので、自動審査によって作業効率を高くしています。

自動審査では審査項目に点数をつけてトータルスコアによって審査の可否を判断する「スコアリング」システムを採用しています。
機械的に判断するには点数をつけるのが最も合理的で早いからです。

正社員、自己所有・家族所有、勤務年数・居住年数が長いといった場合点数が高くなるので審査を通過しやすくなります。
また個人信用情報機関の情報や自社の利用もチェックし、支払遅延や事故情報があればマイナスポイントになるので、却下の対象となります。

自動審査はこの点数をつけて集計する一連の流れを瞬間的にできるので、審査スピードが早いのです。

③スコアリング終了後の流れ

完全自動審査を採用しているクレジットカード会社であれば、システムにデータを入力した時点ですぐに審査が終了するので、流れといえるほどのものはありません。

しかし、ほとんどのクレジットカード会社は自動審査と審査担当者による審査を併用しています。
自動審査によって導き出された結果に問題がないことをチェックする必要があるからです。

却下と判断された申込が減額で対応できないか、申込者が非正規雇用ではないかどうかの在籍チェックの指示が必要な場合もあります。
すべてチェックして総合的にカード利用枠を決定して、決裁すると審査が終了します。

在籍確認を行なうタイミングはクレジットカード会社によって違いますが、審査終了後というケースが多いでしょう。
審査結果に時間がかかっていた時代は審査と同時に行っていました。
自動審査が進歩した今では審査にかかる時間も短くなったので、審査後のほうが在籍確認後に却下することもなくなり効率的です。

④エンボス加工

審査が通ると、カード番号や氏名といった個別のデータをクレジットカードにエンボス加工されます。
エンボス加工は手動でカード伝票を作成するのに必要な「凹凸(おうとつ」のある加工ですが、カード会員によって違うカード番号や氏名は審査が終了しないと加工できません。
クレジットカードは生カードと呼ばれるエンボス加工されていないデザインだけを印刷したカードに、エンボス加工して初めて使えるようになります。

⑤発送

エンボス加工後、審査部署からクレジットカードの発送をします。
クレジットカードの発行期間で一番時間がかかるのが、この発送期間。

インターネット申込であれば申込書の発送時間は限りなくゼロに近くなるので、それを活用して2~3営業日後にクレジットカードが届くシステムのクレジットカード会社があります。

三井住友カードやライフカードがそのクレジットカード会社ですが、三菱UFJニコスの一部のクレジットカードでは最短翌日発行をしています。
これらに共通するのはクレジットカード審査から発送までを1日で終わらせているということです。
申込受付までの時間制限はありますが、ほぼ1日で受付から発送まで行なうには、審査が早いという前提があります。

審査後は郵送のため到着まで1~2日後となるため、審査1日+郵送1~2日で最短2~3日に届く事になります。
三菱UFJニコスでは発送方法を通常の簡易書留ではなくゆうパックの簡易書留にすることで、早い場合は翌日にクレジットカードが届くようになります。

即日発行のカラクリ

しかし、即日発行の場合は引き渡しの店舗に送付していては間に合いません。
そのため生カードはクレジットカードを手渡す店舗やクレジットカウンターに保管しています。
審査部署からカードのデータを端末機で受け取り、それを元にその場でエンボス加工をしてカード会員に受け渡すことで即日発行が可能になります。

まとめ

クレジットカード審査や発行までの流れは細かい点ではクレジットカード会社によって違いはありますが、基本的には以上のような流れとなっています。
クレジットカード審査のスピードは自動審査の進歩のおかげで劇的に早いということはわかりましたが、結局手元に届くまでの時間は審査ほど劇的に短縮されてはいません。

審査や発行までの流れはカード申込者には直接関係ありませんが、少なくてもその流れを妨げないようにクレジットカード申込書はきちんと記載しましょう。

審査が通りやすいクレジットカード

「審査」の関連記事
「初めてのクレジットカード」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧