学生でもゴールドカードは作れる!オススメのゴールドカードは?

 
クレカキング

学生はほとんどの一般カードで、アルバイトなどの収入がなくても申込することができます。
しかし、ゴールドカードの入会資格には、安定した収入があることが条件となっているケースがほとんどです。
こうした入会条件がある本格的なゴールドカードは学生では申し込むこともできません。
しかし、ヤングゴールドカードとも言われている若い年齢層向けのゴールドカードであれば、学生でも持つことは可能です!
今回は、学生でも作れるゴールドカードを詳しく解説していきます。

ヤングゴールドカードとは?

少子化が進む日本ではクレジットカード会社にとってはカード会員を増やすことが難しくなるので、若い年齢層のカード会員獲得が急務となっています。
そのために考えられたのがヤングゴールドカードと呼ばれる、20代向けのゴールドカードです。

本格的なゴールドカードに比べるとサービス内容は劣りますが、入会しやすいように年会費をおさえて、ゴールドカードの特徴的なサービスを提供することでメリットを出しています。

特に2,000円から6,000円の手頃な年会費で空港ラウンジサービスが利用できるのは、ヤングゴールドカードの魅力のひとつです。
さらに本格的なゴールドカードへのアップグレードもしやすくなるという特徴もあります。

学生でも発行できるゴールドカード

ヤングゴールドカードでも学生が申込可能な場合と申込できない場合があります。
その違いを見分けるには各クレジットカードの申込基準や申込条件を確認する必要があります。

主なヤングゴールドカードの入会基準は以下のとおりです。

●MUFGカードゴールド
「原則として18才以上で、ご本人または配偶者に安定した収入のある方。(学生を除く)」
年会費:1,905円
▶MUFGカードゴールドの詳細はコチラ

●三井住友VISAプライムゴールドカード
「満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方」
年会費:5,000円
▶三井住友VISAプライムゴールドカードの詳細はコチラ

●JCB GOLD EXTAGE
「20歳以上29歳以下(学生除く)ご本人に安定継続収入のある方」
年会費:3,000円
▶JCB GOLD EXTAGEの詳細はコチラ

基本的にはどのカードも学生向けには発行していませんが、20歳以上でパート・アルバイトの収入があれば、学生でも審査を通過する可能性は高くなります。

特にMUFGカードゴールドは18歳以上から申込できるので、年収が低くても審査を通過する可能性が高いゴールドカードです。
ただし未成年は親の承諾が必要となるので、20歳以上になってから申込しましょう。

残念ながら学生を受け入れているゴールドカードは表面上ないことがわかりましたが、家族カードを利用すれば学生でも本格的なゴールドカードのサービスを利用できます。

イオンゴールドカードも学生でも発行可能

特殊なケースですが、イオンカード会員で年間100万円以上の利用をすれば、年会費無料のイオンゴールドカードのインビテーションが送られてきます。
このインビテーションは学生にも送付されていることが確認されています。

イオンカードは学生でも作ることができるので、年間利用金額さえ達成すればゴールドカードが手に入ります。
年間利用金額100万円はインビテーション条件なので維持する必要はなく、ゴールドカードを手にしてからは年間利用金額を気にする必要もありません。

年会費無料のゴールドカードですが羽田空港のラウンジやイオンラウンジの利用ができるほか、旅行傷害保険3,000万円やショッピン保険300万円も付帯されています。

イオングループに関しては年間60万円の利用でも招待状が届く可能性があるので、イオンをよく利用する学生におすすめのゴールドカードです。

収入が無くても家族カードでゴールドカードは発行可能!

ここまでご紹介してきた通り、学生でも収入があれば発行可能なゴールドカードはあります。
しかし、収入のない学生はゴールドカードの発行は難しいのが現状。

その場合、18歳以上であればゴールドカードの家族カードなら申し込むことができます。
しかも空港ラウンジサービスなど本格的なゴールドカードのサービスも利用できます。

家族カードにはほとんど審査がないので、学生で収入がなくても発行が可能です。
家族カードを利用した請求は、本カード会員に対して行なわれるので支払いする必要もありません。
生計を共にしていればいいので親と別居でも構いません。

しかし、家族カードを利用した内容については本カード会員、つまり親のカードの請求明細に記載されるので、内緒の買い物をすることはできません。
自分で支払わないのですから当然のことですが、どうしても自分のカードを持ちたい場合は一般カードに申し込みましょう。

学生の間は一般カードで利用実績を積み重ねておけば、社会人になってからゴールドカードへの切り替えもスムーズになります。

まとめ

残念ながら本格的なゴールドカードはもちろん、ヤングゴールドカードでも収入がない学生は申し込むことはできません。
しかし、これはむしろ当然のことといえます。

ゴールドカードには社会人としての地位を示すステータスがあるので、学生に発行すること自体がゴールドカードの趣旨に反するからです。

しかし学生の間に一般カードを利用しておけば、社会人になってからゴールドカードが作りやすくなることは間違いありません。
社会勉強を兼ねてクレジットカードを利用してみることにも価値があります。

学生におすすめの他のクレジットカード

「学生」の関連記事
「ステータスカード情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧