JCBゴールドカードのメリット・評判まとめ。ステータスを求める人にピッタリの1枚

JCBゴールドカードのメリット・評判まとめ。ステータスを求める人にピッタリの1枚 
クレカキング

JCBゴールドカードは銀行系ゴールドカードとして国内では高いステータスを誇っていますが、同時に20代でも審査を通過する可能性の高い本格的なゴールドカードです。 本格的なゴールドカードに魅力を感じる人におすすめのJCBゴールドカードには、次の大きな特徴があります。

  • 国内トップクラスのステータスの高さ
  • 国際ブランドJCBとしての質の高い優待サービス
  • よりステータスの高い上位ランクカードへステップアップ可能
  • ゴールドカードとしては最高水準の旅行保険
JCBゴールドカードのメリット・デメリットや評判を徹底的に解説してきます。

JCBゴールドカードカードスペック

JCB ゴールド

年会費 初年度 無料
2年目以降 10,000円(税別)
ポイント還元率 0.5~2.5%
家族カード 1名無料、2人目より1000円
発行スピード 最短翌日
ETCカード 無料
海外旅行保険 傷害死亡・後遺障害 最高1億円(自動付帯)
傷害治療費 300万円
疾病治療費 300万円
救援費用 400万円
賠償責任 1億円
携行品損害 50万円
国内・海外航空便遅延費用特約
家族特約
国内旅行保険 最高5000万円(自動付帯)
ショッピング保険 最高500万円
空港ラウンジ 海外
国内
申込資格 20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

JCBプロパーカードという高いステータス

国内で発行されているクレジットカードは、そのほとんどが国際ブランド付きのクレジットカードです。
主な国際ブランドはVISA、マスターカード、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブです。

これらの国際ブランドの中で日本の国際ブランドは唯一JCBだけという点に注目しましょう。

VISAやマスターカードはクレジットカードの発行をしない、ライセンス供与だけのブランドホルダーです。

JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブはブランドホルダーでありながら自社でもプロパーカードを発行するクレジットカード会社となっています。

他社は国際ブランドと提携してVISAやカードなどを発行しているため、クレジットカードには自社ブランドと国際ブランドが2つ印刷されたダブルブランドでの発行となります。

しかし、JCBを始めとしてプロパーカードを発行する国際ブランドは、単独ブランドでのクレジットカードの発行が可能です。
この単独ブランドでの発行がクレジットカードとしてのステータスを高める要因のひとつです。

またJCBは国内ではステータスが高いと定評がある銀行系クレジットカード会社として有名です。
高いステータスがある銀行系カードであると同時に、国際ブランドでもあるJCBのステータスが高いのは当然のことと言えるでしょう。

その中でもJCBゴールドカードには一般カードにはないステータスがあります。

最高水準の旅行保険で万が一の時も安心

JCBゴールドカードの海外旅行保険は、最高1億円とほかのゴールドカードと比較しても最高水準の補償額がついています。
しかも自動付帯なので、持っているだけで補償が適用されるのもメリットです。

しかし、突出するのは最高額だけでなく、幅広い補償内容とどの補償内容の額も最高水準である点が上げられます。

例えば、海外保険で最も重要な「傷害治療費」は300万円を補償。
海外では日本以上に医療費が高くなるため、100万200万では事故によって少し足りない場合も出てきますが、300万円もあればほとんどの治療費をカバーできます。

さらに、医療費だけでなく所持品や購入した商品に対しての補償も充実しています。

  • 旅行保険で最も利用頻度の高いとされる携帯品損害は最高50万円も補償
  • JCBゴールドカードで購入した商品が、90日の間に破損や盗難などの損害が発生した場合、ショッピング保険で最高500万円まで補償

海外旅行は人とぶつかって所持品が破損したり、盗まれたりとトラブルがつきものですが、医療費だけでなく所持品まで補償してくれるのは非常に安心ですね。

さらに、JCBゴールドカードは一部のゴールドカードしかついていない、国内・海外航空便遅延費用特約もついています。
国内・海外旅行で航空便の出航遅延で生じた飲食費や宿泊費の一部を補償してくれる保険で、最高4万円が補償されます。

これらの保険は家族特約により、家族全員に保険が適用されるのも、JCBゴールドカードの旅行保険が優秀といわれる理由です。

快適な海外旅行をサポートするサービスが充実

旅行保険だけでなく、JCBゴールドカードは快適な旅行をサポートするサービスも充実しています。

空港ラウンジ

国内では28空港、海外ではホノルル空港の空港ラウンジが利用できます。
無料ドリンクや雑誌・新聞の閲覧などのサービスで、出発前の待機時間をゆったり過ごすことができます。

JCBトラベルの利用でポイント5倍獲得

JCBトラベルを経由して国内・海外の旅行ツアーを予約すると、以下の2つの特典があります。

  • ポイント5倍獲得
  • 5000円相当の手荷物往復宅配料金が無料

JCBゴールドだけの優待サービス

クレジットカードのサービスはカード発行会社と国際ブランドが提供していますが、提携カードに比べるとプロパーカードでは質の高いサービスが幅広く提供されています。

国際ブランドのプロパーカードであるJCBゴールドカードは、ステータスだけでなくサービスにも定評があり、例えば以下のような優待があります。

健康サービス
24時間年中無休で「健康・医療・介護・育児」の相談を医師・看護師などの専門スタッフに電話で相談。人間ドッグが優待価格。自宅から痰などの検体を郵送するだけで、専門の検査機関や病院からアドバイスを受けられる
暮らしのお金相談ダイヤル
税務・年金・資産運用の相談を、税理士やFPなどの電話で無料相談できる
東京ディズニーリゾート
東京ディズニーリゾートでOkidokiポイントが10倍
国内宿泊オンライン予約
JCBトラベル提携オンライン予約サービスからの予約でポイント5倍
海外宿泊オンライン予約
JCBトラベル提携オンライン予約サービスからの予約でポイント12倍
ハーツレンタカー割引
「アフォーダブル料金」「パッケージ料金」が10%OFF
会員情報誌「JCB THE PREMIUM」
ゴールド会員限定のチケット優待を始めとした会員限定の情報誌を購読できます
ゴルフサービス
ゴルフ場のプレーを電話で無料予約依頼できる。スポニチゴルファーズ倶楽部に入会できる。
チケットサービス
コンサート、演劇、イベントなどのチケットを会員優先で購入できる

グルメ優待サービス

JCBゴールド グルメ優待サービスは、全国の対象店舗にて飲食代金が20%割引されるサービスです。

JCBのグルメ優待サービスには、すべてのJCBユーザーが利用できる「JCB優待ガイド」とゴールドカード以上のユーザーが利用できる「GOLD Basic Serviceのグルメ優待サービス」あります。

GOLD Basic Serviceのグルメ優待サービスの対象店舗は日本全国にあるので、どこにいてもグルメ優待を利用することが可能です。

利用方法は、JCB優待ガイドのWEBサイトから行きたいお店を探して専用クーポンを発行し、電話で直接予約するだけ。
あとは、クーポンを印刷するかスマホでクーポン画面を見せれば、当日クーポンを使うことができます。

注意点としては専用クーポンは原則1枚しか使用できないため、2枚で40%OFFなどは利用できません。

デザインは3種類から選べる

JCBゴールドカードのデザインは「通常デザイン」「WEB限定デザイン」「ディズニーデザイン」の3種類から選ぶことができます。

デザインによってカードのサービス内容に違いはありません。

すでにJCBカードを持っている場合はデザインの変更ができず、どうしても変えたい場合は一度解約してから再取得する必要があります。

さらに上位ランクのカードが将来手に入る

JCBゴールドカードを使い続けていると、将来「JCBゴールド・ザ・プレミアム」や最高峰の「JCB THE CLASS」へのインビテーション(招待状)が届く可能性があります。

JCBゴールド・ザ・プレミアムは、JCBゴールドで年間100万円以上の利用実績を2年連続で継続すればインビテーションが来ると一般的に言われています。
※厳密な基準はなく個人差もあるので、あくまでも一例です。

JCBゴールド・ザ・プレミアムになると、JCBゴールド以上の特典やサービスを受けることができ、年会費はJCBゴールドの年会費+5,000円で15,000円。
年間100万円以上のショッピングで+5,000円分の年会費が無料になるという驚きの特典があります!
そのため、メインカードとして利用していれば、JCBゴールドのままの年会費10,000円で所有することがが可能です。

JCB THE CLASSは国際ブランドJCBが発行するプロパーカードの中で最もステータスの高いブラックカード。
コンシェルジュサービスや、最上級のサービス特典をうけれますが、取得条件はかなり難しいとされています。

JCBゴールド・ザ・プレミアムで利用実績を積み重ねてインビテーションを待つのが一般的ですが、電話で直接切り替え申請をすれば、JCBゴールドから一気にグレードアップすることも可能です。
※電話で直接申請する場合、相当優秀な利用実績が必要と思われます。

JCBゴールドカードの審査基準

JCBゴールドカードの審査基準は銀行系カードである点と、ゴールドカードである点から審査通過の難易度は高くなります。

基本的に安定した収入があると判断されないと審査の通過は難しいでしょう。
しかし、年収や年齢制限がないので、20代でも審査の通過が可能だという点が特徴的です。

JCBでは20代向けのゴールドカードも発行していますが、正社員で一定以上の勤務年数があれば始めからJCBゴールドカードに申込しても審査を通過する可能性は高くなります。

年収や勤務年数でやや不安があったとしても、個人信用情報機関に良好なクレジットヒストリーがあれば、審査通過の確率は高くなります。

良好なクレジットヒストリーとは、クレジットやローンを延滞することなく完済した利用歴のことです。
その意味ではすでにJCB一般カードを利用して実績を残していると、ゴールドカードの審査では大きなプラス要素となります。

また、良好なクレジットヒストリーはJCBの利用だけでなく、他社の利用でも構いません。
クレジットヒストリーに自信のある人もJCBゴールドカードに積極的に申し込んでみましょう。

審査に不安がある人は、JCB一般カードやJCB GOLD EXTAGEを作って実績を積み重ねてから、JCBゴールドカードに切り替えするとスムーズにゴールドカードを手にすることができます。

JCBゴールドカードのデメリット

JCBゴールドカードにゴールドカードとしてのデメリットはありませんが、年会費が一般カードと比べて高くなるというのをデメリットと感じる人がいるかもしれません。

同じ銀行系のゴールドカード、三井住友VISAゴールドカードも年会費は税別1万円ですが、翌年度以降の年会費が割引となるサービスがあります。

しかし、JCBゴールドカードには年会費割引サービスがないため、年会費は毎年1万円かかるというデメリットがあります。

ゴールドカードにステータスよりもコストパフォーマンスを求める人にとっては、JCBゴールドカードは向いていません。

JCBゴールドカードの口コミ・評判

総合満足度:4.5
有効口コミ件数:3
年会費以上の旅行サポート
4.5

年会費は1万円と決して安くありませんが、海外旅行保険や旅行特典が充実していて、年会費以上の価値を感じます。家族特約もついているので、その分旅行保険をかける必要がなく助かってます。

優待サービスが豊富
4.5

日本生まれの国際ブランドということもあって、JCBは日本で使える優待サービスが多くあります。通常のポイント還元率は高くありませんが、優待ポイントを利用すれば結構貯めることができています。

JCBのプラチナカード「JCB THE CLASS」を目指して
4.5

最高クラスのJCB THE CLASSを手に入れるため、JCBゴールドに申込ました。徐々にステータスを上げていけるJCBは長く付き合っていきたいカードです。

JCBゴールドカード
JCBゴールドカード
年会費 ポイント還元率 発行スピード 国際ブランド
初年度 2年目以降 0.5%~2.5%
Oki Dokiポイント
最短翌日
無料(web入会のみ) 10,000円+税

空港ラウンジサービス、グルメ優待サービス、最高1億円の付帯保険など頼れる1枚。さらに上位カードのJCBゴールド ザ・プレミア、JCB THE CLASS入手への第1歩とするのにもおすすめです。

2018/10/1~ 2019/3/31

新規入会限定キャンペーン!最大10,000円分プレゼント!

「ゴールドカード」の関連記事
「ブランド別情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧