家族カードの仕組みを詳しく解説!メリット・デメリットまとめ

家族カードの仕組みを詳しく解説!メリット・デメリットまとめ 
クレカキング

家族カードは一般的なクレジットカード(本カード)と同じ機能があり、サービスもほとんど同じものが利用できます。
しかし家族カードを発行するには一定の条件が必要となります。
今回は家族カードの発行条件やメリット・デメリット、本カードとの違いを解説していきます。

家族カードの発行条件

一般的な家族カードはだれにでも発行できるわけではありません。
基本的にはクレジットカード会員と生計を同じにする配偶者や親、18歳以上の子供が発行の対象となります。

生計を共にしていれば同居している必要はないので、単身で大学に通う子供や留学している子供に発行することもできます。
ただしクレジットカードは海外居住地に発送はできないので、日本で作ってから海外に持っていくことになります。

家族カードを発行する場合は基本的には申込者に対する審査はありません。
その理由は家族カードの仕組みにあります。

家族カードの利用は親カードに請求される

クレジットカードに追加して発行される家族カードは、子カードとも呼ばれていて本カードを親カードと呼ぶこともありその仕組みも親子関係に似ています。

家族カードを利用するのは家族ですが、利用した請求はすべて親カード会員に対して行なわれます。
引き落とし口座も親カードの口座で、家族カードの請求も支払もすべて親カード会員の責任となります。

家族カード会員に支払義務がないため、家族カードの申込者の審査は不要となるのです。
審査があるとすれば親カードの会員に対してだけで、それもカードの利用状況が良好であれば簡単に審査を通過します。

親カードの利用枠の範囲内で家族カードを利用するため、増枠も発生しないので簡単な審査で家族カードが発行されるのです。
しかし家族カードのこの仕組みが反対にデメリットになることもあります。

家族カードのメリット・デメリット

家族カードのメリット・デメリットをまとめると次のようになります。

●家族カードのメリット
・年会費無料または少額の年会費で入会できる
・クレジットカードのサービスがほとんど利用できる(カードのグレードが高いほどお得)
・親カードの会員に支払義務があるので、家族カードの申込者は審査が不要
・家族でポイントを貯められるので効率が良い
●家族カードのデメリット
・家族カードで利用した内容はすべて親カード会員にわかる
・親カードの利用枠の範囲内での利用なのでカード個別の利用枠があいまい
・ポイントは親カードにしか付かない

家族カードでは配偶者や親に利用明細が届くので内緒の買物などはできません。
それが嫌な場合は、専業主婦や学生でも作れるカードがあるので、そちらに入会しましょう。

また家族会員が多いほどカード利用枠がはっきりしないことで、トラブルになりやすいというデメリットがあります。
最初から利用枠を家族で話し合って決めることが大切ですが、親カードの利用枠がそれほど大きくない場合は個別のクレジットカードを作るほうがいいでしょう。

家族カードはブラックでも持てる?

すでにお話した通り家族カードの申込者に対して審査は行なわれません。
このあたりをもっと詳しく解説しましょう。

家族カードはETCカードや電子マネーと同じ扱いで、本カード会員に対して発行する追加カードです。
家族カードの場合は利用するのは家族ですが、請求先や支払はすべて本カード会員となります。

そのため本カード会員に支払能力があれば、家族カード会員に返済能力がなくても問題ありません。
たとえ過去に延滞記録があるブラックであっても家族カードが発行されます。
家族にクレジット事故記録があっても、クレジットカードの審査には影響しないということです。

過去にクレジットやローンで長期延滞をしたというような事故歴があれば、信用回復を待つ間は家族カードを利用するというのもひとつの方法です。
しかし同一生計を条件としているクレジットカード会社が多いので、親子であってもすでに独立して生計を立てている子供の場合は、家族カードの対象とならないこともあるので注意しましょう。

また家族カードをいくら利用してもクレジットの利用歴(クレジットヒストリー)にはならないので、信用回復後のクレジットカード審査に良い影響はありません。
クレジットヒストリーは実際に支払をした本カード会員のものとなるからです。

まとめ

家族カードは親カードのグレードが高いほど家族会員にもメリットがあります。
例えばゴールドカードの家族会員は空港ラウンジも無料で利用できます。

専業主婦や学生では空港ラウンジサービスを利用できるクレジットカードは作れないので、家族カードのメリットを感じられる使い方となります。

また、海外旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードも、親カードとほぼ同じ補償が適用されるので、家族カードのメリットがあります。

家族カードは年会費も節約でき、サービスも家族で活用できるので、まだ利用していない人は家族カードも使いこなしましょう。

家族カードでクレジットカードをもっとお得に!

「入会特典」の関連記事
「お得な活用法」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧