審査の通りやすいゴールドカードってある?審査を通すコツ

審査の通りやすいゴールドカードってある?審査を通すコツ 
クレカキング

ゴールドカードといえば、審査が厳しいイメージを持っている人も多いと思いますが、 収入の少ない人や、20代前半の人でもゴールドカードの審査に通過するなど、 実はそれほど厳しいわけではありません。
ゴールドカードの審査事情から、審査に通りやすいゴールドカードを解説していきます。

ゴールドカードの審査の流れ

まず、ゴールドカードの審査事情について理解していきましょう。
ゴールドカードの審査の流れは特別ではなく、他のカードと大きく変わりません。

申込み書類をカード会社が受け付けると、まず、申込内容と社内情報による審査を行います。
名前、住所、電話番号、生年月日は個人を検索するキーで、それ以外の記入内容はほぼすべて審査項目です。

インビテーションまたは、グレードアップなど、同一カード会社での切替や2枚目以降のカードの場合、本人確認書類がいらない場合もあります。

社内情報による審査は何をするの?

主にそのカード会社での利用状況などを確認します。

支払いの遅れはマイナス材料ですが、うっかりミスや、口座変更に伴う少しの遅れくらいなら問題にされません。
逆に利用は多いほど良いわけではなく、いつも限度額いっぱいまで利用していると使い過ぎを心配されます。

利用金額が多くなくてもきちんと返していれば、審査には有利になります。

社内情報による審査が終わると、信用情報機関に審査情報を照会し、他社で支払いに遅れがないか、借りすぎていないかをチェックします。
審査の途中で一定の基準を超えると年収証明書類として、2ヵ月分の給与明細、課税証明書などの中から1点、提出が必要となります。

これらの審査が終わると、居住確認と、勤務先の在籍確認をして審査は終了。

居住確認は、本人確認郵便によるカード送付で行われることがあります。
勤務先在籍確認は、電話で行われることが一般的ですが、ゴールドカードならインビテーション、グレードアップなどの場合や、給与明細を提出している場合などで省略される場合もあります。

ゴールドカードの審査基準は?

審査基準は一般的に非公開で、内容もカード会社それぞれで少しずつ違っています。

前にも書いた通り名前、住所、電話番号、生年月日は個人を検索するキーで、それ以外の記入内容はほぼすべて審査項目です。
それらを総合的に判断するので年収が高いから審査が通るとかそのような単純な仕組みではありません。

審査の甘いゴールドカードは?

審査基準は非公開なので、どのカードの審査が通りやすいかも正確には不明です。

インビテーション限定、年齢制限、パートアルバイトはNGというカードもありますが、
ゴールドカードだからといって、審査基準が他のカードよりもそんなに厳しいわけではありません。

カードの審査とは、お金を貸した時、確実に返してもらえるかをカード会社が判断すること。
そのため、限度額が高いほど審査は厳しくなります。
ポイントはそのゴールドカードの申込時の限度額がいくらかということ。

JCBゴールドカード、三井住友VISAゴールドカードなど、一部の銀行系カードでは低い限度額のゴールドカードは発行していません。
このような一部の会社を除けば、ゴールドカードでも低い限度額で発行しています。
それらの場合、それほど一般のカードより審査基準が厳しいわけではないんですね。

アメリカンエキスプレスゴールドカードは、利用限度額が先に決められていない他のカードとは違った仕組みなので、
実質的に低い限度額でも発行しているといえます。

格安ゴールドといわれる年会費の安いカードの多くは限度額が低くても発行可能!
(逆にゴールドカードでもあまり限度額が高くないカードもあります)
流通系、信販系カードは低い限度額でもゴールドカードは発行しているカードも多いです。

ゴールドカードの審査に通るコツはある?

ゴールドカードの審査は、利用実績を積むことで通りやすくなります。
一般カードで利用実績があり、いつも確実に払っていれば、カード会社は安心して限度額の高いカードを発行できます。

逆に使い過ぎも禁物で、
複数のカードキャッシングや消費者金融からの借入は借りすぎと判断されて審査がNGになることも。

ゴールドカードに年齢制限がある場合、ヤングゴールドカードがあればそちらに申し込めます。
今すぐゴールドカードを持ちたいという人でなければ、なるべく一般カードやヤングゴールドカードで利用実績をつけてゴールドカードに申し込みましょう。
インビテーション限定のカードでなくても、インビテーションが来てから申し込めば社内情報審査は確実に通ります。
また、インビテーションで発行されたゴールドカードは、年会費が無料になるなど、お得にゴールドカードを所有できます。

また、キャッシングが不要の場合にはキャッシングなしで申し込むのも一つの手。
年収証明書類が不要になったり、審査に通りやすくなる場合もあります。

どれくらいでカードが発行されるの?

カード申込みからカードが自宅に届くまで通常1週間から3週間くらいです。
そのうち約1週間は発送手続きにかかる期間で、審査の期間は1日から2週間程度です。

審査自体は申し込んだその日に終わっていることもあるので、早い時には2~3日で届く場合もありますよ。

ただ、審査にかかる時間はカード会社によっても違いますし、また、同じカードでも個人によってかかる時間も異なります。
これは発行出来るか出来ないか、または限度額をいくらにするか、基準の境目に近い場合などに見極めに時間がかかります。

また、在籍確認の勤務先電話で電話がつながらない時は、遅くなります。
時間がかかることが必ずしも審査に落ちそうということではないので、考えすぎないようにしましょう。

人気のゴールドカードはこちら!

「ゴールドカード」の関連記事
「ステータスカード情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧