dカード用のETCカードの作り方。ポイントと年会費も徹底解説!

dカード 
クレカキング

dカードユーザの皆さんは、dカードETCも発行していますか?

dカードETCを発行することで、dポイントが貯まりやすくなり、それ以外にも色々お得な特典を受け取ることができます。dカードを持っているドライバーなら、dカードETCもセットで作っておくと、お得ですよ!

この記事ではdカードETCを作るメリット、使い方、発行する上での注意点などをわかりやすく解説していきます。記事を読み終わる頃には、dカードETCの魅力をよく理解できるはずです。

dカードETCとは?

dカードETCは、ドコモ系列のサービスと連携できるETCカードです。ETCカードがあれば、有料道路をノンストップで通行できるようになり、快適なドライブを楽しめます。

さらにdカードのETCなら、dポイントもたくさん貯まります。貯まったdポイントでショッピングや外食、デリバリーサービスなどを楽しむこともできます。dカードを持っているドライバーなら、作らないと損です。

dカードETCを作るメリット

ここからはdカードETCを発行するメリットを説明します。

dポイントがたまる

dカードETCの最大の特徴は、利用額に応じてdポイントを貯められることです。具体的には、100円の利用につき1ポイント付与されます。年間で10万円ETCを利用すれば、1000円戻ってくるわけですね。現金支払いだとこうしたお得なサービスがないので、積極的にETCを利用したいものです。

貯まったdポイントは、外食サービスやdデリバリーの支払い、ネットショッピングなどに使えます。dポイントが使えるお店はとても多いので、ポイントの使い道で困ることはないはずです。ポイントの価値は、使い勝手で決まります。その点でdポイントはとても使いやすいポイントと言えます。

初年度は年会費が無料

dカードETCは初年度に発行すると、年会費が無料になります。
さらに2年目以降も、前年度に1回でも利用があれば無料になります。

特にこだわりがないのなら、年会費を無料にするためにも、ETCカードは毎年同じものを使いましょう。ちなみにdカードETCの年会費は540円です。

不正利用されても補償してもらえる

ETCカードも他人に盗まれて不正利用されることがあります。その場合も支払いまでのタイムラグがあるため、不正利用に気づかないかもしれません。

しかしdカードETCなら安心です。万が一ETCカードを不正利用されても、届け日から90日間をさかのぼって補償してもらえます。

ただし車の中にETCを置きっ放しにして不正利用された場合は、補償の対象外となります。そうならないようETCカードを使わないときは、車載器から抜いておきましょう。

ETCマイレージサービス

さらにdカードETCを発行することで、ETCマイレージサービスに登録できるようになります。このサービスに登録しておくと、ETCカードの支払い額に応じて、ETCマイレージサービスのポイントが貯まります。

貯まったポイントは通行料金の支払いに使うことができます。詳しくはETCマイレージサービスのページをご覧ください。

家族会員のETCカードも作れる

さらにdカードETCなら、家族カードのETCを作ることもできます。家族カードを作るメリットは、支払いを一つの口座で管理できること、家族利用分のポイントも得られることです。ただし家族カードを発行できる枚数には限りがあり、本会員および家族会員一人につき1枚だけです。

またdカードなら、家族カードでもETCでも利用額100円につき1ポイント付与されます。家族みんながdカード・dカードETCを使うことで、より効率的にたくさんのdポイントを貯めることができます。家族カードの詳細に関しては、公式サイトのdカード家族カードのページをご覧ください。

dカードETCの作り方

dカードETCの発行手続きは、ウェブサイトから行います。
dアカウントを発行し、ログインした上で、発行手続きに進んでください。

申し込んでからカードが届くまでに2週間ほどかかるので、なるべく時間に余裕を持って登録したいところです。

支払い方法

dカードETCの利用料金は、dカードの利用料金と一緒にまとめて請求されます。支払いを一括で管理できるのは便利ですね。

引き落とし口座を変える時も、dカードだけ手続きをすれば済みますから。

ETCの使い方

ETCカードは、それ単体だけでは支払いに使うことができません。専用の車載器も必要です。ここからはETCカードを実際に使えるようにするまでの手順を解説します。

ETCカードを発行する

まずはdカードETCカードのページにて申し込みを行い、ETCカードを発行します。

ETC車載器を買いカードを取り付ければ利用ができる

それとは別にETC車載器も買っておきます。ETC車載器はカーディーラーショップや修理屋、もしくは通販サイトでも販売しています。

買ったETC車載器を車は

  1. ETC車載器を車に取り付ける
  2. ETCカードを挿入する

この2ステップでETCカードが利用することができるようになります。

まとめ

dカードの年会費は540円だが初年度は年会費が無料。また、前年度に1度でも使えば無料になります。

不正利用されても届け日から90日間をさかのぼって補償されているので安心!

さらに登録は必要ですが、ETCマイレージサービスのポイントも貯められます。
また家族カードは本会員及び家族会意に1人につき1枚。家族カードでもポイントを貯められます。

dカード用のETCカードは魅力的だと思いませんか?オススメですよ

「dカードまとめ」の関連記事
「ブランド別情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧