三井住友VISAプライムゴールドカードのメリット・評判を徹底解説

三井住友VISAプライムゴールドカードのメリット・評判を徹底解説 
クレカキング

三井住友VISAプライムゴールドカードは20代だけが申し込み可能なゴールドカードです。
格安の年会費で本格的なゴールドカードのサービスも利用でき、30歳になると自動的に三井住友VISAゴールドカードに切り替わります。

  • 空港ラウンジサービスや海外旅行傷害保険など充実したサービスを満載
  • ステータスの高いVISAゴールドカードが自動的に手に入る
  • 年会費優遇があるので、たった年1,500円でステータスと豊富なサービスが利用できる

上記のようなメリットがあり、ステータスと豊富なサービスが20代から満喫できます。さらに30代からは高いステータスのゴールドカードも約束されています。
20代でステータスの高いカードを求める人にはおすすめの、三井住友VISAプライムゴールドカードのメリットや審査基準をご紹介しましょう。

三井住友VISAプライムゴールドカードのスペック

年会費 初年度 無料
2年目以降 5,000円(税別)
条件次第で最大1,500円(税別)まで引き下げ可能
ポイント還元率 0.5%
家族カード 1.000円(1人目は無料)
発行スピード 最短3営業日
ETCカード 初年度無料
海外旅行保険 傷害死亡・後遺障害 最高5.000万円(自動付帯)
傷害治療費 300万円
疾病治療費 300万円
救援費用 500万円
賠償責任 5,000万円
携行品損害 50万円
家族特約
国内旅行保険 最高5.000万円
ショッピング保険 最高300万円
空港ラウンジ 海外
国内
入会資格 満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方

三井住友VISAプライムゴールドカードのメリット

20代でステータスカードを格安の年会費でもてる!

最近では20代でも申し込みができるゴールドカードが数多く発行されています。
しかし、年会費が1万円未満のゴールドカードは20代向けということもあり、ステータスの面では本格的なゴールドカードには見劣りがします。

それでは具体的に人はどんなカードにステータスを感じるのでしょうか?

それは審査難易度が高く入会できる人が少ないクレジットカードに人はステータスを感じるのです。
例えばクレジットカード会社の最高峰と呼ばれるプレミアムカードは、申し込むことさえできません。

選ばれた人にだけ招待状(インビテーション)が発送されるからです。
三井住友カードの場合は「三井住友VISAプラチナカード」が、プレミアムカードとして発行されています。

三井住友VISAプライムゴールドカードはプラチナカードへの最短距離にあるゴールドカードです。
本格的なゴールドカードは30歳以上でなければ申し込みができないので、まずは20代でプライムゴールドカードを作りましょう。

30歳になって最初のカード更新で三井住友VISAゴールドカードに自動的に切り替わるので、その後はメインカードとして利用頻度を高めることでプラチナカードのインビテーションが送られてくる可能性が高くなります。

年会費は最大1,500円まで引下げ可能

三井住友VISAプライムゴールドカードの年会費は通常5,000円ですが、下記条件を満たせば1,500円まで引き下げ可能です。

マイ・ペイすリボコースに登録
三井住友ゴールドカードの支払い方法は、一括払いとリボ払い(マイ・ペイすリボ)の2種類があります。
支払い方法をリボ払いにすることで、年会費を2,500円下げることが可能。
しかし、リボ払いは返済中に利息が発生してしまい余計な出費がかさむ可能性があります。
リボ払いによる利息を無くすために、リボ払いでの毎月の支払額をカードの利用枠いっぱいまで引き上げておけば、実質一括払いと同じ扱いになります。
明細書をWEB明細に変更
毎月の明細書をWEB明細書にすることで、更に1,000円も割引されます。

格安なのに最高クラスの旅行保険とサービスで旅を完全サポート

三井住友VISAプライムゴールドカードの最大のメリットは、格安の年会費で充実した旅行保険と空港ラウンジサービス等のゴールドカードのサービスを利用できることです。

海外旅行保険・国内保険ともに最高5,000万円の傷害死亡・後遺障害保険が補償されますが、海外旅行保険では最も重要な「傷害治療費保険」が300万円も補償されます。
実際の利用者数が最も多い「携行品損害保険」も50万円も補償されます。

年会費1,500円で家族特約もついてここまでの保険は、他のゴールドカードと比べてもトップクラス!
海外旅行保険を重視している人によって、最もコスパの良いゴールドカードといっても過言ではありません。

さらに、全国28の国内空港のラウンジも無料で利用可能!
フライト前の時間をゆったり過ごすことができます。

最安値の宿泊代金から、さらに3,000円引き

一流ホテル・旅館を厳選した宿泊予約サービスRelux(リラックス)が、プライムゴールドカード会員なら3,000円割引で利用可能。

Reluxは年会費・会員登録が完全無料で、全国の満足度の高い一流ホテル・旅館を予約できるサービスです。
万が一最低価格でない場合差額を返金可能で、ただでさえ最安値ですがココからさらに値下げ可能なのは大きなメリットです。

ゴールドカードへの更新時にもらえる特典

満30歳での最初のカード更新で三井住友ゴールドカードに自動的に切り替わりますが、その際以下の特典がもらえます。

高級レストランの無料クーポン
全国主要都市の約80店舗の一流レストランで使える、無料クーポンをプレゼント。
2名以上の利用で、会員1名分が無料になります。
500ポイント
ワールドプレゼントのポイントが継続プレゼントとしてもらえます。

三井住友VISAプライムゴールドカードの審査基準

三井住友VISAプライムゴールドカードの審査基準は、対象者が20代のためそれほど難易度は高くありません。
しかし、申込者に「安定継続収入」が求められるので学生や専業主婦は入会が難しく、パート・アルバイトは審査通過が不可能ではありませんが、一定以上の勤務年数が必要となります。

審査に不安があればクラシックカードやデビュープラスカードなど入会しやすいカードを作って、実績を積み重ねてから切り替えるという方法もあります。

しかし、過去にクレジットの事故歴などがない限り、正社員として働いていて一定以上の勤務年数があれば、審査を通過するのはそれほど難しくありません。

25歳で申し込みすれば最短距離でゴールドカードを手にすることができるのでチャレンジしてみましょう。

年会費を上げたくない場合、自動切替はデメリット

三井住友VISAプライムゴールドカードは、年会費の高いゴールドカードが欲しくない人にとって、自動切り替えがデリットになります。

プライムゴールドカードでは年会費を1,500円まで引き下げられますが、ゴールドカードは最大に引き下げても4,000円の年会費となります。
年会費1,500円のまま利用したい人にとっては、自動切り替えはかえってデメリットになってしまいます。

年齢による自動切換がなく、三井住友カードの格安年会費で海外旅行傷害保険が充実したカードが欲しいのであれば、エグゼクティブカードがおすすめです。
空港ラウンジサービスはありませんが、最高4,000万円の海外・国内旅行傷害保険が備わっています。
年会費は初年度無料、2年目以降も下記条件どちらかを満たせば最大1,000円まで引き下げが可能です。

  • 年間カード利用額が300万円以上 
  • 「マイ・ペイすリボ」登録(支払い方法がリボ払いになります)

三井住友VISAプライムゴールドカードの口コミ・評判

格安でハイスペックのゴールドカード

JCBカードGOLDと悩みましたが、年会費が安く旅行保険もしっかりしている三井住友VISAプライムゴールドカードにしました。決め手はやっぱり年会費ですね。

空港ラウンジが無料

空港ラウンジをよく使っていますが、これだけでも年会費1,500円の価値はあります。全国の主要空港を網羅しているのもポイントです。

まとめ

三井住友VISAプライムゴールドカードをおすすめするのは、将来本格的なゴールドカードを手にしたいと思っている20代の人です。

20代ではゴールドカードに申し込みもできませんが、プライムゴールドカードに入会すれば確実にゴールドカードが手に入ります。さらにゴールドカードのサービスを一部先取りすることもできます。

審査難易度もそれほど高くないので、20代から銀行系カードの高いステータスを目指すなら、三井住友VISAプライムゴールドカードが最適です。

三井住友VISAプライムゴールドカード
三井住友VISAプライムゴールドカード
年会費 ポイント還元率 発行スピード 国際ブランド
初年度 2年目以降 0.5%
ワールドプレゼント
最短3営業日
無料 5,000円+税(条件により1,500円+税に割引)

憧れのステータスカード!30歳になるとゴールドカードへ自動更新される「三井住友VISAゴールドカード」へのステップアップカード!会員限定サイト「ポイントupモール」経由のお買い物でポイント最大20倍貯まる!また、最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険に最高300万円のショッピング補償まで完備!

2018/9/28~ 2019/3/29

もれなく最大10,000円キャッシュバック!

「ゴールドカード」の関連記事
「ステータスカード情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧