Apple Pay(アップルペイ)って何?賢い使い方と使えるクレジットカードを徹底解説

Apple Pay(アップルペイ)って何?賢い使い方と使えるクレジットカードを徹底解説 
クレカキング

Apple Pay(アップルペイ)はiPhoneを使って決済ができるサービスです。
世界的には以前から提供されていたサービスですが、日本でもApple Payが2016年10月から利用できるようになりました。
携帯電話では「おサイフケータイ」で決済できましたが、スマートフォンでも決済できるサービスが増えていてApple Payもそのひとつとして注目されています。
今回はApple Payの使い方やメリット・デメリットを解説していきます。

Apple Payとは?

Apple PayはiPhone7以降で利用できる決済サービスです。
基本的にはアプリによってクレジットカードを登録して、クレジットカードのサービスを利用して決済をします。

実際には登録したクレジットカードで直接決済するのではなく、iDかQUICPayの電子マネーによる決済となります。
どちらの電子マネーで決済するかは、クレジットカードの種類によって自動的に振り分けられます。

日本でApple Payが利用できるようになるまでに時間がかかりましたが、それは日本の決済システムが世界的な標準と違っていたため、その調整に時間がかかったのが主な原因のようです。

Apple Payに登録できるのは、「Suica」「クレジットカード」「プリペイドカード」の3種類で、クレジットカードやプリペイドカードは国際ブランドやカード発行会社によっては登録できない場合があります。

それでは具体的に登録できるクレジットカードや登録のやり方をご紹介しましょう。

Apple Payが使えるクレジットカード

Apple Payに登録できるクレジットカードと対応している電子マネーは以下のとおりです。

■iD対応のクレジットカード

  • 三井住友カード
  • イオンカード
  • dカード
  • ライフカード
  • ポケットカード
  • ソフトバンクカード

■QuicPay対応のクレジットカード

  • JCBカード
  • オリコカード
  • クレディセゾン
  • ビューカード
  • 三菱UFJニコス
  • アメリカン・エキスプレス(プロパーカード)
  • エポスカード
  • au WALLETクレジットカード
  • TS CUBIC CARD
  • ジャックスカード
  • アプラスカード
  • 楽天カード

国際ブランドとしてはVISAとダイナースクラブが使えない点に注意が必要です。
基本的に上記のクレジットカードはカード発行会社として利用できるという意味です。

そのため国際ブランドとしてのVISAは提携していませんが、三井住友VISAカードは登録することができます。
VISAブランドでもApple Payで決済することはできますが、インターネットアプリでの利用ができない点に注意しましょう。

クレジットカード本体ではQUICPayに対応していなくても、楽天カードやau WALLETクレジットカードのようにApple Payに登録するとQUICPayを利用できます。

QUICPayに対応しているカードでは拡張サービスのQUICPay+(QUICPayプラス)も利用できます。
QUICPay+の加盟店を利用すれば2万円を超える利用も可能です(QUICPayは2万円が限度)

iPoneへのクレジットカードカードの登録方法は以下のアップル公式サイトを参考にしてください。
▶Apple Pay を設定する

Apple Payの使い方

通勤や通学などでSuicaを利用している人であれば、Suicaを登録すればスマートフォンで改札を通過することができます。
定期券を登録する場合、有効期限を更新することができます。
しかし、すでに期限切れの場合は、定期券の更新ができなくなるので期限切れ前に更新するよう注意しましょう。

また、SuicaのチャージやオートチャージもApple Payに登録したクレジットカードで可能です。
ただしオートチャージに関してはビューカードだけとなります(VISA、マスターカード、JCBすべて可能)

一般的な買物はApple Pay、iD、QUICPayの加盟店でApple Pay決済ができます。
使い方はApple Payで決済することを店員に告げて、電子マネーと同じようにリーダーにかざすだけです。

また、ネットショップもApple Payに対応していれば利用することができます。

大手では2017年11月30日からYahoo!ショッピングで利用できるようなりました。使えるネットショップも今後増えていくでしょう。

クレジットカード番号を入力してネットショッピングを利用することに不安を感じる人は、Apple Payを利用すれば安全に決済が可能です。
Apple Payではカード番号ではなく単なる割当番号を使用して決済しているので、個人情報が加盟店に残ることはありません。

Apple Payのメリット・デメリット

それでは最後にApple Payのメリットとデメリットをまとめてみましょう。

■Apple Payのメリット

  • クレジットカードのポイントが貯まる
  • モバイルSuicaとして使える(デポジット不要)
  • クレジットカードを8枚まで登録できる
  • クレジットカード情報を使わずに決済するので安心

■Apple Payのデメリット

  • オンライン決済でVISAが使えない
  • おサイフケータイと比べて加盟店が少ない
  • Apple Payだけでは共通ポイントが貯まらない

TポイントやPonta等の共通ポイントを貯めている人は、Apple Payで決済する場合はポイントカードも提示しないとポイントがつきません。
ポイントを貯めるにはスマートフォンだけではなくポイントカードも必要となる点が大きなデメリットです。

しかしデメリットのほとんどは今後改善される可能性があるので、メリットに魅力を感じたらApple Payを利用してみましょう。

まとめ

今までiPhoneの利用者は、おサイフケータイのようにスマートに決済ができずに不便でしたが、今後はApple Payを活用することで便利に使うことができます。

クレジットカードに比べて使える加盟店は少ないですが、コンビニやスーパーなどクレジットカードでは利用しづらい少額決済用として利用しましょう。
少額利用でもポイントを貯めることができるので、効率よくポイントが貯まります。

Apple Payが使える人気クレジットカード

「その他電子マネー」の関連記事
「お得な活用法」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧