dカードをスタバで使うならスターバックスカードを併用しよう!その使い方とメリットを解説!

dカード 
クレカキング

読者のみなさんはスターバックスをよく利用されますか?

それでいてdカードも持っているなら、スターバックスカードと併用することをお勧めします。その理由は、2つのカードを併用することでdポイントをたくさん獲得できるからです。

ただスターバックスカードをご存知ない方もいるかもしれません。そこでこの記事では、スターバックスカードについて軽く説明した後に、dカードと併用するメリットを解説します。

記事を読み終わる頃には、dカードとスタバカードの合わせ技でdポイントをたくさん手に入れるようになるでしょう。

スターバックスカードとは?

スターバックスカードは、スタバで使える専用のプリペイドカードです。デザインもいくつか種類があり、どれもオシャレで所有欲を刺激されます。

また実物のカードだけでなく、他にもキーホルダータイプやおサイフケータイ、スマホアプリなどのタイプもあります。
自分の生活スタイルに合わせて、好きなタイプを自由に選べるのがスタバカードの大きな特徴です。

スターバックスカードの特徴

ここからはスタバカードの便利な特徴について、もう少し踏み込んで説明します。

オンライン入金

スターバックスカードでは、24時間いつでもオンラインでクレジットカードから入金できます。パソコンやスマホの公式サイトからできるのはもちろん、スマホアプリからも入金を済ませられます。

オートチャージ

スタバカードはプリペイドカードなので、残高不足が心配になるはずです。そんなときはオートチャージ機能を使いましょう。一定の残高以下になると、自動で一定額をチャージしてくれます。残高を気にせずスタバで飲食できるのは、とっても便利ですね。

残高補償

また、万が一スタバカードを失くしてしまっても、残高を補償してもらえます。具体的には、残高の入った新しいカードが送られてきます。現金ではないですし、払い戻しの手段としては使えないのでご注意ください。

dカードとスターバックスカードを併用するメリット

ここまではスタバカードの話でしたが、ここからはdカードと併用した時の話に移ります。

100円使うごとに4ポイント貯まる

スターバックスカードに入金をする時、dカード・DCMXカードで支払いをすることで、100円につき3ポイントが付与されます。通常の支払いで100円1ポイントたまるのも合わせれば、合計で100円4ポイント獲得できるわけです。

還元率4%は、他のクレジットカードと比べてもかなり高めです。スタバを定期的に利用する人なら、利用して損のないお得なキャンペーンです。

特典を受ける条件

還元率4%は非常に高くお得ですが、相応の条件があります。これをクリアしないとポイントが得られないので、しっかり読んでおきましょう。

スターバックスカードへの入金をdカードで行う

一つ目の条件は、dカードでスタバカードへの入金を行うことです。

よくある間違ったケースとして、店頭でdカード支払いをすることが考えられます。

その場合は普通に還元率が1%になってしまうのでご注意ください。入金はdカードで、支払いはスタバカードですよ。

dカードの会員であること

二つ目の条件は、dカード会員であることです。
これはdカードを保有していればクリアできます。dポイントを貯めるためのサービスですから、当然と言えば当然ですよね。

貯まったポイントの使い方

dカードとスタバカードを併用し続けていると、dポイントがどんどん貯まるはずです。
ただいくらポイントをたくさん貯めても、使い道がなければ宝の持ち腐れです。

ここからはdポイントの使い方を解説します。

スタバで使う

貯まったdポイントはスタバカードのチャージに使うことができます

使うための条件は、ドコモケータイの回線を利用していること、もしくはdポイントカードの利用登録をしていることです。

ポイント交換の上限数は3000ポイントで、チャージされるまでに10日間ほどかかります。

詳しくはdポイントクラブのスターバックスカードチャージのページをご覧ください。

dポイントクラブの加盟店で使う

もちろんdポイントはスタバ以外のお店、dポイントクラブの加盟店ならどこでも使えます。加盟店の範囲は広く、ローソン、マクドナルド、ジョーシン、かっぱ寿司などで利用できます。これだけ主要なお店で使えるなら、dポイントの使い道で困ることはないはずです。詳しくは公式サイトの街のお店でつかうをご覧ください。

注意点

dカードとスタバカードの併用は確かにお得ですが、少し複雑です。勘違いがあったらまずいので、いくつか注意点を挙げておきます。

スターバックスでdカードを利用してもポイントが貯まらない

先ほども説明しましたが、スターバックスの支払いにdカードを使っても還元率は1%のままです。dカードで入金をして、スタバカードで支払うように心がけてください。
特に注意すべき点は下記の3つです。

  1. 入金は1000円から
  2. dカードプリペイドは使えない
  3. dカードに払い戻しができない
「dカードまとめ」の関連記事
「ブランド別情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧