クレジットカードの手数料は必ずかかる?手数料を軽減する方法

クレジットカードの手数料は必ずかかる?手数料を軽減する方法 
クレカキング

クレジットカードを利用する場合、会員手数料がかかることがあります。これは分割払いやリボ払いを利用したときにかかる手数料ですが、一括払いを利用すればカード会員には手数料がかかりません。
一括払いを常に利用していれば手数料はかかりませんが、高額な買物では一括払いが難しいこともあります。その場合は分割払いやリボ払いをうまく利用して手数料を節約しながら利用しましょう。
今回はクレジットカードの手数料とその節約方法について解説します。

クレジットカード会社の利益は手数料収入

クレジットカードの一括払いはカード会員に手数料がかかりませんが、それではクレジットカード会社はどのようにして利益を得ているのでしょうか?

クレジットカードには2種類の手数料があり、会員手数料の他に加盟店手数料もクレジットカード会社の利益につながります。

加盟店手数料はカード会員の支払方法に関係なく必ず加盟店に支払義務があります。
そのため手数料のない1回払をカード会員が利用しても、クレジットカード会社には利益があります。

すべてのカード会員が一括払いだけ利用するというわけではないので、トータルでは会員手数料による利益もあります。

キャッシングに関しては一括払いでも金利がかかるので、キャッシングは金利なしで利用することはできません。
借入日から返済日までの日数計算で利息を支払うことになります。

それでは具体的にどのように手数料がかかるのかを説明しましょう。

リボ払いと分割払いの手数料

クレジットカードの会員手数料はリボ払いや分割払いを利用した場合にかかります。
実質年率はどちらも年15%が相場で、キャッシング金利の年18%と比べると少し低料率となっています。

リボ払い
  • 手数料は残高に対してかかる
  • 毎月の返済金額は変わらないので、繰り返し利用する場合に便利だが、手数料負担が大きくなる
分割払い
  • 支払回数によって手数料率が決められてる
  • 回数を選べるので計画的に利用しやすいが、複数の利用をすると月々の返済金額が大きくなるデメリットがある

どちらを利用する場合も余裕があるときに一括で返済するといった工夫をして、手数料負担を軽減する必要があります。

また、クレジットカードはリボ払いや分割払いだけに頼らず、いろいろな返済方法を活用することで、手数料を軽減することができます。

それほど高額でなければ2回払が利用できるクレジットカードを利用すれば手数料がかかりません。
ボーナスや定期預金の満期など返済財源がはっきりしている場合は、ボーナス一括払いを利用すればやはり手数料なしで利用できます。

リボ専用カードの選び方

リボ専用カードはポイントが優遇されるといったメリットがありますが、必ず手数料がかかるのがデメリットです。

リボ手数料を支払っていてはポイント還元率が高くても意味がないからです。
しかしリボ払い手数料を軽減するためにポイント還元率を高くしていると考えれば、リボ専用カードを利用する意味はあります。

すこしでも手数料負担を軽減するためには、「初回手数料」がかからないリボ専用カードを選びましょう。

クレジットカードの請求には締日と支払日があり、銀行系カードでは毎月15日締日で翌月10日支払というのが一般的です。
この場合、締日から支払日までは、月によって違いはありますが約25日の期間があります。

しかしカードの利用日は毎月15日ではないので、利用日から締日までの日数も手数料計算の対象となるのが一般的です。
この日数に対してかかる手数料は「初回手数料」と呼ばれています。キャッシングが一括払いでも金利がかかるのは、この初回手数料(利息)がかかるからです。

リボ専用カードの中にはこの初回手数料が無料のカードもあるので、手数料の軽減になります。
また、毎月の返済金額を最大にすれば、それ以下の利用は手数料がかかりません。
初回手数料がかかるカードの場合は返済金額以下の利用でも手数料がかかるので注意しましょう。

リボ手数料率が低いクレジットカード

クレジットカードを利用するときは、手数料の軽減を考えた利用をすることが大切ですが、最初から手数料率が低いカードを選ぶとさらに効果が高くなります。
特にリボ手数料率が低いカードをいくつかご紹介しましょう。

R-styleカード(ジャックス)

  • リボ専用カード
  • リボ払い:年9.9%
  • キャッシング金利:年15%

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

  • リボ払い:年9.6%(標準コース)年12%(長期・定額コース)
  • ※セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのリボ払いも同じ

Orico Card JEWEL-G iD

  • リボ払い:年11.52%

JALカードSuica(普通)

  • リボ払い:年13.2%(初回手数料なし)

「ビュー・スイカ」カード

  • リボ払い:年13.2%(初回手数料なし)

NTTグループカード

  • リボ払い:年13.2%

上記以外にもリボ手数料が安いカードはあるので、入会前にチェックしておきましょう。

まとめ

クレジットカードには手数料がつきものと考えていた人も、手数料負担なしで利用できることや手数料が軽減できる方法があることがおわかりいただけたことでしょう。

クレジットカードは現金払いに比べて、カード盗難保険等セキュリティもしっかりしているので安心して利用できます。
さらに手数料を支払わずにポイントが付くという使い方もできるので、メリットが多い決済方法です。

手数料負担が気になってクレジットカードを利用していなかった人もこの機会にクレジットカードを申込んでみましょう。

「節約情報」の関連記事
「お得な活用法」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧