陸マイラーとは?飛行機に乗らずにマイルを貯める方法

陸マイラーとは?飛行機に乗らずにマイルを貯める方法 
クレカキング

航空会社のマイレージサービスは航空機を利用した区間のマイル数に応じてポイントを貯め、無料航空チケットや座席のアップグレードに交換できるサービスです。 ポイントの単位がマイルとなっているため、マイルを貯めている人をマイラーと呼ぶこともあります。 今回はその中でも陸(おか)マイラーと呼ばれる人たちのマイルを貯めるテクニックをまとめました。

陸マイラーとは?

一般的にマイルを貯める方法として、航空機を利用したフライトマイルを獲得する方法があります。
これに対して航空機で空を飛んでマイルを貯めるのではなく、陸上の買物だけでマイルを貯める人を「陸マイラー」と呼んでいます。

しかし、ショッピングするだけでそんなに簡単にマイルは貯まるものでしょうか?
そんな疑問を持つのは当然ですが、航空会社と提携しているクレジットカードには、ショッピングでマイルが貯まるサービスが数多くあります。

また一般的なクレジットカードでもポイントをマイルに交換できるカードもあり、電子マネーでもマイルが貯まるサービスもあります。

これらのサービスを効率的に利用するだけで、無料航空チケットに交換できるマイルが貯まります。
しかし、ひとつのマイルに絞って貯めるのか複数のマイルを貯めるのかでマイルの貯まり方に大きな影響があります。

フライトでもショッピングでもマイルを貯める場合は、ひとつに集中したほうが効率も良くなるのは当然のことです。
複数のカードを使い分けて複数のマイルを貯めるには経験も必要になります。
これから陸マイラーを目指す場合はひとつのマイルを集中して貯めましょう。

ショッピングだけでマイルを貯めるならANAマイルがおすすめ

陸マイラーに人気があるのはANAマイルですが、その理由は大きく2つあります。

  • 航空機を利用しなくてもANAカードでボーナスマイルがもらえる
  • クレジットカードのポイントを貯めてマイルに交換するので、ポイント有効期限がある分長く貯められる

JALカードにもボーナスマイルがありますが「搭乗マイル」という名称なので、JAL便を利用しなければ1マイルももらうことができません。

ANAカードは正真正銘のボーナスマイルなので、入会とカードを継続する(解約しない)だけで、一般カードでも毎年1,000マイルは確実に獲得できます。

対象カード 入会時のボーナスマイル 継続のボーナスマイル
ANA一般カード 1,000マイル 1,000マイル
ANAゴールドカード 2,000マイル 2,000マイル
ANAカードプレミアム 10,000マイル 10,000マイル

しかもクレジットカードのポイントをマイルに移行するシステムなので、クレジットカードのポイントの有効期限もプラスされます。
ポイント有効期限はほとんどが2年なのでマイルの有効期限と合わせて5年間マイルを貯めることができます。

JALマイルは直接マイルが貯まるので有効期限は最長でも3年となります。
初心者の陸マイラーは、まずANAマイルを貯めることからスタートしましょう。

陸マイラーはANA一般カードで十分

ANAマイルを貯める場合はANAカードが必須です。
なるべく年会費をかけずにマイルを貯めるという点では、ANAの一般カードがあれば十分です。

▶全ANAカードの比較一覧表はこちら

一般カードを継続するだけで毎年1,000マイルが貯まるので、5年で5,000マイル貯めることができます。
無料航空チケットに交換するためのベースとしては十分なマイル数です。

ちなみに無料航空券交換に必要なマイル数は、東京・大阪往復で12,000マイル(レギュラーシーズン)となっています。
5年で貯めるとすれば、年間にショッピングで1,400マイル貯めるだけなので毎月30,000円程度ANAカードでショッピングすればいいことになります。

ANAカードでは1,000円で1ポイント付与され、1ポイントが5マイルに移行できます。
移行手数料6,000円を支払えば1ポイント10マイルに移行できますが、そこまでは必要ありません。

毎月30,000円の利用で150マイル、年間1,800マイル、5年で9,000マイルがショッピングだけで貯まります。
これにベースのボーナスマいつの5,000マイルを加えれば、東京・沖縄間の往復チケット(ローシーズン)交換に必要な14,000マイルが貯まります。

月30,000円は公共料金の決済だけでも貯まるので、ほとんど苦労せずカード年会費2,000円だけの一般カードで無料航空チケットが手に入ります。

しかし陸マイラーを名乗るのであれば、5年も無料チケット交換に時間をかけてはいけません。
もっと効率よくポイントやマイルを貯めて、なるべく短期間で無料航空チケットを手に入れましょう。

ANAマイルの効率よい貯め方

同じ買物をするのであればANAマイルが効率よく貯まるショッピングをしましょう。

●ANAマイレージモール
ANAマイレージモールでネットショッピングすると、カードのポイント、ANAマイル、ネットショップ独自のポイントが三重に貯まります。
ネットショップのポイントもANAマイルに交換できれば効率がよくなります。

●ANAカードマイルプラス
ANAカードマイルプラスの提携店であれば、オンラインショップだけでなく実店舗でもカードのポイントとマイルが同時に貯まります。
カード決済だけでなくiDやQUICPayでもいいので、少額利用でもマイルが貯まります。

ANAマイレージモールはマイルが貯まりますが、楽天カードを持っていれば楽天市場で直接購入してもマイルが貯まりやすくなります。具体的に比較してみましょう。

●楽天カード:楽天市場で1万円のショッピング
4%の還元率なので400ポイントの獲得(200マイル)
●ANA一般カード:マイレージモール経由の楽天市場で1万円のショッピング
・1,000円1ポイントで10ポイント(50マイル)
・200円1マイルで50マイル
・楽天スーパーポイント100ポイント獲得(50マイル)
・合計150マイル

このように普段使っているポイントや高還元率カードを利用すると、より効率的にマイルが貯まります。
自分の持っているカードがANAマイルに交換できるのかも調べてみましょう。

まとめ

ショッピングだけでANAマイルを貯める方法は理解できたでしょうか?
基本はANAカードを利用して直接マイルが貯まるネットショップや実店舗を利用することです。

特に工夫しなくても5年以内には航空チケットが無料で手に入りますが、効率よくマイルを貯めることで複数の無料チケットにも交換できます。

あなたもANAカードに入会して陸マイラーに挑戦してみましょう。

ANAカードに入会して陸マイラーに挑戦!

「マイル」の関連記事
「お得な活用法」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧