クレジットカードの暗証番号は何に使う?正しい暗証番号の管理方法

クレジットカードの暗証番号は何に使う?正しい暗証番号の管理方法 
クレカキング

クレジットカードに申し込みをするときは必ず4桁の暗証番号を登録します。
この暗証番号は主にキャッシングを利用するときに使いますが、最近ではショッピング専用のクレジットカードやキャッシング枠をゼロで申し込むことも多くなりました。

それでも暗証番号の登録は必須となっているのはなぜでしょうか?

今回はクレジットカードの暗証番号の使い方や、その管理方法について解説していきます。

磁気ストライプとICチップ

以前はクレジットカードの暗証番号はキャッシングのために登録をしていました。ATMでお金を引き出すときには暗証番号の入力が必須となっているからです。

しかし、今はショッピング利用するときも暗証番号が必要なケースがあります。ICチップ搭載のICカードで、ICチップ対応のクレジット端末機を利用する場合はキャッシングと同じように暗証番号の入力が必要だからです。

ICチップが搭載されていないクレジットカードではカード情報は磁気ストライプに記録されています。
磁気ストライプはクレジットカードの裏面などにある黒い帯状の記録媒体のことで記憶容量が少なく第三者に読み取られるリスクも高いので、クレジットカード会社ではICカード化を推進しています。
ICチップの記憶容量は磁気ストライプよりはるかに大きく、暗号化によって読み取りも不可能となっているからです。

クレジットカードに記憶容量が大きく読み取りが不可能なICチップを搭載することで、ICチップに暗証番号を安全に記録することが可能になりました。

磁気ストライプに暗証番号を登録していた時代もありましたが、第三者に読み取られて不正利用による被害が増えたため、現在では磁気ストライプには暗証番号を登録していません。

ICチップはこのように安全面でもレベルが高く、普及すればクレジットカードの安全性はほぼ完全なものとなります。
しかし、日本で今ひとつ普及していないのは、ICチップの読み取りが可能な端末機が加盟店に普及していないからです。

ICチップに対応したクレジット端末機の普及は、今後のクレジットカード業界にとっての課題のひとつです。

暗証番号の漏えいによる不正利用の被害はカード会員負担

磁気ストライプでのICチップでも暗証番号を適切に管理していなければ、不正利用された場合の被害金額はカード会員の負担となります。
暗証番号を使用された不正利用はカード盗難保険の適用外となるからです。

ほとんどのクレジットカードの不正利用はカード盗難保険が適用されるので、カード会員に被害が及ぶことはありません。しかしカード会員に重大な過失や義務違反がある場合、保険が適用されないことがあります
そのひとつが暗証番号を使った不正利用なのです。

暗証番号が使われるというのは、暗証番号が簡単に推測されたり第三者に漏えいしたりといった場合です。
つまりカード会員の暗証番号の管理が不適切ということになって、保険の適用外になります。

キャッシングはすべて暗証番号が必要ですが、ショッピングでもICチップ対応の端末機を私用した場合は保険の対象外となり、以前よりも被害金額が大きくなる傾向にあります。

それでは暗証番号を適切に管理するにはどのようにしたらいいでしょうか?

暗証番号の管理方法

暗証番号の管理方法は2つしかありません。

  1. 家族を含めて第三者に知られないようにする
  2. 生年月日や電話番号など推測されやすい暗証番号を登録しない

クレジットカードを紛失したり、盗まれたりした場合は、同時に運転免許証や健康保険証も盗まれたり紛失したりすることがほとんどです。
そのため生年月日も簡単に知られてしまうので、暗証番号を生年月日にしていると不正利用される可能性が高くなります。

暗証番号は安易に登録せずに、申し込みのときから自分しかわからない4桁の数字を登録することが重要です。

また、暗証番号をメモするなど第三者に知られることがないように、自分の記憶だけにとどめておくことも大切です。

暗証番号の変更はカードの再発行が必要

磁気ストライプには暗証番号が登録されていないので、ICチップが搭載されていないカードの場合は暗証番号の変更をしてもクレジットカードはそのまま利用することができます。

しかし磁気ストライプが搭載されていても同時にICチップも搭載されているクレジットカードは、カード本体に暗証番号が記録されているので暗証番号を変更するとカードも再発行されます。

ただし、盗難や紛失の場合の再発行とは違いカード番号はそのままで再発行するので(同番再発行)、公共料金等でカード番号を登録していても変更する必要はありません。

紛失届をするとクレジットカード番号を無効登録しますが、暗証番号の変更だけでは無効登録は行われないからです。

まとめ

クレジットカードの暗証番号の重要性はおわかりいただけたでしょうか?

暗証番号の管理と言っても難しいことではなく、基本的には自分以外に知られないようにするだけです。しかし、それを守らないと不正利用によって高額な被害金額の請求を受けることになります。

まだ、生年月日を暗証番号にしている人は、今すぐにでも安全な暗証番号に変更することをおすすめします。

「ニュース・その他」の関連記事
「トラブルの対処」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧