ゴールドカードの空港ラウンジサービスとは?その利用方法とメリット

ゴールドカードの空港ラウンジサービスとは?その利用方法とメリット 
クレカキング

ゴールドカード以上のグレードのクレジットカードには、空港ラウンジサービスが付帯されます。 空港ラウンジサービスにはどのようなメリットがあり、どのようにして利用するのでしょうか?
ゴールドカードの空港ラウンジサービスの利用方法とメリットについて解説していきます

空港ラウンジサービスとは

空港にあるラウンジは出発時間までの待ち時間を、フリードリンクや雑誌などでくつろいで過ごすことができるスペースです。

この空港ラウンジには大きく分けて2種類あります。

ひとつはクレジットカード会社が共同で設置した、いわゆるカードラウンジ。
もうひとつは航空会社が設置したビジネスクラスやファーストクラスの搭乗者向けのVIPラウンジがあります。

VIPラウンジは上級マイレージ会員なども利用することができます。

クレジットラウンジはカード会員でなくても有料で利用できますが、空港ラウンジサービス付きのクレジットカード会員は無料で利用することができます。
一般的に空港ラウンジサービスと言えば、クレジットカード会社共同のカードラウンジのことを指します。

カードラウンジの使い方

空港ラウンジを利用する前にそのラウンジが、持っているゴールドカードで利用できるカードラウンジかどうかを確認しましょう。

空港内には制限エリアと非制限エリアがあり、航空機の搭乗者しか入ることができない制限エリアに設置されている空港ラウンジはVIPラウンジの可能性が高くなります。
搭乗手続きを済ませてから利用できるので、よりゆったりと利用することができます。

カードラウンジも制限エリアに設置されていることもあるので、事前に確認しておきましょう。
カードラウンジの入り口には利用できるクレジットカード会社が記載されているので、それを確認してから入場しましょう。

入場するとレセプション(受付)があるので、ゴールドカードと搭乗券を提示して利用します。
同伴者も無料になるかどうかはカードによって違うので、有料の場合は同伴者の利用料金を支払います(1,000円程度)。

入場してからは自由に過ごすことができますが、カードラウンジではソフトドリンクは無料ですがアルコール飲料はないか、有料となります。

出発の案内などは一切ないので、搭乗時間は自分で管理しながら過ごすことになります。
ラウンジを出るときは特に手続きは不要です。

空港ラウンジとプライオリティ・パスとの違い

ゴールドカードの中にはプライオリティ・パスという、世界中で1,000ヶ所以上の空港ラウンジが利用できる会員制のサービスがあります。
プライオリティ・パスが付帯されるのは、楽天プレミアムカードやアメックスカード、アメックス・ゴールドカード、JCBゴールド・ザ・プレミア等のカードがあります。

プライオリティ・パスで利用できる空港ラウンジは、カードラウンジとVIPラウンジが混在しています。
しかし日本の国内空港ではほとんど利用できず、利用できるラウンジがあるのは成田国際空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡国際空港の4つとなります。

利用できるラウンジは大韓航空のVIPラウンジが中心で、羽田空港はIASS EXECUTIVE LOUNGE(カードラウンジ)が利用できます。

プライオリティ・パスを持っていてもスタンダード会員の資格では利用は有料となります。
アメックスカードとアメックス・ゴールドカードのプライオリティ・パスのサービスはスタンダード会員の年会費が無料になるサービスがあります(ゴールドカードは年2回無料)

国内の空港は国際空港以外利用できないので、海外旅行が多い人でなければ、プライオリティ・パスを持っていても有効に活用することはできません。

国内利用が中心の場合は、カードラウンジのほうにメリットがあります。

空港ラウンジサービスのメリット

空港ラウンジのメリットはやはり待ち時間をゆっくりくつろいで過ごせるという点です。
コーヒーなど無料のソフトドリンクを飲みながら、雑誌を読んで過ごすことができます。
ラウンジによっては有料でシャワーを使うこともできます。

しかしほとんどのゴールドカードでは同伴者は有料となります。
家族カードを持っていれば本会員と同じように無料で利用することができますが、家族カードを持てない年齢の子供は有料となってしまいます。

そのため同じゴールドカードでも同伴者1名無料のカードを作ると、よりメリットが大きくなります。
同伴者1名無料のカードには以下のカードがあります。

  • JALアメックスカード
  • ANAアメックスカード
  • アメックスカード(グリーンカード)
  • アメックス・ゴールドカード

上記以外ではJCBのザ・クラスや三井住友VISAプラチナカードといったプレミアムカードでも、もちろん同伴者1名が無料となります。

やはりトラベルサービスに定評があるアメックスブランドは、空港ラウンジサービスでも他社よりひとつ抜きん出ているようです。

まとめ

同じ空港ラウンジサービスでもゴールドカードによって、サービスに違いがあります。
旅行の多い方は、よく利用する空港で一番利用のしやすいゴールドカードを選びましょう。

また、空港ラウンジ以外にもゴールドカードは旅行をサポートする様々なサービスがありますので、合わせてチェックしましょう。

空港ラウンジをハイステータスカードで使う

「ゴールドカード」の関連記事
「ステータスカード情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧