クレジットカードはどんな時に利用停止になるケースとその対処方法

クレジットカードはどんな時に利用停止になるケースとその対処方法 
クレカキング

クレジットカードは新規申し込みする時に審査を受けますが、クレジットカードが手元に届いてからも審査が行われています。
その結果クレジットカードが利用停止になるというケースもあります。

クレジットカードが利用停止になるには、それ以外にもいろいろな理由がありますが、今回はその理由別に対処方法をご紹介しましょう。

クレジットカード利用停止で最も多い理由は延滞

クレジットカードが利用停止になる理由としては、カード請求金の支払いを延滞した場合が最も多いでしょう。
未払いが発生した時点でクレジットカードの利用ができなくなりますが、すぐに延滞を解消すればまた利用できるようになります。

ただし延滞期間が長期になった場合は、クレジットカードが強制解約となり残高も含めて一括で請求されることになります。
これはいわゆる事故情報のひとつとなるので、個人信用情報機関を通して他社にも延滞や強制解約の事実が伝わります。

事故情報として登録されると、延滞の解消や契約の終了から5年間は記録が残るので、その間はクレジットカードやローンの新規申込は却下されるので注意しましょう。もちろん強制解約となったカードは二度と利用することはできません。

強制解約や延滞の情報はリアルタイムで他社に伝わるわけではなく、新規申込や増枠の申請などで審査をした場合に情報を参照することができます。
また、クレジットカード会社によっては定期的に審査をすることもあり、これを「途上与信」と呼んでいます。

この途上与信が理由でクレジットカードが突然利用停止になるケースもあります。

途上与信によるカードの利用停止

クレジットカード会社が途上与信を行なう理由は、他社での延滞の有無を調査する意味もありますが、他社の利用残高や利用枠を調査する意味もあります。
そのため他社利用で延滞がなくても、残高が多すぎたりカードの枚数が多すぎたりという場合でも、クレジットカードが利用停止になる可能性があります。

途上与信だけでなくカード更新前の審査や増枠申請をした時の審査でも、クレジットカード利用停止の可能性はあります。
増枠しようとして利用停止になってしまっては意味がありません。
延滞をしないことはもちろんですが、使っていないクレジットカードなどは解約して整理しておく必要があります。
残高がなくてもカード利用枠があるだけで、残高があるのと同じように扱われるからです。

楽天カードの会員は突然クレジットカードが利用できなくなる

これは楽天カードでは途上与信を定期的に行なっているからです。
楽天カードは審査を通りやすいというメリットがありますが、その反面途上与信を行なうことで利用状況が悪いカード会員を排除するという考え方もあります。

クレジットカードは審査を通過した後もきちんと支払いを続けて信用を積み重ねることが大事です。

オーソリゼーションでの却下

オーソリゼーションとは
クレジットカードを加盟店で利用する場合、クレジット端末機を通してクレジットカード会社の承認を得ます。これをとオーソリゼーション呼んでいます。

オーソリゼーションで承認が下りない場合には以下の原因が考えられます。

  • 未払いがある
  • カードが無効登録されている
  • カード利用枠をオーバーしている

未払いがあれば当然カード利用はできませんが、無効登録にはいくつかの理由があります。
延滞が続いてカードが強制解約された場合も無効登録となりますが、紛失・盗難届や長期間利用していない休眠カードの場合も無効登録となります。

●紛失届出を出した場合
紛失届出をしてからカードが見つかってもそのカードは無効となっているので使うことができません。再発行の申請をして新しいカードが届くのを待ちましょう。

●休眠カードの場合
クレジットカード会社に連絡をすれば復活する場合もあるので、まずは連絡をしてみましょう。

●カード利用枠を超えた利用の場合
オーソリが却下されますが、これは利用停止ではないのでクレジットカードそのものは正常な状態です。
ただし利用するためには残高が減るのを待つか、一部でも一括弁済をして利用枠の空きを作ることが必要です。

カード不正利用検知システムによる利用停止

カード請求金の延滞や使いすぎなどはカード会員に利用停止の原因がありますが、カード会員にまったく非がなくても利用停止となるケースがあります。

ほとんどのクレジットカード会社ではカード不正利用の検知システムを導入していて、24時間体制でオーソリゼーションの分析をしています。
そのため不正利用と思われるカード利用があると、一時的にカードが利用停止となることがあります。
カード会員が利用したものであるとわかった時点で利用停止は解除されますが、その確認のためカード会員に直接連絡をします。

不正利用であっても自分の利用であっても、クレジットカード会社の担当者の指示に従って適切に対処しましょう。

まとめ

クレジットカードの利用停止の原因と対処方法はおわかりいただけましたか?

利用停止の原因はいろいろありますが、ほとんどの場合はカード会員のクレジットカードの使い方に原因があります。特に延滞は他社の利用にも影響する場合があるので注意しましょう。

突然カードが利用停止になった場合は、まずはクレジットカード会社に連絡をしましょう。今回説明した対処方法を覚えておけば、簡単に解決できる場合もあります。

「未納・利用停止」の関連記事
「トラブルの対処」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧