dカードの解約方法は? できなくなることと注意点も徹底解説!

dカード 
クレカキング

dカードはdポイントを効率よく貯める上で欠かせないカードです。そしてdポイントをたくさん貯めることで、dポイント加盟店で好きに使うこともできます。dカードはドコモユーザなら絶対に欠かせないお得なカードです。

しかしdカードユーザーの中には、dカードの恩恵をあまり受けていない人もいるかもしれません。せっかく貯めたdポイントも、使わないのであれば宝の持ち腐れです。そうした人はdカードを解約して、もっと自分に適したカードを選ぶのが賢い選択と言えます。

そこでこの記事ではdカードを解約する方法、そして注意点についてわかりやすく解説します。記事を読み終わる頃には、dカードの解約手続きについて概要が理解できるはずです。

dカードの解約は電話で行う

まずはdカードの解約方法についてお話しします。

dカードを解約する方法は、電話による手続きのみです。ウェブサイトからの解約などはできません。少し煩わしいですが、電話にて解約を済ませましょう。

解約時には電話でオペレーターさんに個人情報を尋ねられます。具体的には、住所、電話番号、生年月日、カードの有効期限の4点です。

dカードの解約とdカード GOLDの解約とでは、かける電話番号が異なります。混同しないように注意しましょう。

dカードのコールセンターの電話番号は0120-300-360で、
dカード GOLDのコールセンターの電話番号は0120-700-360です。

詳しい解約の手続きに関しては、公式サイトの退会のお手続きページをご覧ください。

dカードを解約してできなくなること

ではdカードを解約することで、何ができなくなるのでしょうか?ここからは解約してできなくなることを解説します。

dカード特約店でのポイントアップ

dカードを解約すると、dカード特約店でのポイントアップを受けられなくなります。dカード特約店を利用することで、普段のカード利用100円1ポイントに加えて、さらに追加でdポイントを獲得することができます。

dカードを解約してしまうと、こうしたお得なポイントアップを受けられなくなるのでご注意ください。

ローソンでの5%割引

dカードをローソンで利用することで、5%の割引を受けることができますが、解約するとこのサービスも使えなくなります。ローソンをよく利用する人は、大幅な割引が受けられなくなるので、ご注意ください。

ゴールドカードの豪華特典

解約するカードがゴールドカードの場合、今まで受けていたゴールドカード特典も使えなくなります。

例えば旅行保険や空港のラウンジサービスなどですね。旅行などでゴールドカードを利用する場合は、カードを解約するのをもう少し待ったほうがいいでしょう。

よくある質問

dカードを解約することのデメリットについては、おわかりいただけたと思います。ここからはdカードの解約に関して、よくある質問とその回答を説明します。

カードを解約するとdポイントも消滅するの?

消滅しません。dカードを解約しても、dポイントクラブに加入している限り、dポイントがなくなることはありません。dカードがなくても、dカードminiなどを使うことで、引き続きdポイントを貯めることが可能となります。

違約金は発生するの?

dカードを解約しても、違約金が発生することはありません。ドコモケータイの2年縛りのようなシステムではないので、ご安心ください。

ドコモショップでは解約できないの?

dカードを解約できるのは、電話による手続きのみです。ドコモショップでdカードの解約をすることはできません。

解約後に利用明細は確認できる?

dカードを解約することで、同時にメンバーズメニューにもログインできなくなります。そのためネット上でカードの利用明細を確認することはできなくなります。

退会後にカードの請求が残っている場合は、紙の利用明細票が郵送にて自宅に送られてきます。

解約したdカードはポイントカードとして使えるの?

使えません。dポイントを使い続けるなら、新しくdカードminiを発行する必要があります。

注意点

dカードに関係するサービスは数が多いです。そのためdカードを解約するときの注意点についても軽く解説しておきます。

解約前にはdカードで支払っているサービスがないか確認

dカードを解約することで、そのカードはサービスでの支払いに使えなくなります。例えば月額サービスにdカードを登録している場合は、すぐに他のカードに切り替えましょう。

iDも使わないなら解約しよう

電子マネー「iD」はdカードに内蔵された機能の一つです。そのためdカードを解約すると、iDも使えなくなります。

おサイフケータイを使っている場合は、dカードを解約する前に、iDのカード情報を削除しておきましょう。データがそのまま残っていると、悪用される恐れがあるからです。不正利用されないよう、データはきっちり削除しましょう。

「dカードまとめ」の関連記事
「ブランド別情報」の関連記事
この記事に関連するカテゴリ一覧