三井住友VISAゴールドカードは国内トップクラスのステータス!審査基準は?

三井住友VISAゴールドカードは国内トップクラスのステータス!審査基準は? 
クレカキング

三井住友VISAゴールドカードは、質の高い各種サービスを始めとして、充実した付帯保険、何よりも国内では最高クラスの高いステータスが魅力のゴールドカードです。

  • 銀行系カードとしての高いステータス
  • 充実した補償の付帯保険
  • 空港ラウンジサービスを始めとした質の高いトラベルサービス

など、ビジネスでクレジットカードを利用する人や高いステータスを求める人におすすめ
そんな三井住友VISAゴールドカードのメリットや魅力、どんな人にふさわしいか解説していきます。

三井住友VISAゴールドカードのカードスペック

年会費 初年度 10.000円(税別)
2年目以降 10.000円(税別)
※条件次第で4,000円(税別)
ポイント還元率 0.5%
家族カード 無料
発行スピード 最短3営業日
ETCカード 無料
海外旅行保険 傷害死亡・後遺障害 最高5.000万円(自動付帯)
傷害治療費 300万円
疾病治療費 300万円
救援費用 500万円
賠償責任 5,000万円
携行品損害 50万円
家族特約
国内旅行保険 5.000万円(自動付帯)
ショッピング保険 300万円
空港ラウンジ 海外
国内 全国28カ所
申し込み資格 原則として30歳以上の安定継続収入がある人

三井住友VISAゴールドカードの優れている点

ステータスの高さは国内トップクラス

三井住友VISAゴールドカードの最も優れている点は、銀行系カードとしてのステータスの高さにあります。それではクレジットカードのステータスはどのようなところで判断されるのでしょうか?

パート・アルバイトや主婦、学生でも持つことができるクレジットカードはステータスが高いとはいえません。つまり限られた人しか作れないクレジットカードほどステータスが高いことになります。

かつてのゴールドカードは年収500万円以上、年齢30歳以上という申し込み条件が一般的でしたが、現在では20歳以上であれば申し込みができるゴールドカードが増えています。

その中で30歳以上が必須条件となっている三井住友VISAゴールドカードは、高いステータスを維持しているゴールドカードといえるでしょう。

さらにステータスという点ではゴールドカード以上のプラチナカードへのインビテーションが期待できる点も、三井住友VISAゴールドカードのメリットのひとつです。

申し込みすることができず、ゴールドカード会員として実績を積み重ねないと持つことができないプラチナカードは、三井住友カードの中でも最高峰のクレジットカードです。

もちろん三井住友VISAゴールドカードはスタータスの高さだけではなく、それに見合った質の高いサービスを提供しています。

全国28カ所の国内航空ラウンジが無料

国内では全国28カ所の空港ラウンジが利用でき、快適な設備とサービスの中でフライトまでの時間をゆったり過ごすことができます。

年会費は4,000円まで下げられる

年会費は初年度無料、次年度以降も下記の簡単な条件をクリアすれば、年会費が割引され最大4,000円まで引き下げられます。
ゴールドカードとしては格安の年会費で、高いステータスと上質なサービスを利用できるのも大きなメリットです。

マイ・ペイすリボの登録
三井住友ゴールドカードの支払い方法は、一括払いとリボ払い(マイ・ペイすリボ)の2種類があります。
支払い方法をリボ払いにすることで、年会費を5,000円下げることが可能。
しかし、リボ払いは返済中に利息が発生してしまい余計な出費がかさむ可能性があります。
リボ払いによる利息を無くすために、リボ払いでの毎月の支払額をカードの利用枠いっぱいまで引き上げておけば、実質一括払いと同じ扱いになります。
WEB明細書の利用
毎月の明細書をWEB明細書にすることで、更に1,000円も割引されます。

三井住友VISAゴールドカードの審査基準は少し厳しめ

ステータスが高い三井住友VISAゴールドカードは、審査難易度も高くなります。
入会資格は公式ページで次のように記載されています。

「原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」

本人に安定収入がなければいけないので、専業主婦や学生は申し込みができません。
また「安定継続収入」という条件で、パート・アルバイトの申し込みも難しくなります。

一般カードではカード利用枠が10万円からとなっているカードが多いですが、三井住友VISAゴールドカードの最低カード利用枠は50万円です。
一般カードで審査落ちするレベルでは審査は通過しません。

三井住友VISAゴールドカードの審査を確実にする方法はありませんが、可能性を高めるためには三井住友クラシックカードや三井住友デビュープラス入会して実績を積み重ねるという方法が最も近道でしょう。

特に20代の人であればゴールドカードの申し込み条件を満たさないので、30歳になるまではクラシックカードなどの一般カードを利用しましょう。

また、三井住友VISAプライムゴールドカードに申込すると、自動的に30歳以降のカード更新でゴールドカードに切り替わります。

30歳未満の人は一般カードや20代向けのゴールドカード経由で、ゴールドカードに切り替えする方法が最も確実です。

三井住友VISAゴールドカードのデメリット

三井住友VISAゴールドカードのデメリットは、メリットであるステータスの高さにあります。
クレジットカードにステータスを求めない人にとっては、年会費が高く入会が難しいので、一般カードのほうがメリットは大きくなるからです。

ポイントサービスに関しても基本還元率が0.5%と標準的で、1%以上の高還元率カードに比べるとデメリットとなります。
ただし、ステータスが高くさらにポイントも優遇されているゴールドカードは、ほとんど存在しないため三井住友VISAゴールドカードだけのデメリットとはいえません。

また、他のゴールドカードに比べると優待特典が少ないので、優待目当ての方は他のゴールドカードも視野に入れましょう。

とわいえ、充実した海外旅行保険や各種補償、航空ラウンジ利用できる点など、年会費4,000円(条件クリアした場合)で考えると非常にコスパの高いカードです。

クレジットカードは利用目的に合わせて選ぶことが大切ですが、三井住友VISAゴールドカードの場合はステータスの高さを優先する人におすすめです。

まとめ

日本国内のクレジットカード会社が発行するゴールドカードの中では、三井住友VISAゴールドカードが最もステータス面で評価されています。

高いステータスが目的でゴールドカードを選ぶのであれば、三井住友VISAゴールドカードは選択リストのトップにしましょう。

特にビジネスマンや事業主といった接待などのビジネスシーンでカードを使う機会が多い人には、三井住友VISAゴールドカードはおすすめのゴールドカードです。

他の三井住友VISA人気カード

「ゴールドカード」の関連記事
「ステータスカード情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧